最終更新:

0
Comment

【5713565】県立古河中等教育学校

投稿者: 受験生の解答用紙、シュレッダーで細断   (ID:PbId7UFwqkM) 投稿日時:2020年 01月 23日 15:51

 茨城県教育委員会高校教育課は22日、中高一貫の県立古河中等教育学校で11日に行われた入学者選抜適性検査で、受験生の解答用紙1枚を誤ってシュレッダーで細断するミスがあったと発表した。解答用紙は1人計4枚(200点満点)で、細断したのはうち1枚(70点分)。同校はこの1枚分について、受験生の中の最高点と同じ得点とし、対象児童の合否判定を行った。

 同課は対象児童の合否を非公表とし、「細断された紙片をつなぎあわせたところ、正解と推定できる解答もあり(合否に)影響はないと判断した」という。

 発表によると、同校は検査終了後、採点を効率化するため、1クラス分の解答用紙を二分割し、さらに三分割することを決定。12日朝から約10人の教諭で作業を行ったが、二分割の時に解答用紙の表紙に使っていた紙を破棄する際、表紙の下にあった解答用紙1枚を一緒にシュレッダーにかけたという。午後に点数の入力作業を行った際、解答用紙が足りないことがわかった。この日は採点業務を監督すべき管理職が不在で、若手教諭が先輩教諭に許可を得てシュレッダーにかけたという。同課は今後、関係者の処分を検討する。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

あわせてチェックしたい関連掲示板