グリルを活用して時短弁当!鶏スペアリブの炭火焼風

写真1

inter-edu’s eye
夏場のお弁当は傷まないようにきちんと火を通す必要があるので、いつもより神経を使うもの。でも暑い時期のお料理はできるだけ手早く済ませたいですよね。
今回はグリルを使って、一度に3品作れるレシピをご紹介します。
主菜、副菜も同時に作れるので、時短にもなりますよ。(レシピ提供:東京ガス)

鶏スペアリブの炭火焼風

写真2

★材料★

  • 鶏スペアリブ3本
  • 塩・こしょう適量

★作り方★

1. 鶏肉に塩・こしょうで味付けをします。

2. グリルで8~10分焼きます。

じゃがいものチーズ焼き

★材料★

  • じゃがいも小1個
  • アスパラガス1本
  • バター10g
  • 粉チーズ大さじ2

★作り方★

1. じゃがいもはせん切りにします。アスパラガスは薄い斜め切りにします。

2. アルミホイルでケースを作り、1.を入れて塩・こしょうをし、バターを小さくちぎって散らし、粉チーズをかけてグリルで約5分焼きます。

いんげんとパプリカのごまみそあえ

★材料★

  • いんげん3本
  • 赤パプリカ20g
  • ◎みそ小さじ1
  • ◎酒小さじ1
  • ◎みりん小さじ1
  • ◎水小さじ1
  • ◎すり白ごま小さじ1

★作り方★

1. いんげんは、2cmの長さの斜め切り、パプリカは1cm角に切ります。

2. ◎を混ぜ合わせて1.にからめ、アルミホイルで包み、グリルで約5分蒸し焼きにします。

ワンポイントアドバイス

写真3

・グリルで焼く際のポイントは具材の配置!

・加熱時間が長い鶏肉を奥に置き、加熱時間の短い野菜を手前に置くと、途中で取り出しやすくなります。またアルミホイルはグリル内の高さも考え、高さが3cm程度以下になるようにしましょう。

・そしてグリルをご使用の際は、必ず換気するようにしてくださいね。

東京ガス料理教室
東京ガスでは親子・子ども向けの料理教室を長年開催しています。調理体験を通して、食の知識や包丁・コンロの使い方などが身につくとともに五感が磨かれ、子どもたちの「生きる力」が育まれるプログラムを展開しています。