お家でのハロウィンパーティーに!カボチャランタンのミニパイ

inter-edu’s eye
今年のハロウィンももうすぐ。お子さまたちにとって、楽しみなハロウィンですが、今年はステイホームハロウィンになりそうですね。そこで、お家でのハロウィンパーティーを盛り上げる、カボチャランタンのミニパイをご紹介。パイシートでカボチャのフィリングを包んで顔を付け、立体のランタン形に仕上げます。市販のパイシートを使えば簡単!ぜひお子さまとご一緒に!(レシピ提供:東京ガス 食情報センター)

カボチャランタンのミニパイ

★材料(8コ分)★

  • カボチャ1/4コ(約400g)
  • コンデンスミルク大さじ2
  • 冷凍パイシート4枚(約320g)
  • 適量

★作り方★

1. カボチャは皮と種を取って2cm角に切り、鍋に入れます。カボチャの高さの半分位になるまで水を入れてふたをし、蒸し煮にします(約10分)。

2. カボチャがやわらかくなったら余分な水を捨ててつぶし、コンデンスミルクを加えて混ぜ、火にかけて焦がさないよう水分を飛ばします(弱火)。粗熱を取って8等分にし、丸めます。

3. 冷凍パイシートは1枚から出来るだけ大きな正三角形を2枚ずつ(合計8枚)取ります。

4. 3.を麺棒で軽く伸ばし、2.をのせて生地の周りに卵を薄く塗ります。三角形の角を持ち上げながら隙間が出来ないように包みます。くさび形に切ったカボチャをヘタに見立て、生地に切り込みを入れてしっかりと差し込みます。余りの生地で顔のパーツを作り、卵を塗ってからつけます。さらに全体に卵を塗って焼きます。

※ガス高速オーブン(予熱あり)で200℃、約20分

★ワンポイントアドバイス★

・カボチャは包みやすいように、べたつかなくなるまで水分を飛ばします。鍋肌に張り付け、乾いてきたら返して張り付けるようにし、混ぜ過ぎないようにしましょう。
・パイシートは長方形(約10cm×20cm)のものを4枚使用しました。このシートで一辺が11cmの正三角形が取れます。

ガスコンロ(グリル含む)・ガスオーブン使用時のお願い

・換気扇を必ずつけましょう
・取扱説明書をよくお読みのうえ、正しく安全にお使いください

東京ガス料理教室
東京ガスでは親子・子ども向けの料理教室を長年開催しています。調理体験を通して、食の知識や包丁・コンロの使い方などが身につくとともに五感が磨かれ、子どもたちの「生きる力」が育まれるプログラムを展開しています。