掲載日:

2022年度注目の小学校特集 玉川学園小学部

英語に強い

世界で活躍する力を身につけるバイリンガル教育

全クラス英語の授業が週5時間
全クラス英語の授業が週5時間

日本語(国語)と英語のバイリンガルプログラムを小学1年生から順に展開しています。
JPクラスは、教科学習を主に日本語で学び、英語を第二言語として身につけます。EPクラスは、主に英語で学び、6年生から始まる国際バカロレア(IB)クラスにつなげます(文部科学省「教育課程特例校」)。英語の授業時間数は共に週5時間です。
学ぶ言語が違っても、学習内容は同じです。どちらのクラスも日本語を確実に身につけた上で、国際社会で求められる人材を育てます。

ICT教育

学習効果を高めるICT環境とプログラミング授業

オンラインと対面式のハイブリットな学習環境
オンラインと対面式のハイブリットな学習環境

全ての授業教室に電子黒板と大型液晶モニターを設置し、全教科でICTを活用したより質の高い授業の実践を重ねてきました。これにより、コロナ禍にあっても教育活動が途切れることなくオンライン授業と対面式授業を両立させる学習環境が整いました。
2020年度から必修化されたプログラミング教育では、キャンパス内にある玉川大学との共同研究で、1年生からロボットを使った授業が行われています。3年生からは、体験的に覚えたプログラミングの手法を使って、各教科の学びでの活用を図っていきます。
小学校段階では、物事を能率的に進めるため段取りを付けて考える論理的思考力を育みます。

放課後学習

質の高いプログラムを提供

玉川学園のリソースを生かした質の高いプログラム
玉川学園のリソースを生かした質の高いプログラム

希望者を対象に、正課の授業に対してプラスアルファで実施する「延長教育プログラム(ES)」を設けています。(有料)
「SH(Study Hall)」「講座」それぞれから選択、組み合わせが可能です。SHでは、子供たちの学習習慣を確実なものにするための環境を用意し、専任教員が自学自習のサポートにあたります。
講座では、指導経験豊かな専門講師のもと、稽古事やスポーツの分野のスキルアップを目的とした12講座を受講できます。
最大の特徴は、玉川学園のリソースを最大限に生かした質の高いプログラムの提供。稽古事や塾に通う時間を考えれば、学園内で行うことにより、非常に効率よく受講することができます。

学校基本情報

住所
〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
最寄り駅
小田急線「玉川学園前」駅
放課後学習
延長教育プログラム(希望者のみ/有料)
区分
男子生徒女子生徒
共学校
給食
なし
制服
男子のみ
宗教教育
なし