中学受験、年末年始・1月の過ごし方はここに注意!

inter-edu’s eye
いよいよ中学受験本番が迫ってきました。家族が一丸となり、受験に向けて勢いをつけていく時期です。その勢いを持続させ、本番にピークを持っていくにはどうしたらよいのでしょうか。中学受験専門の人気プロ家庭教師、安浪京子先生にうかがいました。

ミッション1.冬期講習の密度とペースを持続せよ!

インターエデュ:中学受験生は、年末年始をどのように過ごしたらよいのでしょうか?

安浪京子先生

安浪京子先生(以下、安浪先生):「ペースを崩さないこと」につきます。冬期講習がよいペースメーカーになります。年末は31日や元日に正月特訓のある塾もあり、冬期講習中は基本的に朝から夕方まで講習があって、受験生は長時間の勉強、あるいは勉強密度の高い状態で過ごしています。しかし、その勉強密度は、半日勉強を休むようなブランクで簡単に崩れてしまいます。
「お正月に息抜きも必要だから…」と初詣やゲームをやって半日ぐらいゆったり過ごしてしまうと、意識が勉強以外に向いてしまい、勉強に向かおうと思っても簡単に前のような密度に戻れなくなるのです。

1泊の帰省を考えているご家庭もあるかと思いますし、初詣へ行ってお守りを買うなどの気分転換も大事です。ただし、「ペースが崩れる」ということだけは心に留めておいてください。そうすれば「急にうちの子のやる気がなくなった」と焦ることもありませんし、崩れたペースは数日かけて取り戻せば良いのです。

インターエデュ:密度について具体的に教えてください。

安浪先生:密度とは「集中力」です。冬期講習に行っていると、授業中にぼーっとしたり、帰ってから勉強しない子はさすがにいなくなります。しかし、そこでぎゅうぎゅうに絞っていた糸は簡単に緩んでしまうので、家庭では緩ませないようにするということです。

冬期講習と冬期講習明けでは、勉強時間や学習密度、問題レベルなどに落差が出てきます。特に塾では子どもに自信をつけさせるため、勉強内容がやや簡単になります。なおかつ、学校へ行き始めることによって生活リズムが変わることも子どもが失速する原因になりやすいですね。もちろん、学校を休めといっているわけではなく、まるまる学校を休んでペースが乱れることも多々あります。

インターエデュ:ペースを持続させるために、親としてどんなことができるでしょうか。

安浪先生:冬期講習で受験へのスイッチが入ったりするので、この高密度の状態を冬期講習が終わってからも持続できるようにすることです。たとえば、自信をつけさせようとして簡単な問題ばかりをさせすぎないことです。もちろん、今さら難問づくしというのもNGですが、志望校に合わせた脳の使い方は常にしておくべきです。あとは、体調管理、生活管理ですね。特に残りの日数で何をすべきか、日々やることを明確にしてあげてください。

ミッション2.1月前受け校を合格しても安心しない!

合格!

インターエデュ:2月1日からが本番のご家庭が、1月に前受けするときの注意点は何でしょうか?

安浪先生:1月の前受け校を合格すれば万々歳と思いがちですが、本番までに失速するリスクもあれば、慢心するリスクもある。緊張が紐づいてしまうケースもあるので、合格の二文字だけでほっとしないことです。

緊張が紐づくとは、前受け校を受験の際にものすごく緊張したけど合格したという場合、「入試=緊張」が刷り込まれてしまうということです。そういうとき私は確実に合格できるもう1校を受けさせて合格を獲らせます。そして、1校目と2校目で緊張度合いがどう違ったかをヒアリングします。そこで本人にとって何がほっとできたのかを真剣に探り、それをお守りとして2月に送り出してあげます。

インターエデュ:なぜ失速するのでしょうか?

安浪先生:1月中旬から2月1日本番までの2週間は、子どもにはやや長いんですよね。学校へ行っている子はそうでもないのですが、インフルエンザでの学級閉鎖も含めて、学校を休んで1日中家で勉強するという状況が続くと失速しやすいんです。

特に共働きのご家庭で、完全に本人に任せ、家で一人だけで勉強させることはかなり危険だと思ってください。もちろん一人で勉強することも必要ですが、やはり子どもなので、家に一人でいると、ついテレビをつけてしまい、数時間見てしまうということもあります。家庭教師や個別指導をお願いしているのであれば、午前中だけでも来てもらうとか、塾の自習室や図書館を利用するとか、なるべく一人きりの時間を減らすようにしてあげてください。

インターエデュ:2週間で失速する原因は他にもありますか?

安浪先生:単に疲れて失速するということもあります。子どももやらなきゃいけないって分かっているんだけど、やる気になれない、やばいと思っているけれどやれない。冬休みはテレビを断っていたのに、1月の後半になってテレビを断てなくなるという子もいます。学校を休んでそういう状況になっているときは、学校へ行かせることも一つの手です。生活にメリハリをつけてあげましょう。先ほどもお話したように、子どもは受験勉強をずっとやっている状況に飽きてきているんです。

ミッション3.どんな状況でも焦らない!子を信じて最善を尽くそう

インターエデュ:そんな状況になってしまったら親は焦ってしまいますね。どうしたらよいのでしょうか?

安浪先生:焦ってしまうと、親はお尻を叩きたくなりますが、責めれば責めるほどやる気はどんどん下がってしまいます。一言の叱責でやる気が1ポイント下がると思ってください。このような状況になってしまったら、“最後の2週間だから”と、ご褒美も効果的です。最後の最後までゲームなしが望ましいのですが、過去問4科を午前中本番と同じ時間でやって、目標点数を何点越えたら、ゲーム5分延長していいよとすると、子どもは真剣になるものです。細かく子どものやる気を引き出すような仕掛けを、最後の最後までうまく差し込んでいくとメリハリが出てきます。

失速したとしても、最後の最後、30日、31日でスイッチが入ればいいんです。失速しても「やるぞ!点取るぞ!合格するぞ!」というモチベーションが最後で出てくる子は強いです。そして本番の日、子どもの気持ちが前を向いて「行ってくるね!」と力強く志望校の門をくぐると、その時点で親は「よくぞここまで頑張ってきた」「あとは本人と神様次第だ」と思えるようになれます。

ただ、そういう子はまだいいのですが、まじめで繊細な子だと、ガチガチに緊張したまま、30、31、1、2日と迎えてしまいます。夜も寝られなくなったり、緊張しておなかが痛くなったり。緊張したままで受けて、絶対落とさない学校を落としてきたりもします。 そのようなタイプの子には、「どんなに緊張して夜寝られなくっても、一睡もできなくても、体は横になっているだけで休めているから大丈夫だよ。一睡もできなくても第一志望合格した人はいっぱいいるよ。」と言って、緊張を解いてあげて、安心させるような暗示をたくさんかけてあげてください。

ミッション4.受験生は自分を褒めて、親は結果を受けとめて!

インターエデュ:最後に受験生と受験生の親御さんへのメッセージをお願いします。

安浪先生

~受験生へ~

安浪先生:点が取れなくて悔しいとき、親子でバトルしたとき、どうしてもやる気が出ないときもいっぱいあったけれど、諦めずにここまできたということは、ものすごい大きな壁を克服したということ。まずそこに自信を持ってください。結果は、受験当日の自分の頑張りもあるけれど、神様が決めるもの。もっと大きい運命や流れがあるんだから、結果に対して不安に思わず、とにかくここまで頑張ってきた自分を褒めてあげましょう!

~親御さんへ~

子どもは何のために合格したいかって、結局は親を喜ばせたいからなんです。不合格だったときにがっかりした顔で親が落ち込んでいると、そのことが刷り込まれて、一生のトラウマになってしまいます。どういう結果であろうと、子どもは自分の足で立って生きていかなくてはならなくて、その強さを子どもはちゃんと持っています。そこを信用して結果を受けとめてあげてください。

安浪京子先生 算数教育家/中学受験専門カウンセラー
神戸大学発達科学部卒。関西、関東の中学受験専門大手進学塾にて算数講師を担当、生徒アンケートでは100%の支持率を誇る。プロ家庭教師歴約20年。2011年、中学受験算数を専門としたプロ家庭教師集団プレスティージュパートナー(株式会社アートオブエデュケーションの前身)を設立。きめ細かい指導とメンタルフォローをモットーに毎年多数の合格者を輩出している。

「中学受験 6年生の親がすべきこと 53の悩みにお答えします」

著書紹介 最新刊「中学受験 6年生の親がすべきこと 53の悩みにお答えします」(朝日学生新聞社)

6年生の1年間について、時期ごとに受験生の親の悩みに答えています。「受験直前期」の章では「過去問で突然点数が取れなくなりました」「試験前は学校を休んだ方がいいですか?」「本番で最も気をつけることは何でしょうか?」など、皆さんが知りたいことに具体的な方法でズバッとアドバイスしています。