忙しい毎日のご飯の一品に!きゅうりのピクルス

PR

きゅうりのピクルス1
きゅうりのピクルス2

inter-edu’s eye
自由の森学園中学校・高等学校からの提供レシピです。
「今回は、暑い夏にぴったりのきゅうりのピクルスをご紹介します。たくさん作っても長期保存ができるので、忙しいママにもおすすめです。」(自由の森学園中学校・高等学校より)

きゅうりのピクルス

きゅうりのピクルス3

材料(4人分)

  • きゅうり1kg
  • 30g(きゅうりに対して3%)
  • 【ピクルス液】
  •         砂糖90g
  •         酢150cc
  •         塩25g
  •         ローリエ1枚
  •         唐辛子2本
  • 【使用するもの】
  •         保存瓶(煮沸消毒しておく)1本
  •         綺麗な布2枚
  •         使い捨て手袋1組

★ピクルス液を作る★

1. ピクルス液の材料を全て鍋(ステンレス製の鍋)に合わせる。

2. 火にかけて、全体を混ぜながら砂糖が溶けるまで加熱し、冷ましておく。

★きゅうりを塩漬けする★

1. きゅうりを流水で流しながら綺麗な布でやさしくこすり洗いをし、ザルに上げ水気を切る。

2. 塩を一本一本手ですり込むようにしてまぶしていく。

3. 塩をまぶしたきゅうりはジップ付き袋に入れ、余った塩は最後にふりかけ平らにし空気を抜きながらジップを閉じる。

4. 2kgほどの重り(重石がなければ雑誌などでもよい)を上に乗せ、一晩置いて水を出す。

★ピクルス液に漬ける★

1. 翌日、きゅうりから水が上がったらその水は捨てる。鍋に湯を沸かし、きゅうりをさっと湯がいていく。

2. 湯がいたきゅうりは一本一本綺麗なタオルで水気をふき取り瓶に詰めていく。

3. なるべく隙間ができないよう詰めたら、作っておいたピクルス液を注いでいく。(唐辛子、ローリエも一緒に入れる)

4. 瓶の口を綺麗にふき取りしっかりと蓋をしたら冷蔵庫で保存する。
☆食べ始めの目安は3週間後! 1年程度保存可能。

ワンポイントアドバイス

きゅうりを一度塩漬けするため2日にわけて作業をします。長期保存を目的としているため、保存瓶や布などは清潔なものを使用し作業には使い捨ての手袋を使いましょう。また、塩漬けしたきゅうりを一度湯がくことで表面の水分を素早く乾かし程よい食感になります。よく沸騰したお湯でさっとでOK!

栄養士からの「受験ママ応援アドバイス」

受験ママ応援アドバイス

きゅうりがたくさんとれる美味しい時期に作ります。カレーの添え物にはもちろん、卵サンドの具やポテトサラダなどの料理に刻んでいれるのもおすすめです。余裕のあるときにまとめて仕込んでおくことで、忙しい毎日のご飯づくりを手の込んだ味にしてくれるとても便利な一品です。季節を感じながら、ぜひ手作りしてみませんか?

自由の森学園中学校・高等学校

監修:自由の森学園中学校・高等学校

学校イベント情報

■今年度のイベントはこちら!
詳しくはこちらから

【食育への取り組み】
本校の学食は、ほとんどのものを一から手作りしています。食材は、旬の有機農産物を使い危険な食品添加物などの入っていない醸造した調味料を使用。うどんやパンも国産小麦や天然酵母を使用し食堂で製造されています。ぜひ一度食堂のおいしいごはんを食べに来てください!

この他のエデュおすすめレシピ!