“高輪中学校・高等学校” の偏差値

偏差値データ提供:株式会社市進

男子 80偏差値

54(54-62)

入試別の偏差値詳細

入試 男女 80偏差値 60偏差値 40偏差値
2/1 A 4科 54 51 50
2/2 B 4科 57 54 53
2/4 C 4科 54 51 50
2/2 算数[午後] 算数 62 60 59
1/12 帰国 2科or国算英 - - -

80・60・40偏差値とは?

80、60、40という数字はそれぞれ、合格可能性(%)を示しており、例えば同じ偏差値の人が100人受験した場合に80人合格するのが「80偏差値」、60人合格するのが「60偏差値」です。この値は模試によっても異なり、本データは株式会社市進が実施した模擬試験においての合格可能性を掲載しています。

学校情報

学校名
男子校 高輪中学校・高等学校
住所
〒108-0074 東京都港区高輪2-1-32
交通
都営浅草線・京急線「泉岳寺」徒歩3分。都営三田線・地下鉄南北線「白金高輪」徒歩5分。
電話番号
03-3441-7201
学校長
坂本 正
沿革
明治18年前身である普通教校が京都西本願寺により創立。同34年現在地に移転。同39年高輪中学校に。
教育方針
「自主堅正」の校訓のもとで堅実な校風を守っています。大学へ進学させるための指導と、人を育てる指導を二本柱としています。

この学校の偏差値に関連する掲示板

応援お願いします
2019/02/02
18:41
...んな17歳に育ててくれる学校です 先生の当たり外れが他校に比べ少ないです 次男は、高輪と併願する偏差値少し上の学校に行っておりますが、先生の暖かさは高輪の方が確実に良いです どうぞ、最後まで諦め...
応援お願いします
2019/01/31
15:00
去年、複数回受験申し込みました。 1回目で取るつもりがまさかの✖️、ちょっとなめてました(1回目の偏差値が他の回より低めだったので)。 熱望組の熱気にやられました。なので気を引き締めて頑張ってくだ...
部活や併願校
2018/10/01
23:04
...。 お子さんのレベルがわからないので何とも言えないところはありますが、「熱望」で日能研、四谷の模試偏差値が50前後あれば、3回とも受けたいところです。 3日は公立の受験日で、私立は成城と日大二、専...

同じ東京エリアで近い難易度の入試をおこなう中学校

高輪中学校・高等学校 男子 偏差値基準(男子・共学校対象)

  • 57(57 - 57)

    東京

    東京都立大泉高等学校・附属中学校

    国際的な視野を持ち、それぞれの専門分野でリーダーとなれる人材の育成に努めています。

  • 57(57 - 57)

    東京

    東京都立南多摩中等教育学校

    「心・知・体の調和」を教育の中心に据え、国際社会のリーダーとして活躍できる人間力を育成します。

  • 56(56 - 56)

    東京

    東京学芸大学附属国際中等教育学校

    国際社会で活躍できる人材の育成を目指しています。帰国生・外国籍生徒を広く受け入れています。

  • 56(56 - 56)

    東京

    東京都立三鷹中等教育学校

    三鷹高校の文武両道の精神を継承するとともに、「思いやりの心を持った社会的リーダーの育成」を基本理念とした教育が行われています。

  • 56(56 - 56)

    東京

    明治大学付属中野中学・高等学校

    質実剛毅で協同自治の習慣を養い、知・徳・体のバランスのとれた人材の育成を目標としています。

  • 55(55 - 55)

    東京

    東京学芸大学附属小金井中学校

    健康な身体、高い知性、豊かな情操を備え、社会に貢献できる自主性・創造性に富む人材の育成を目指しています。

  • 55(55 - 55)

    東京

    東京都立富士高等学校・附属中学校

    知性と教養を身につけ、品格と感性を磨く教育により、国際社会のトップリーダーとして活躍できる生徒の育成を目指しています。

  • 54(53 - 59)

    東京

    國學院大學久我山中学高等学校

    「忠君孝親・明朗剛健・研学練能」を柱に、明るく、さわやかな、明日の日本を担う若者の育成を目指しています。

  • 54(54 - 54)

    東京

    成城中学校・成城高等学校

    「自学自習」「質実剛健」「敬愛親和」「自治自律」を校訓に、国家・社会に貢献する有為の人材を育成することが目標です。

  • 53(53 - 57)

    東京

    成蹊中学・高等学校

    心身を錬磨し、真に社会の発展に貢献できる人材を育成することが目標です。