“名古屋女子大学中学校・高等学校” の掲示板

名古屋女子大学中学校・高等学校の掲示板にはまだスレッドがありません。
ぜひ初めてのスレッドを作成して、掲示板を盛り上げてみませんか?

この掲示板に新規スレッドを作成する

“名古屋女子大学中学校・高等学校”の学校情報

学校名
女子校 名古屋女子大学中学校・高等学校
住所
〒467-8611 愛知県名古屋市瑞穂区汐路町4-21
交通
地下鉄桜通線「瑞穂区役所」徒歩7分。
電話番号
052-841-8181
学校長
鈴木 栄
沿革
大正4年創立。昭和23年名古屋女学院と改称。同42年現校名に改称。
教育方針
創立者の定めた学園訓「親切」の精神の下、他人に対する思いやりの心を持ち、自分を取り巻くすべてのものを大切だと考え、それを活かしていくことを求めています。
施設・設備
ICタグによる蔵書管理システムが導入された図書館には、パソコンやDVDなどが鑑賞できるAVブースも備わっています。第1体育館・第2体育館などがあります。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要女性の自立を促す女性のための学校

女性の持つ人間的資質を活かし、その能力を向上させ、社会における女性の自立を促すことを、90年以上の学校の歴史の中で継続して行っています。

学習内容高い学力が育つ授業

中高6年間一貫コースでは1・2年次で中学の学習内容をほぼ終了し、3・4年次で専門的な学習をし、5年次までで高校の学習内容を終え、6年次では主要5教科について大学入試問題演習を行います。授業は45分7時限(水曜日は6時限)を実施し、原則として学校行事は土曜日に行っています。
高校からの入学生は、トップレベルの国公立大を目指す特別進学コースと併設大をはじめさまざまな分野への進学を目指す総合進学コースに分かれます。
特別進学コースでは45分授業を実施し、7時限や有名予備校講師による特別講座の受講も可能となっています。8月には1・2年生を対象に3泊4日の学習合宿が行われ、国数英の3教科を集中的に学びます。受験対策講義などでは二次試験に向けて論述力も鍛えます。総合進学コースは45分6時限授業で、学業と部活動との両立も可能です。併設の名古屋女子大と連携し、大学の専門的な授業を受けることもできます。

特色学校生活を彩るたくさんのイベント

ブロック対抗別応援合戦で盛り上がる体育祭、仮装フォークダンスコンクール、軽音楽部のライブステージ、総合学習の研究発表など、生徒たちの活動の成果が見られる文化祭、学校周辺を走る全校マラソン大会など学校生活を彩るいろいろな行事があります。
全国大会レベルの活動を続けている新体操部をはじめとして、どの部も日々の練習に励んでいます。
国際理解教育の一環として、カナダやオーストラリアなどへホームステイによる語学研修が行われています。

※本データは2018年10月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。