最終更新:

5
Comment

【3713836】【質問】立命館守山中学のチャレンジセミナー方式

投稿者: アニマルリッツ   (ID:5WfYnR2Ncpg) 投稿日時:2015年 04月 15日 11:58

立命館守山中学校で2014年度入試からチャレンジセミナー方式が導入された、という情報を某Webサイトで見ました。また、学校法人立命館が公開している同校の評価書でも、入試改革の実施項目で「新チャレンジセミナー方式の導入」という文言を確認できました。
しかしながら公開されている入試概要には「チャレンジセミナー方式」という文言はありません。ただ、2014年は11月2日に中学チャレンジセミナー(模試テスト)が実施されたようです。
この中学チャレンジセミナー(模試テスト)は、実際に入学選考に何らかの形で繋がっているのでしょうか?
Web等で検索してもこのあたりの情報が明確に出てきません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。よろしくお願いいたします。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【3713874】 投稿者: 他校終了組  (ID:GkBbgzLhe7I) 投稿日時:2015年 04月 15日 12:41

    他校の受験を終えて資料を廃棄してしまったので、正確な情報ではありませんが。

    何年か前の資料では、プレテストの様な学校主催の模試が実施され、そこで一定ライン以上の者を対象に体験授業が開かれる。そこでの姿勢も学校側から採点される。…という説明のあった年度がありました。

    また、学校主催の模試で成績が良ければ選考に加味される、という説明のあった年度もありました。

    が、いずれにせよ、「かがやき入試」に関して様々な判定材料がある、という事の一つではないかと捉えていました。受験生ご本人の成績によって、それらが有効であったりあまり関係無かったりする類いのものなので、学校側も一律に明言できないのではないか、と思います。

    他にも、募集要項には明記されていませんが、小学校の成績の点数化の方法とか、その点数が基準点(38)に満たなくても五木模試の偏差値が○○あればギリギリ38と同等に見てもらえて足切りには引っかからない、とか、塾に説明に来られた入試担当の先生からは結構色々な情報が発信されていました。

    一般入試の様に一度の点数だけで判定されるものではないので、相談会などで実際のご本人の成績を見てみなければはっきりした事が言えないのだと思います。持参した成績によって、今から揃えれば良い検定級や活動や模試を明示されたお子さんもあれば、これで充分なので出願申請してください、とフリーパスだったお子さんもあります。かがやきで FS にチャレンジして受かるかどうかも、五木模試などの成績を持ってくれば大体の事がお話しできます、と仰っていました。

    わりとフランクに、お尋ねした事には詳しく具体的にお答えいただける印象でしたので、相談会などのチャンスがあれば直接お尋ねになるのが間違いないかと思います。

  2. 【3713944】 投稿者: アニマルリッツ  (ID:5WfYnR2Ncpg) 投稿日時:2015年 04月 15日 14:20

    他校終了組 様

    かがやき入試(受験資格)の判定材料の1つとして扱われる感じですか。
    かがやき入試を考えているなら受けておいた方がよさそうですね。
    何にしても、かがやき入試はブラックボックスな感じがします…。

    コメント、ありがとうございました。
    とても参考になりました。

  3. 【3713962】 投稿者: 他校終了組  (ID:GkBbgzLhe7I) 投稿日時:2015年 04月 15日 14:52

    そうですね。諸条件を「総合的に判断する」という、受験生側からは可能性をスッキリ推し量れない部分がモヤモヤしますが、具体的な受験資格相談のスタートも8月からと早いですし、塾の進学フェアやオープンキャンパスでも個別相談ができますから、あれこれ悩むよりは直接コンタクトするのが一番スッキリすると思います。

    学校側も、学校の特色や方針をしっかり理解して、なぜこの学校を志望するのかをはっきり言える事を希望なさっていましたので、どんどんアプローチなさる事をお勧めします。

  4. 【3757423】 投稿者: 中1生  (ID:MeNv4FwcOHg) 投稿日時:2015年 06月 04日 14:20

    先日拝見しまして、今頃で申し訳ありませんが。
    昨年チャレンジセミナーを受けたものです。
    評価欄に、かがやきの入試選考には影響しないとは一応きっちり書いていました。
    一般受験の一貫コース、FSコースを受験した場合、それぞれ、合格の可能性があるとか頑張ってなど、そのようなコメントが書いてありましたよ!体験授業はなくなりましたね。

  5. 【3777099】 投稿者: 救済措置  (ID:GNzHpLcRlLQ) 投稿日時:2015年 06月 27日 09:05

    2013年4月末の、立命館系列合同説明会で、「来年度は、チャレンジセミナーを導入します。かがやき入試の出願要件である成績表の数値が若干足りない場合に、このチャレンジセミナーの算国の点数が良ければ、要件を満たすものとして扱います。」と説明がありました。

    中1生さまが仰る「入試選考には影響しない」というのは、評価項目として必須ではなく、このチャレンジセミナーで点数が悪くても入試判定には影響しない、という事だと思います。とびぬけて良ければ、アピール資料として活用できると思いますよ。活動内容として習い事と同様に模試の成績もアピールポイントとして認められていますから。

    一応、学校の成績表に基準値を設定されている以上、ちょっと足りない場合の救済措置を大声でアナウンスするのは…という感じではないでしょうか。チャレンジセミナー以外にも、五木模試や大手塾模試の成績が良ければ救済されると(こちらは浜学園の草津校で開催された説明会で)立命館守山の入試担当の先生が仰っていました。

    成績表基準値が38で、うちの子はぎりぎり40をちょっと越えるくらいだったのですが、個別相談ブースで打診してみたら「もう充分なので、申請さえして頂ければ…」と言われました。なので、勝手な想像なのですが、成績表が若干足りないあたりで救済されている(若干の不足なら学校の成績以外でも学力が保証されればOK)層もあるのでは…という感触を持ちました。

    ただ、当時は、毎年同じ決まった方法で実施されている安定の入試方式というよりも、細かい事はいろいろと試行錯誤しながら変更を加えながら作り上げていっておられる入試、という感じ(夕方入試の導入とか、FS入試の科目の扱いとか、レジメと先生のお話が違う点もあり…質問すれば答えて頂けましたが)でしたので、来年度入試にも通用するお話なのかどうかはわかりません。

    守山市に近い立地の大手塾なら立命館守山の先生が説明会に出向かれていますし、かなり具体的なお話も聞けますので、塾HPから申し込んで(外部参加OK)参加なさってみてはいかがでしょうか。

あわせてチェックしたい関連掲示板