東京都立 大泉高等学校附属中学校

基本情報

東京都立 大泉高等学校附属中学校

学校紹介

都立大泉高校を設置母体に都立中高一貫6年制学校として平成22年開校(設置形態は併設型)。前身の東京府立第二十中学校は昭和16年創立。昭和23年大泉高校の現校名になる。

住所

東京都練馬区東大泉5-3-1

電話番号

03-3924-0318

過去の入試データ

募集人員

年度 2014 2015 2016 2017
60 60 60 60
60 60 60 60
120 120 120 120

応募者数

年度 2014 2015 2016 2017
429 388 383 362
535 507 494 447
964 895 877 809

受検者数

年度 2014 2015 2016 2017
419 374 368 354
515 488 471 429
934 862 839 783

合格者数

年度 2014 2015 2016 2017
60 60 60 60
60 60 60 60
120 120 120 120

実質倍率

年度 2014 2015 2016 2017
6.98 6.23 6.13 5.90
8.58 8.13 7.85 7.15
7.78 7.18 6.99 6.53

適性検査分析

  • 2018年度 適性検査分析
    • 適性検査Ⅰ

      出典:
      文章1 串田孫一「考えることについて」による
      文章2 出口治明「人生を面白くする 本物の教養」による

      出題形式:例年通り、2つの文章を読む問題形式です。問題3までありますが、問題1が(1)・(2)とあるので、文章読解の問題が計3問、最後の1問が作文問題です。
      内容:文章1・文章2ともに、「ものの考え方」について書かれています。
      問題1の(1)は「知ること」の出発点にある気持ち、(2)は、「知ることができた」ときの気持ちを答えるものでした。どちらも解答となる箇所(かしょ)は見つけやすいものでした。問題2は、理由説明問題ですので、因果関係を読み取るだけです。必ず正解したいところです。問題3は、例年と同様の400字以上440字以内の作文で、テーマも「これから学校生活や日常生活の中で、何を大事にし、どのように行動していくか」という頻出のものでしたので、取り組みやすかったことでしょう。

      適性検査Ⅱ

      大問1はさいころを扱った問題でした。受検生にとってはなじみ深い題材です。
      問題1は展開図を書く問題で、実際にさいころの面のスケッチを描くものです。問題2はさいころの目を使って式を立てる問題でしたが、ルールに従うことができれば答えることは簡単です。問題3は鏡に映したさいころについて考える問題です。6の目以外が4個ずつ映ることに気が付けば正解にたどり着ける問題です。
      大問2は「日本のくらしと変化」をテーマにした問題で、昨年同様、小問は3問でした。
      問題1は距離の違いによる高さの見え方の変化について考察する問題、問題2は東海道新幹線の路線の沿線の都市と人口、または工業地帯の関係性について考察する問題、問題3は割合の計算を行い、その計算結果をグラフに表し、その結果の数値を資料と関連させて考察する問題でした。昨年と同様に基本的な問題ですので、資料を読み取って考察する力と割合計算のスピードと正確性が重要なカギとなりました。
      大問3は「花粉や黄砂の測定結果」について考察する問題です。
      問題1が「花粉を顕微鏡で観察し、花粉の数を求める」問題で、単位量当たりの計算を必要とします。問題2は黄砂を観測する装置の仕組みの説明から、計測結果を考察する問題です。初めて知る観測装置なので、会話文や図を読み仕組みを理解する力が必要です。問題3は「日本で黄砂が観測される原因と気象状況の関連」について考察し記述する問題です。身近な話題ですが、問題文や資料から観測の方法や分析の仕方を読み取る力が必要な問題でした。

      適性検査Ⅲ

      大問2題の構成でした。
      大問1は「インゲンマメの発芽」を題材とした実験がテーマです。
      発芽条件を調べる対照実験や、種皮の役割を調べる実験において、同一の条件は何か、変えているものは何かをしっかり把握することと、結果についての分析力が問われていました。
      大問2は小問6問の構成で、一つひとつの問題が独立した形になっています。問題1、問題4~6は設問の条件に従いながら丁寧に検証することが必要でした。問題2は与えられた図形をうまく利用できるかがポイントでした。問題3は立方体を転がす問題で、空間把握力が試される点は今年も大泉高附属中の出題傾向を踏襲していました。

  • 2017年度 適性検査分析
    • 適性検査Ⅰ

      出典:
      文章1 木皿泉「木皿食堂2 6粒と半分のお米」による
      文章2 武田双雲「伝わる技術」による

      出題形式:例年と同じく2つの文章を読む問題形式です。問題3まであり、文章読解の問題が2問、最後の1問が作文問題です。
      内容:問題3の問題文にも書かれているように、文章1・文章2ともに、「自由」についての考え方について書かれています。問題1、2は、どちらも「具体例を一つ、本文中から探して書きなさい」というものでした。2題とも具体例を探すという問題になったのは、これが初めてです。どちらも解答となる箇所(かしょ)は見つけやすく、とくに問題2は、「何のためにそうするのかがはっきり分かるように」という指示まで出されていますので、必ず正解したいところです。問題3は例年と同様の400字以上440字以内の作文で、テーマも特別なものではないので、取り組みやすかったことでしょう。

      適性検査Ⅱ

      大問3つの構成でした。大問1は「図形」がテーマで、立体の見方・対称性・規則性を見つける問題です。簡単な例を具体的に書き出して、作業をする中で解答を導き出していけるとよいでしょう。特に問題1は必ず得点したいところですが、同じ大きさの正三角形を答えるというようなミスは禁物です。問題2は、Aグループの枚数が(3の倍数+1)、Bグループが(3の倍数)になっていることに注目し、その差の1は3本の対角線の交点がある「き」の三角形であることに気が付ければスピーディーに解答にたどりつけます。問題3は問題文の誘導に従って規則性を検証する問題です。
      大問2は「野菜の栽培と流通」をテーマにした問題でした。昨年同様、小問は3題でしたが、「資料を分析・考察し、記述する問題」と「割合を計算する問題」が出題され、一昨年と似た傾向でした。資料を読み取って考察する力と割合計算のスピードと正確性が勝負の鍵でした。
      大問3は「時間を計ることを題材にした理科実験」を考察する問題です。問題1が「太陽、ふり子、ろうそく」のいずれかの法則から時間が計れる理由を記述する問題で、教科書範囲の知識が必要とされました。問題2は実験結果を考察し、比例の関係を導く問題でした。問題3は対照実験について考察する問題でした。いずれも、決して目新しいものではなく、あわてずに考えれば正解にたどり着ける問題です。

      適性検査Ⅲ

      大問2つの構成でした。大問1は「ウキクサ」を題材とした実験がテーマです。環境によってウキクサの増え方がどう変化するかを分析する問題でした。実験結果のグラフ作成や割合計算をスピーディーにこなし、大問2に時間をまわせるかどうかがポイントでした。大問2は「アルゴリズム」がテーマです。規定された処理手順を確認し、問題を分析していけるかが点数の分かれ目です。大泉中が得意とする図形問題もこの中で出題されました。拡大方法を決めた上での平面図形の面積比の計量、立方体に指定された方法でテープをはる立体図形の問題でした。展開図でのテープの動き方の法則を確認し、展開図の正しい位置に指定された線を作図することが必要で、こちらは点差がついた問題と言えるでしょう。昨年に比べると、適性Ⅲの出題のレベルは全体的にやや易化しました。

  • 2016年度 適性検査分析
    • 適性検査Ⅰ

      出典:
      文章1 菊田まりこ「本は心の友だち」による
      文章2 茂木健一郎「ある時脳ははばたく」による
      出題形式:例年と同じく2つの文章を読む問題形式です。問題3まであり、文章読解の問題が2問、最後の1問が作文問題です。
      内容:文章A・文章Bともに、読書をすることのメリットが書かれています。どちらも読書をするべきだという立場で書かれているので、問題3の作文テーマ「読書が与えてくれるもの」につながる文章でした。内容としては、どちらも平易な文章でした。問題1、2は読解問題です。問題1は、解答の仕方に指定が多くあるので、書きやすいはずです。問題2も筆者の考えを読み取る問題なので、正解したいところです。問題3は例年と同様の400字以上440字以内の作文で、テーマも頻出のものなので、取り組みやすかったことでしょう。

      適性検査Ⅱ

      大問3つの構成でした。大問1は「渋滞」を題材にした作業中心の問題で、ルールと条件に従い作業を行えば平易に解答を導き出すことができました。必ず得点しなければならない問題です。
      大問2は「資料の読み取り」の問題でした。小問は3つあり、そのうちの1つが「歴史」をテーマとした問題だったため、驚いた受検生も多かったのではないでしょうか。今回の大問2では、3つの小問を通して「資料内容を正確に読み取る」「関連のある事柄を探す」「条件に沿って考える」という力が試されています。取り組む問題を選び、解きやすい問題を確実に得点することが高得点のカギとなりました。
      大問3は「アゲハチョウの幼虫のからだのしくみと蛹化する環境についての実験」を考察するものです。資料から幼虫の体のしくみを考える問題が1問、実験結果から結論を導き説明する問題が2問の、小問3題で構成されています。

      適性検査Ⅲ

      昨年と同様に大問2題で小問は全8題の構成となっています。後半になるにつれて難易度が高くなっている点も、昨年同様です。昨年の適性検査Ⅲでは、理科的な内容の問題は小問1題のみで知識を問うものでしたが、本年度は大問1でぼうのつり合いを題材として数理処理やつり合いの仕組みを理解する力をみる問題が出題されています。板の重心とつり合いの関係を説明する記述も含まれます。大問2は平面図形と立体図形を題材にした複合問題です。前半が対象な図形について、後半が立体図形を中心とした内容で、作図や面積を求める問題が含まれ、難易度は高いといえるでしょう。高度な空間把握力が試される内容という点は、近年の大泉高附属中の理系分野の出題傾向を踏襲しています。

  • 2015年度 適性検査分析
    • 適性検査Ⅰ

      出典:
      文章1 木下是雄「理科系の作文技術」より
      文章2 養老孟司「メッセージのメッセージ」より
      出題形式:小石川中・武蔵中・富士中・大泉中の共通問題は、公開されたサンプル問題(小石川中・武蔵中の過去問題)とほぼ同様の形式で、「メッセージ」について書くものでした。大きな形式上の変更はありませんが、総計の文字数は最大500字以下と、心もち少なくなっています。
      内容:文章1・文章2に共通するのは「コミュニケーション」、「人間同士の伝達」です。問題1・問題2は部分要約の問題で、問いのキーワードから内容をしぼっていけますが、どの言葉を利用し、どこを削るか、つめて考える必要があります。問題3の課題「人が何かを伝えあうときには、どのようなことが重要か」というテーマはこれまでの都立中でもよく出題されてきたものです。

      適性検査Ⅱ

      大問3つの構成でした。大問1は「うるう年」を題材にした計算中心の問題でした。うるう年の計算法がきちんと説明されていたので、受検生は得点しやすかったはずです。
      大問2は会話文形式で、図が5つに表が1つ小問3つで5ページというボリュームのある問題構成でした。話題自体は東京オリンピックをテーマに展開しますが、各小問はそれぞれ人口推移と世代別割合、物価の変化、地図の読み方に関する問題でした。どの問題も資料を読み取れば得点できる問題でしたが、計算・解答では条件があり、それぞれの設問で細かい条件が多く提示されているので、条件を丁寧に確認して答える必要があります。
      大問3は「発泡スチロールでできた立体を水中に沈め浮力により水面上へ打ち出す実験」について考察するものです。小問3題で構成されています。

      適性検査Ⅲ

      出題形式や難易度が注目された大泉中の適性検査Ⅲでしたが、サンプル問題とは異なり、大問2題で小問は全8題の構成となっていました。後半になるにつれ難易度が高くなっており、受検生が実力を発揮しやすい構成といえます。大問1の〔問題1〕は昆虫の体のつくりについての基礎知識を問う内容です。〔問2〕・〔問3〕は速さに関する問題で、グラフ作成、比例と反比例、時間の計算といった複合的な理解を要します。ここは確実に得点したいところです。大問2は複数の条件を整理してとらえる力が問われます。前半が数の性質・推理、後半が平面図形の回転・立体図形の見取り図と展開図についての問題です。複数の条件を整理しながら書き出して調べるという作業ができれば難しくはありません。後半の図形に関する問題は、昨年度の適性検査Ⅱで出題された傾向に近いものです。〔問5〕は高度な空間把握力が試される内容となっています。

  • 2014年度 適性検査分析
    • 作文 適性検査Ⅰ

      本年度も筆者の考えを条件に基づいて書く要約型の問題が出題されています。大きく変わった点は設問数が3題に増え、各200文字となったことです。本文は、「小学校6年生と中学校3年生のときの職業に関する希望」についての調査をもとに、「希望する職業」と「やりがいのある仕事」との関係などを説明した文章で、昨年度と比べて文章の難易度は下がったと言えるでしょう。
      【問題1】は「筆者が述べたかったこと」を、200字以内で説明させる問題。【問題2】は、「希望」を持てない友人にどのような助言をするかという問題で、本文の調査結果を用いるという条件があります。【問題3】は、本文後半の「野球が好きで挫折した青年」の話から、職業や進路を決めるときには何が重要だと考えたか。「あなたが重要だと読み取ったことを二点あげて」という条件があるので、大半は本文の要約になります。
      【問題2】・【問題3】は部分的に作文としての発想が生かせる可能性がありますが、ほとんどは筆者の考えに基づく解答を求められています。つまり、実質的には本文の要点を適切に切り出した文章を書くことが合格答案の条件になるということです。 大泉高附属中の作文は、他の都立中と比べると要約的要素が大きいと言われていますが、今年はさらにその傾向に拍車がかかったと言えるでしょう。今後も、よりいっそう要約問題には注意して練習をすることが必要です。

      適性検査Ⅱ

      本年度は学校説明会などで受検生が取り組みやすい出題とするという方向性が示され、注目されていました。説明会で示された通り、基礎学力重視の取り組みやすいものとなりました。ページ数は10ページと昨年度に比べて少なくはなっていますが、問題量については、大問3題で小問題が計9題と、昨年度と変わりません。 本年度は、算数系の問題が多くなり、社会科系や理科系の問題が少なくなっていることが特徴です。算数系の問題では、「立体感覚を重視している」という学校側の説明通りの傾向です。1は平面図形と立体図形を題材にした「算数」の標準的な問題。2は台風を題材にした資料の読み取りと旧暦と新暦を題材にした記述と計算問題。3はサイコロの見取り図と展開図・約束記号の複合問題。大問3の[問題1]は求めやすいのですが、[問題2][問題3]は書き出して検討する必要があり、正解を得るのはなかなか難しいでしょう。
      前半に取り組みやすい問題が並び、後半に難しい問題が配置されていて、受検生の実力差が得点となって表れやすい構成となっています。

      合格ボーダー

      適性Ⅰの作文については、小問が3つになって一問の記述量が少なくなったことから得点しやすくなったと考えられます。ボーダーは60%前後と予測します。適性Ⅱについては、大問3以外は標準的な問題ですから、60%は取りたいところです。大問3は[問題2]と[問題3]が得点しにくいことを考えると30%が目安となるでしょう。適性Ⅱ全体でのボーダーは50%前後ではないかと考えられます。

  • 2013年度 適性検査分析
    • 適性検査Ⅰ

      文章の出典は、池谷裕二「いま、この研究がおもしろい」で、最新の脳科学の知見をわかりやすく説明しています。しかし、読み進めるに従って、次第に内容が抽象化されていきます。受検生にとって、後半の文章をしっかり読み取ることができるかがポイントです。問題1は、指示されたことがらについて筆者の考えを200字以内で説明する問題です。問題2では、本文の内容を踏まえた上で、受検生の視点から具体化して説明することを要求しています。問題の意図がつかみにくい設問でした。

      適性検査Ⅱ

      昨年に続き、問題が13ページにわたり、ボリュームのある構成となっています。前半に時間のかかる問題が配置されているため、どの順番で取り組んだかによって得点は大きく変わったでしょう。社会科系の資料読み取りの問題が少なくなったという点が昨年度までとの大きな違いです。1は、立体図形の展開図を題材とした場合分けの複合問題。2は路線図やダイヤグラムなどをもとに、列車の経路を考えさせるものです。複数の条件を同時に考慮しながら考えるのに、手間がかかります。問題3は食料自給率についての定番の記述問題が含まれます。3は花がつくられる仕組みに関する問題。顕微鏡の使い方について説明させる問題は基本的なものでした。資料を読み取り、理解した事がらを説明する力が要求されます。ここは確実に得点したいところです。

      ボーダーライン

      適性検査Ⅰでは、問題文の内容をとらえ、設問の指示に対応できたかどうかで得点差が出たでしょう。問題2が答えにくいことを考えると50%がボーダーラインでしょう。適性検査Ⅱでは例年並みの問題量で解ききれずに実力を発揮できなかった受検生も多かったのではないでしょうか。ボーダーラインは40%を下回ると思われます。

  • 2012年度 適性検査分析
    • 適性検査Ⅰ

      大問2題の構成でした。大問1が筆者の意見を受けて、体験や見聞に基づいた具体的な自分の意見を200字以内で述べる作文型の問題です。続く大問2は、本文に書かれている筆者の発見を、種類ごとに段落に分けて400字以内でまとめるという要約型の問題です。
      昨年度からの大きな変化として挙げられるのは次の2点です。まず、要約型問題の指定字数が作文型問題の指定字数を上回ったこと、もう一つは、自分の意見を述べる機会が大問1のみになったことです(※なお、昨年平成23年度の問題構成は、大問1が出題文に出て来た語句について分かりやすく解説し、かつ自分が気付いたことを述べる要約型の問題で、大問2が本文の内容をふまえ自分の意見を書く400字以内の作文でした)。
      先に述べた要約型問題と作文型問題の指定字数の変化から、今年度は自分の意見・考えをまとめる力よりも、文章を読み取る力の方に重点が置かれた出題だったと言えます。
      上記のような出題字数の変化はありましたが、対策としてまずは新聞コラムを使った要約練習で要約の経験を積むことと、自分の考えや意見を適切な経験を絡めて指定の字数にまとめる力が必須となります。

      適性検査Ⅱ

      大泉高附属中の適性検査Ⅱは、初年度から問題文が長く、ボリュームのある問題が出題されてきました。本年度はさらにボリュームが増し、全14ページにわたる問題となっています。昨年度に引き続き、一つひとつの問題の設定条件を読み取るのに時間がかかります。作図系の問題や、資料の分析が必要な問題、記述形式の問題などは、出題内容を把握したり、解答をまとめたりするのに時間がかかります。
      その一方で、基本的な理科知識・割合の知識があれば解ける問題もあるので、時間配分や問題の選択によって大きく得点が変わります。こういった文章の量や資料が多い問題では、まずどの問題から取り組むか、どの問題を後回しにするかの判断が重要になります。普段の学習でも、制限時間を設けて問題に取り組むことで、本番における時間配分の感覚を身に付けていきましょう。 問題の構成としては、大問1算数分野、大問2社会科系の資料の読み取り、大問3理数系の資料の読み取りとなっています。理数系から大問2題、社会科系から大問1題という形式は昨年度と変わりません。理数系の分野で、比を利用した図形の問題が中心となっていることが本年度の特徴といえます。