“東海大学付属相模中学校・相模高等学校” の掲示板

「神奈川県に戻る」

現在のページ: 1 / 1

“東海大学付属相模高等学校・中等部”の学校情報

学校名
共学 東海大学付属相模高等学校・中等部
住所
〒252-0395 神奈川県相模原市南区相南3-33-1
交通
小田急小田原線「小田急相模原」 徒歩8分。
電話番号
042-742-1251
学校長
大金眞人
沿革
昭和38年東海大学相模高等学校設立。同55年中学校開校。平成20年現校名に。
教育方針
東海大学の建学の精神を教育の柱とし、社会に貢献できる人材の育成に努めています。
施設・設備
広大な校地に、人工芝のグラウンド、ホール、図書室、視聴覚教室、食堂などが配されています。ビオトープもあります。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生
偏差値

中学入試 37(36-38)

高校入試 46(46-46)

学校概要文武両道の精神

偏りのない学習と行事・部活動の両立により、心身のバランスのとれた人間の育成を目指しています。
中学時代を、豊かな人間性を身につける時期ととらえています。基礎学力の習得・向上に力が入れられています。

学習内容英語・数学は少人数授業で鍛える

国際的な感覚と広い視野を持たせるとの観点で、英語教育が行われています。中学では、クラス2分割の小人数授業や、外国人講師による授業が実施されています。英検は、中3での3級取得が目標となっています。
数学では、中1~高2で少人数授業が行われています。
理科では、実験や観察が多く取り入れられ、レポート作成に取り組むことで科学的思考力が養われています。付属の大学の講師による体験授業も設けられています。
総合学習では、中1で情報と英会話を、中2・3では英語でインターネットの利用法などを学びます。調べ学習や発表を通して、コミュニケーション力を向上させます。
高校では、高3の科目選択制で進路に対応しています。
定期試験で理解が不十分と思われる生徒には、補習や課題が義務づけられ、再試験も行われます。

特色多くの部が全国レベル

中1の錬成旅行では、三保にある研修センターで建学の精神について学び、湘南キャンパスを見学します。
部活動の加入率は約9割です。野球・柔道・体操・テニス部などは全国大会に出場した実績があります。吹奏楽・英語・科学・文芸部なども盛んです。
中学卒業後の春休みに、ハワイ東海インターナショナルカレッジでの英語研修があります。山中湖英語研修では、外国人講師を交えて体験活動が行われます。

※本データは2014年11月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板