最終更新:

18
Comment

【5660098】士族株を購入して歴史を変えた人

投稿者: 二つの刃物   (ID:dgkG.4KJwgc) 投稿日時:2019年 12月 04日 14:43

裕福な町人や農民が御家人から御家人株を買って、その家の家格や家禄を受け継ぎます。そして、堂々と市中で姓を名乗り、帯刀していたのです。 実際に御家人株を買い、幕末に武士となって活躍した歴史上の人物がいます。 勝海舟です。

5歳のとき陶工及び陶芸品を売る実業家として財をなした父が士族株を買い朴茂徳から東郷茂徳という人物が有名です。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「母親の趣味に戻る」

現在のページ: 1 / 3

  1. 【5660110】 投稿者: 高潔  (ID:dgkG.4KJwgc) 投稿日時:2019年 12月 04日 14:53

    武士は食わねど高楊枝

    このことわざの意味
    武士が貧しい境遇にあってお腹がすいていても、まるでお腹がいっぱいのように楊枝を高々とくわえて見せておかなければいけない、といった武士の清貧や高潔さをあらわしています。

    高潔
    人柄がりっぱで、利欲のために心を動かさないこと。また、そのさま。「高潔の士」「高潔な人柄」

  2. 【5660113】 投稿者: 御時世  (ID:dgkG.4KJwgc) 投稿日時:2019年 12月 04日 14:57

    東郷茂徳は1882年12月10日に、「朴茂徳」として鹿児島県日置郡苗代川村で生まれた。1886年、朴家は東郷を名乗る士族の家禄を購入してその戸籍に入り、9月6日付で当時満4歳まであと3ヶ月だった茂徳は「東郷茂徳」となった。
    なお、鹿児島では「東郷」姓はありふれたもので、朴家が入籍した東郷家は東郷平八郎とは無関係である。

    Wikipediaより

  3. 【5660123】 投稿者: 共存  (ID:dgkG.4KJwgc) 投稿日時:2019年 12月 04日 15:06

    昭和21年(1946年) 「A級戦犯」として指定され、巣鴨拘置所へ入獄
    昭和23年(1948年) 極東国際軍事裁判により、禁錮20年の判決が下る
    昭和25年(1950年) 黄疸により米陸軍第361病院(現同愛記念病院)に入院。
    7月23日、動脈硬化性心疾患、及び急性胆嚢炎の併発により死去。67歳。
    昭和53年(1978年)10月17日、「昭和殉難者」として靖国神社に合祀

  4. 【5660131】 投稿者: お隣の国  (ID:6oQNZzdn5ek) 投稿日時:2019年 12月 04日 15:15

    と同じですね。ほとんどの民が、「ヤンパン出身」というそう(笑)

  5. 【5660140】 投稿者: 以前  (ID:WJfjWdmsK6Q) 投稿日時:2019年 12月 04日 15:24

    加藤剛主演の東郷茂徳のドラマがありました。そのことはドラマの最初で説明があって、驚いた覚えがあります。てっきり東郷平八郎に関係ある方かと。

  6. 【5660153】 投稿者: 複雑な価値観  (ID:dgkG.4KJwgc) 投稿日時:2019年 12月 04日 15:36

    おとなりさんとは違うよね

    彼はハルノートを見た人

    日本の分岐点にいた人

    さて彼とドイツとユダヤの波瀾万丈の私生児女性間に生れたハーフの子の人生観はどんなものだったのでしょう

    東郷文彦
    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    ナビゲーションに移動検索に移動
    東郷 文彦(とうごう ふみひこ、旧姓:本城、 1915年(大正4年)8月18日 - 1985年(昭和60年)4月9日)は、日本の昭和時代の外交官、官僚。旧姓は本城。外務省事務次官、駐アメリカ大使を務めるなど日本の戦後外交におけるアメリカスクール外交官の重鎮の一人であった。

    東郷茂徳の娘だった東郷いせと結婚し婿入りして東郷になった。

  7. 【5660163】 投稿者: コウノトリ  (ID:dgkG.4KJwgc) 投稿日時:2019年 12月 04日 15:52

    1923年(大正12年)生まれの東郷いせさん
    名前の由来は両親が伊勢神宮に参詣していたことから、いせと命名されたとあります。

    いせさんは、空襲の危険が高まると、軽井沢の別荘に拠点を移し、1945年(昭和20年)1月10日軽井沢病院で双子の男児を出産しています。

    波瀾万丈な母によって義兄弟が多かったいせさん

    父:東郷茂徳
    母:エディータ - 元ゲオルグ・デ・ラランデ妻。
    義長姉 – ウーズラ  – 親衛隊員の婚約者があったが別れ、戦後元ドイツ国防軍参謀将校の食料品セールスマンと結婚した
    義次姉 – オティ  - メキシコ在住の体操教師と結婚した
    義三姉 – ユキ – 医学者Kurt Gottschaldtと結婚した
    義四姉 – ハイディ -  鉱山技師と結婚した
    義兄 – ギド  -  実父ラランデに従い建築家を志し大工となったが、精神上の問題で強制入院
              1943年4月心臓発作で死去したとされるが、ナチスによる安楽死の可能性がある

    長男:東郷茂彦
    次男:東郷和彦

    双子の男の子を授かったのです。

あわせてチェックしたい関連掲示板