私立中高一貫校に通う子どもが2人の共働き家庭の家計は?

inter-edu’s eye

子どもが私立中高一貫校に通うと、どんな家計になるのでしょうか。「みんなどんなところにお金を使ったり、貯めたりしているの?」と気になりませんか?
そこでこの度、読者のマネー診断を開催。子育て中の夫婦へのお金の取材も多く重ねているファイナンシャルプランナー・コラムニストの西山美紀さんより、アドバイスをお届けします。今回は、共働き家庭で上手にお金を貯めている家庭が登場。ぜひ真似したいポイントをお聞きました。

教育費は月に18万円。どうやりくりしている?

今回登場するKさんご一家は、東京都在住で共働きのご夫婦。お子さんは高1女子と中1男子で、2人とも私立中高一貫校に通われています。2人分の学費は、1か月あたり12万円。他に、習い事や高1の長女の塾の費用がかかり、教育費全部でなんと18万円にも上ります。

手取り月収が、夫が42万円、妻が33万円と高めのご家庭で、住宅費が9万円と東京にしては低めですが、大きな教育費がかかるなか、月15万円の貯蓄をしっかりコンスタントにできているところは、ぜひ見習いたいところです。

教育費で月に18万円かかる夫婦共働き家庭

<家族構成>

父・母(共働き)
高1女子、中1男子(2人とも中高一貫校)

<収入・貯蓄>

手取り月収:夫42万円、妻33万円
手取り年間ボーナス:夫130万円、妻100万円
貯蓄:1300万円

1か月あたりのおおよその出費と貯金

まず上手に減らしているのがスマホ代です。4人分で16,000円とセーブしていますね。「パパ1人のスマホ代だけで20,000円近く」というご家庭もあるなか、格安スマホを使って抑えられています。

また、共働きの家庭としては、外食費が2万円程度というのもかなり低めです。共働き家庭では平日が忙しく、土日に少しゆっくりしたいと思い、外食する機会も増えがちです。部活動などで不在にしている土日に、夫婦2人で外食する場合もあるでしょうし、4人でいいお店にいけば、10,000円以上になることも多いでしょう。そんななか、20,000円というのは上手に抑えられていると思います。

「外食は回数を減らしていいお店にして、あとはなるべく家で食べる」というふうに、メリハリを上手につけられていていいですね。

夫婦共働きで、それぞれがしっかり収入があると、貯金のことをつい先のばしにするケースがよくあります。「今月は貯金できていないけど、来月また収入があるから大丈夫!」と油断してしまうのです。ところがKさん宅では「毎月15万円は貯める」と決め、定期的に貯蓄できています。お子さんの大学進学費用などもしっかり準備ができるので、目指す進路の幅を広げることもできて安心ですね。

まずは「固定費」だけでもリストアップしてみよう

まずは「固定費」だけでもリストアップしてみよう

Kさんの今回のポイントは、「教育費に大きなお金がかかっていることを理解している」ということ。さらに、「スマホ代」をしっかり抑えつつ、毎月一定額の貯金をしている点。

みなさんがこれらのポイントを上手に取り入れるために、ぜひ一度1か月あたりにどのようにお金を割り振りしているか、考えてみてください。

そのためには、真っ先に「固定費」だけリストアップするのがおすすめです。固定費とは、毎月一定額出ているお金で、住居費(家賃や住宅ローン)、水道光熱費、スマホ代、電話・ネット代、学費、塾・習い事代、保険代、ネットサービス代などです。

これらのお金は、銀行引き落としやクレジットカード払いのことが多いので、銀行通帳(またはネットバンキングの入出金記録)やクレジットカードの支払い明細を見てみましょう。最近は、通帳を記帳したり、クレジットカードのWEB明細を見たりという機会も減っていると思いますので、「このお金、ずっと支払い続けていたけど、不要かも…」と気づくことがあるかもしれません。

「スマホ代を家族全員で合計してみると、かなり大きな出費だった」と驚くこともよくあります。不要な保険に入っていないか、今は使っていないネットサービスはないか、あまり活用できていない習い事はないかなど、固定費を一つずつチェックしてみましょう。もし無駄が見つかれば大きな削減につながり、その分貯蓄が増えるはずです。

家族のお金については、早いうちから家族みんなで確認しながら話し合っていくことがコツ。年末年始な家族が集まり、少しゆっくりする時間もあると思いますので、ぜひ話し合ってみてくださいね。

西山美紀さん

西山美紀さん

コラムニスト・ファイナンシャルプランナー。
出版社で編集・マーケティングを経験後、2005年に独立。ファイナンシャルプランナーの資格を取得。『with』『LEE』『日経ウーマン』『日経DUAL』等で取材・執筆を行うほか、『Oggi』『ミモレ(mi-molllet)』『クルール』等でマネー連載、All Aboutで貯蓄ガイドをつとめる。著書に『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)。自身も横浜の私立中高一貫校出身。小学生男女2児の母。