グリルを使えば甘味もアップ!ホクホクなカボチャコロッケ

inter-edu’s eye
夏場が収穫時期のカボチャは、種類にもよりますが、1~3か月ほど貯蔵すると甘みが増します。つまり、今がとても食べ頃の時期なんです。そこで食べ頃のカボチャを使って、カボチャコロッケはいかがですか? お弁当のおかずにもぴったりですよ。

「カボチャコロッケ」

カボチャコロッケ完成写真

★材料(8個分)★

  • カボチャ300g
  • 生クリーム約大さじ3
  • 小さじ1/4
  • コショウ少々
  • アーモンドスライス(ロースト)30g
  • 小麦粉適量
  • 溶き卵適量
  • パン粉適量
  • 揚げ油揚げ油

★作り方★

1. カボチャは2cm角に切り、アルミホイルに包んでグリルで焼きます。両面焼き水なしグリルなら、上・下強火7~8分ほど加熱します。

調理写真1

両面焼きグリルがない場合は、カボチャを1cm厚さに切り、フライパンに並べます。水を大さじ3杯入れて蓋をし、中火で10分ほど蒸し焼きにします。

調理写真2

竹串がすっと通るくらいになったら取り出し、熱いうちに皮ごとつぶします。

調理写真3

2. 生クリーム、塩、コショウを混ぜ、アーモンドスライスを加えて軽く混ぜます。

3. 8等分にして丸め、小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつけます。

4. 揚げ油は180℃に加熱し、3で作ったかぼちゃコロッケを揚げます。

調理写真4

★ワンポイントアドバイス★

・コロッケ種をつくる際、カボチャによって固さが違うので、生クリームの量は加減しながら混ぜてください。

ガスコンロ(グリル含む)・ガスオーブン使用時のお願い

・換気扇を必ずつけましょう
・取扱説明書をよくお読みのうえ、正しく安全にお使いください

【東京ガスについて】
東京ガスでは親子・子ども向けの料理教室を長年開催しています。調理体験を通して、食の知識や包丁・コンロの使い方などが身につくとともに五感が磨かれ、子どもたちの「生きる力」が育まれるプログラムを展開しています。詳しくはWebサイト「東京ガス料理教室」をご覧ください。