まろやかスープの冷やし中華

PR

冷やし中華1
冷やし中華2

inter-edu’s eye
東京家政大学附属女子中学校・高等学校からの提供レシピです。
「冷やし中華と言えば酸味の強いタレが特徴ですが、今回のレシピではまろやかな味の冷やし中華をご紹介します。」(東京家政大学附属女子中学校・高等学校より)

まろやかスープの冷やし中華

冷やし中華3

材料(4人分)

  • 生中華麺4玉
  • ロースハム70g
  • きゅうり1本
  • 乾燥カットわかめ大さじ1
  • トマト1/2個
  • すりごま大さじ1
  • 【錦糸卵】
  •         卵2個
  •         塩ひとつまみ
  •         サラダ油適量
  • 【スープ】
  •         水360g
  •         醤油60g
  •         塩小さじ1/3
  •         ガラスープ粉末小さじ1
  •         酢90g
  •         砂糖50g
  •         しょうが汁小さじ1
  •         ゴマ油小さじ1

★作り方★

1. ロースハムときゅうりはせん切りにする。乾燥カットわかめは水で戻して、水気を切る。トマトは四等分のくし切りにする。

2. 【錦糸卵の作り方】卵をボールに割り入れ、塩を加えよく混ぜ合わせる。フライパンに油を熱し、二回に分けて薄焼き卵を焼く。平らな容器に移し、冷めたら5cmの長さのせん切りにする。

3. 【スープの作り方】鍋にゴマ油以外のスープの材料を入れ、加熱し沸騰したらすぐに火を止める。鍋ごと氷水に入れて充分冷えたらゴマ油を入れる。

4. 生中華麺をたっぷりの沸騰したお湯で2分半から3分茹で、ザルに上げて冷水でしめ、水気を切る。

5. 皿に④の麺を盛り、①②の具をのせて、中心にすりごまをふりかけ③のスープをかける。

冷やし中華4 冷やし中華5
給食厨房内で麺を茹でている様子
ワンポイントアドバイス

本校では、完全給食を実施しております。給食で夏本番に近づく頃、冷やし麺のメニューがいろいろ登場します。この冷やし中華のスープは、酸味と塩味を控えた味付けになっています。酸味を嫌うお子さまにも食べやすくなっていますので、ぜひお試しください。

栄養士からの「受験ママ応援アドバイス」

受験ママ応援アドバイス

気温が高いと食欲が落ち、ついついさっぱりした冷やし系の麺メニューを作る機会が増えると思います。素ラーメンや具なしのそうめんでは栄養が糖質に偏り、糖質が代謝されるのに必要な栄養素であるビタミンB1が不足してしまい、疲れやすくなって夏バテの原因になります。このビタミンは「神経ビタミン」とも言われ、脳や神経機能をうまく働かせるのに大切な栄養素でもあります。たんぱく質がとれる食品と野菜、海藻などの組み合わせて具沢山の麺メニューにしましょう。

東京家政大学附属女子中学校高等学校

監修:東京家政大学附属女子中学校・高等学校

学校イベント情報

■夏の体験教室:7月28日(土)※予約受付中
詳しくはこちらから

【食育への取り組み】
本校では、ランチルームで全員が食べるスクールランチ(完全給食)を実施しています。目で栄養バランスが判断できるように、主菜の皿、副菜の皿を必ずセットにして出しています。各皿の栄養的な役割を理解することは、食の選択力を培うことができます。毎週土曜日は、ミニ学校説明会を実施しております。その際にランチ体験ができます。ぜひ足をお運びください。

この他のエデュおすすめレシピ!