「中学受験 6年生の親がすべきこと」プレゼントキャンペーン

inter-edu’s eye
新小6生のご家庭は、来年の中学受験まであと1年。そのスタートにあたり、ぴったりの新書が出ました! 中学受験専門カウンセラー、安浪京子先生の新刊「中学受験 6年生の親がすべきこと 53の悩みにお答えします」です。実り多き1年となりますようインターエデュから願いを込めて、プレゼントキャンペーンを実施します!

★プレゼントキャンペーン内容★

【プレゼント書籍】中学受験 6年生の親がすべきこと(朝日学生新聞社)1,620円(税込)

中学受験 6年生の親がすべきこと 安浪京子

【書籍紹介】
6年生の1年間について、時期ごとに受験生の親の悩みに答えています。「子どものやる気が感じられない…」、「転塾を考えています」、「過去問はいつから取り組む?」、「受験前に学校を休ませる?」など、53のお悩みをすっきり解決します。わが子の参考になる実例、「中学受験物語」6話収録も必見です!

【目次】
第1章 塾の新学年(2月~3月)
第2章 6年生のスタート(4月~6月)
第3章 夏休み(7月~8月)
第4章 模試と過去問の嵐(9月~11月)
第5章 受験直前期(12月~1月)
第6章 番外編 受験学年に入る前

★キャンペーン詳細★

【応募期間】2019年2月5日(火)~2月19日(火)
【応募資格】本ページのフォームから応募できる方
【プレゼント総数】3名様(抽選)
【当選発表】2月20日(水)のプレゼント発送をもって代えさせていただきます。

安浪京子先生

著者紹介:安浪 京子 先生 算数教育家/中学受験専門カウンセラー
神戸大学発達科学部卒。関西、関東の中学受験専門大手進学塾にて算数講師を担当、生徒アンケートでは100%の支持率を誇る。プロ家庭教師歴約20年。2011年、中学受験算数を専門としたプロ家庭教師集団プレスティージュパートナー(株式会社アートオブエデュケーションの前身)を設立。きめ細かい指導とメンタルフォローをモットーに毎年多数の合格者を輩出している。

安浪先生へのインターエデュ独占取材
中学受験、年末年始・1月の過ごし方はここに注意!
中学受験の「算数が苦手」は親子で乗り越えられる
もぜひご覧ください。

※募集を締め切らせていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました!