掲載日:

2022年度注目の小学校特集 自由学園初等部

校外学習

「本物の体験」を重視した教育

理科と社会科「多摩川の勉強 上流~下流の様子を調べる」
理科と社会科「多摩川の勉強 上流~下流の様子を調べる」

初等部では子どもたちの直接体験を重視した学習を大切にしています。
クラスで同じ学習テーマを扱っても、一人ひとりが見ているものや感じ方はそれぞれ異なります。日常生活をおくる空間から離れて現地でしか味わえないものを体感してくると、学習テーマはさらに身近になることがよく分かります。「この先はどうなっているのだろう?」「困っている人のために、〇〇をしてみたい」こうした動機が、その人らしい生き方を支えていく大切な土台になります。
低学年では、自然科学や社会に親しむ生き物採集や市内見学、高学年では、環境や社会問題を扱ってゴミ処理場や多摩川をたどる学習、地層や化石採集や史跡を巡る学習などを主に行っています。

自然環境

四季折々の自然に触れる学習環境

理科と算数と総合「サツマイモの観察と栽培」
理科と算数と総合「サツマイモの観察と栽培」

自由学園初等部には東京とは思えない豊かな自然環境があります。見上げるほどの大きなケヤキやモミジは春に芽吹き、夏には日陰をつくり、秋には紅葉し、土の地面を絨毯のように落ち葉で覆います。子どもたちが掃き集めた落葉は堆肥にして、自分たちの畑へすき込んでいきます。各学年で育てた野菜や田んぼで育てたお米は、収穫して昼食でおいしくいただきます。
美術や理科の授業では、四季の木々を題材にしたり、野鳥、昆虫、草花など実物を観察して実験したり、絵画や造形などの表現の題材にしています。この豊かな自然から計り知れない恩恵を受けている子どもたちは、授業が実体験と結びつくために学びが深くなっていきます。

特別行事

一人ひとりの興味関心を大切にする「学びの発表会」

教科横断「自分なりに問いを立てて探求的に学ぶ」
教科横断「自分なりに問いを立てて探求的に学ぶ」

学習テーマを探求的に掘り下げていく「学びの発表会」を行っています。子どもたちが関心をもっているテーマについて、まとまった時間を割いて自分事にしながら教科横断的に学習を進めていきます。
2021年に行ったものでは、低学年は身近な生活のなかで興味をもった生き物について題材を深めたり、理想の初等部を自分なりに考えて表現、高学年では身近な水や食についてグループで取り組んで提案したり、戦争と平和というテーマで掘り下げた学年も。高学年では身近なテーマから環境問題や人権、世界の平和やSDGsなどにも触れ、学内外での直接体験に基づいて自分の言葉で語る子どもたちに希望を感じています。

学校基本情報

住所
〒203-8521 東京都東久留米市学園町1-8-15
最寄り駅
西武池袋線「ひばりヶ丘」駅
放課後学習
アフタースクールあり(JIYUアフタースクール)
最終の預かり時間
通常18:00まで/延長19:00まで
区分
男子生徒女子生徒
共学校
給食
給食
あり
制服
あり
宗教教育
キリスト教
キリスト教