米粉の衣でカラッと!鶏のから揚げ弁当

inter-edu’s eye
子どもも大人もみんな大好きな「から揚げ」。ジューシーでパサパサせず、味はしっかりついていて、衣もサクサク……などなど、から揚げをとことん追求したレシピがたくさんあります。その中から今回は、お弁当で気になる揚げ物のベタベタが、少しでも抑えられる米粉の衣を使った“から揚げレシピ”をご紹介します。副菜も一緒に揚げてボリュームアップ。塾弁レシピとしてもぜひどうぞ!

鶏のから揚げ弁当

材料

  • 鶏もも肉100g
  • ◎たれ◎☆が材料
  • ☆しょうゆ、酒大さじ1
  • ☆おろししょうが少々
  • 米粉大さじ1~2
  • 揚げ油適量
  • れんこんの輪切り2枚
  • さつまいもの輪切り2枚
  • しし唐2本

★鶏のから揚げ、野菜の素揚げの作り方★

1. 鶏もも肉は食べやすい大きさに切ります。たれの材料を混ぜ合わせて10分ほどつけ、汁気をきって米粉をまぶします。

2. しし唐はつまようじなどで穴を開けます。

3. 180℃の油で野菜は2~3分、鶏肉は3~4分揚げます。

ワンポイントアドバイス

米粉は時間が経ってもべたつきが少なく、カラリとしています。揚げる直前に米粉をまぶすのがポイントです。

人参とアスパラの塩昆布和え

材料

  • 人参5㎝
  • アスパラ1本
  • 塩昆布小さじ1

★人参とアスパラの塩昆布和えの作り方★

☆にんじんは皮をむき、マッチ棒状に切ります。アスパラは、はかまを取り3等分に切ります。

鍋に湯を沸かし、☆を茹で、水気を切り塩昆布を和えます。

【レシピ提供:東京ガス】

東京ガスでは親子・子ども向けの料理教室を長年開催しています。調理体験を通して、食の知識や包丁・コンロの使い方などが身につくとともに五感が磨かれ、子どもたちの「生きる力」が育まれるプログラムを展開しています。詳しくはWebサイト「東京ガス料理教室」をご覧ください。