栄養満点!簡単!米麹の甘酒で作る甘酒プリン

PR

甘酒プリン1
甘酒プリン2

inter-edu’s eye
花咲徳栄高等学校からの提供レシピです。
「今回は栄養価が高く健康食品としても注目される甘酒を使って作るプリンをご紹介します。トッピングを工夫することで、よりおいしく召し上がることができます。」(花咲徳栄高等学校より)

甘酒プリン

甘酒プリン3

材料(4人分)

  • 米麹甘酒250cc
  • 牛乳250cc
  • 生クリーム100cc
  • グラニュー糖大さじ1
  • 板ゼラチン15g
  • 【黒蜜】
  •         黒糖50g
  •         水50g

★作り方★

1. 板ゼラチンを水(分量外)で戻す。(※粉ゼラチンを使用する場合は、商品に記載されている分量の水で戻して使いましょう。)

2. 黒糖を細かく刻む。水を加え火にかけて黒糖を溶かし、適当な濃度まで煮詰める。

3. 別の鍋に甘酒と牛乳を合わせて温める。温まったらグラニュー糖を加え溶かす。溶かしたところに水気を絞ったゼラチンを加え、火を止めて、余熱を使いよく溶かす。

4. 粗熱を取り生クリームを加える。器に入れて冷蔵庫で冷やし固める。

5. 冷やし固まったら黒蜜をかける。

ワンポイントアドバイス

凝固力が弱まってしまうので、ゼラチンを加えたら、溶液を沸かさないように注意しましょう。また、生クリームを加えるときは必ず溶液の粗熱をとってから加えましょう。熱いうちに加えてしまうと2層に分離した状態になってしまいます。砂糖を加えずに、甘酒本来の甘味でもおいしくいただけます。

栄養士からの「受験ママ応援アドバイス」

受験ママ応援アドバイス

「飲む点滴」といわれるほど栄養価の高い甘酒! 発酵食品のひとつで、腸内環境の改善や、免疫力のアップ、疲労回復など様々な効果が得られると注目の食品。上記の写真は本校で行っているCaFeメシの一例で、保護者や市民の方に提供し大好評でした! とくに今回紹介する甘酒プリンの人気は高く、ミネラルを多く含む黒糖を利用しましたが、ブルーベリーやイチゴなどのジャムをトッピングしてもおいしく召し上がれます。ぜひ、桃の節句の一品にどうぞ!!

花咲徳栄高等学校

監修:花咲徳栄高等学校

学校イベント情報

■学内イベント:未定
詳しくはこちらから

【食育への取り組み】
本校では、元素記号のCa(カルシウム)とFe(鉄分)から名付けた名称の「CaFeメシ」(カフェメシ)があり、成長期に不足しがちなカルシウムと鉄分が豊富に含まれた献立となっています。また、その他、「アスリートメシ(略称:アスメシ)」や「スタディメシ(略称:スタメシ)など、それぞれのコンセプトに合わせた食事を月2回程度提供しています。

この他のエデュおすすめレシピ!