受験生応援レシピ!鶏肉のネギ味噌マヨ焼き

PR

鶏肉のネギ味噌マヨ焼き1
鶏肉のネギ味噌マヨ焼き2

inter-edu’s eye
東京家政大学附属女子中学校・高等学校からの提供レシピです。
「受験期にはストレスなどで胃腸の調子も悪くなりがちです。そんな時におすすめの消化が良く栄養もあるメニューをご紹介します。」(東京家政大学附属女子中学校・高等学校より)

鶏肉のネギ味噌マヨ焼き

鶏肉のネギ味噌マヨ焼き3

材料(4人分)

  • 鶏むね肉90g×4枚
  • 大さじ1
  • 【A】白味噌大さじ1と1/2
  •         マヨネーズ大さじ4
  •         小ネギ(小口切り)1/5束(20g)

  • (付け合せ)
  • 【温野菜の黒胡椒ドレッシング和え】
  • キャベツ150g
  • 冷凍コーン20g
  • 人参20g
  • ドレッシング (サラダ油・酢・塩・砂糖・粗挽黒胡椒)小さじ2・小さじ2・少々・小さじ1/3・適量

  • 【かぼちゃのハチミツバター風味】
  • かぼちゃ35g×4切
  • 有塩バター小さじ2
  • ハチミツ小さじ2

★作り方★

1. 鶏肉に切れ目を入れ酒をまぶしておく。オーブンの鉄板にクッキングペーパーを敷き、鶏肉を並べる。

2. 【A】の材料を混ぜ合わせ、①の鶏肉の上に、はみ出さないように塗り広げる。

3. オーブンで余熱190℃で12~13分焼く。

【温野菜の黒胡椒ドレッシング和え】★作り方★

1. ざっくり切ったキャベツと短冊に切った人参を鍋で茹でる。やわらかくなったら、冷凍コーンも入れ、再び沸騰したら火を止める。

2. ザルにあげて、水気を切ったら、ドレッシングで和える。

【かぼちゃのハチミツバター風味】★作り方★

1. レンジ対応の容器にカットしたかぼちゃを入れ、軽くラップをして電子レンジ(600W)で2分くらい加熱する。

2. バターとハチミツを加え、よく混ぜ合わせる。(本校スクールランチでは、オーブンで焼いています。)

ワンポイントアドバイス

お子さまが大好きな鶏肉を和洋折衷風に仕上げました。味噌とマヨネーズ、ネギは相性抜群で、淡白な鶏むね肉や白身魚の味付けに良く合います。オーブンで加熱するのが面倒であれば、一口大に切った鶏肉をフライパンでソテーして、ある程度火が通ったら味噌マヨを入れて味付けしてもおいしいですよ。

栄養士からの「受験ママ応援アドバイス」

受験ママ応援アドバイス

受験を控え、お子さまの胃腸の調子が悪ければ、消化の良いメニューがおすすめです。脂肪分の少ない鶏のささ身やむね肉と乳化したマヨネーズは胃に負担が少ない食品といえます。また勉強で疲れた脳(自律神経の中枢)を癒してくれる抗疲労作用に優れているイミダペプチドという成分は、鶏のむね肉に多く含まれていますので、この時期に積極的に使用したい食材です。

東京家政大学附属女子中学校高等学校

監修:東京家政大学附属女子中学校・高等学校

学校イベント情報

■スクールランチ試食会:2月25日(日)
詳しくはこちらから

【食育への取り組み】
本校では、スクールランチ(完全給食)を実施しています。クラスごとに先生と生徒が会食することで食事の楽しさを感じたり、食に関する知識を培う食育の場にもなっています。ぜひ一度見学に来てください。

この他のエデュおすすめレシピ!