最終更新:

0
Comment

【5964104】Zoomアカウントが凍結?

投稿者: 監視社会   (ID:QeEcKp.oviA) 投稿日時:2020年 07月 30日 08:21

アメリカを拠点にする非営利の活動団体「人道中国」の創設者である周锋锁氏は、六四天安門事件31周年の記念イベントをZoom上で2020年5月31日に開催しました。周氏は1989年当時に天安門広場で行われた抗議活動に学生指導者として参加しており、周氏の開催したイベントには当時の抗議活動に参加した人や、軍隊の武力行使によって亡くなった人の遺族、香港民主化デモの参加者など、およそ250人が集まったとのこと。しかし、イベント開催後の6月7日に、人道中国のZoomアカウントが凍結されていたことが判明しました。周氏はZoomに確認と説明のメールを何度も送信しましたが、Zoomからは返信がなかったそうです。また、5月29日には香港民主化デモの活動家である李卓人氏のZoomアカウントも、Zoom側から何の連絡もないまま凍結されてしまっていたことがわかりました。人道中国は声明の中で「Zoomは中国共産党と協力して、六四天安門事件の記憶を消去することに加担しています」と主張。周氏は「私たちはアメリカの企業であるZoomの仕打ちに憤慨しています。世界で最も商業的に人気のあるビデオ会議ツールのZoomは、新型コロナウイルスの世界的流行のさなかに中国人が六四天安門事件を思い出すためには不可欠なツールです」と述べ、Zoomへの抗議を訴えました。Zoomと中国の関係が指摘されるのはこれが初めてではありません。2020年4月にはZoomのサーバーの暗号化キーが中国のサーバーに保存されていたことが判明し、「セキュリティ上の懸念がある」と市民団体から批判されていました。この懸念について、Zoomは「中国政府がユーザーをスパイするために法執行機関を支援するためのツールを特別に作成してはいないし、ユーザーにわからない形でミーティング内容を傍受する手段も存在しない」と述べています。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

あわせてチェックしたい関連掲示板