模試の偏差値が全く届いていない第一志望校… 行きたい強い気持ちでラストスパート、合格を掴む!

【ニックネーム】あいちゃん さん
【お住まい】 東京都
【お子さまの性別】 女子
【出願校数】 4校
【受験校数】 4校

Q. 中学受験で最も悩んだことは何ですか?

勉強する小学生

①成績に関すること

娘は、模試の成績が第一志望校の偏差値に全く届いていませんでした。それでも、「絶対に〇〇中学に行く!」と言い、小6の秋以降毎日23時くらいまで塾で勉強し、1月は学校を欠席し、朝8時から夜23時まで塾で勉強していました。

学校を休むことに抵抗がありましたが、「ここまできたら、本人が悔いのないように頑張らせてあげた方がいい。(器用じゃない子だから)」と後押ししてくださった学校の担任の先生のお陰で、塾に行かせることに決心しました。

塾にお弁当を届けに行くと、娘の、集中して勉強する後ろ姿を見て頑張り過ぎているんじゃないかと複雑な心境にもなりました。

娘の自習は、塾長先生の机と共用(笑)いつも側で見守ってくれていました。
頑張り過ぎている娘に 息抜きが出来るよう声を掛け笑わせてくれたり…苦手なところが克服出来るように、心の込もった資料を作ってくれたり。(御守りのように、持ち歩いていました)
励まし続けてくれた先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

最後の模試も、合格圏内の偏差値まで届いていませんでしたが、2月1日に合格することができました。直前に塾の先生からの問題が数問、そのまま受験で出たそうです。先生ってすごい!と思ったのと同時に、神様っているのかも!と。模試の成績が届かなかった不安があり、レベルを下げた方が良いのではないか、と悩みましたが娘を信じて〇〇中学の全日程を出願し受験することを覚悟していたことは、娘のモチベーションを下げることなく頑張れたのだと思います。

②子どもと友人のとの関係

クラスで受験した子はおらず、娘1人でしたが娘の志は強くあり、クラスメイトは応援してくれました。悩みはありませんでしたが、クラスメイトと遊ぶ時間がもっとあったら良かったなと思います。(欲張りですね)

Q. 第一志望の入試日前日から当日、合格発表までのお子さん、ご自身の様子を教えてください

入試前日は、塾の壮行会があり一人ひとり、自分の気持ちをみんなの前で話します。「毎日お弁当を作ってくれたり、送り迎えをしてくれてありがとう」「一人では受験はできませんでした」「支えてくれた家族や先生に感謝します」「心配掛けたりしたので、合格して恩返しがしたい」…聞いていて、涙が溢れ止まりませんでした。

早目に帰宅したので、小学校に行き担任の先生に「明日、受験してきます!」と、ご挨拶しに行きました。校長先生には握手をしてもらいパワーをいただき帰宅しました。

2月1日、第一志望校受験。
時間に余裕を持つことは心にも余裕ができると思い、学校が開場する朝7時には到着しました。交通機関の乱れもなく、予定通りに到着しました。服装は、上に羽織れるパーカーを持ち調整できるようにしました。
私は、保護者控室で待機しました。イヤフォンを持参して音楽を聴いたり、本を読んだりして待ちました。娘に受験の声掛けは特にしませんでしたが、私の心配が伝わらないように、落ち着いているようにしました。

「終わったら何を食べようか。」など受験とは関係ない話をしていました。電車の中では、今まで勉強していた間違いノートや先生からのメッセージなどを見ていました。
試験が終わった時は、1月に勉強した問題がそのまま出題されたりして、手応えがあったようでした。

合格発表は、娘が自分で、パソコンで確認し私もそばで見ていました。
模試では、届いていない学校でしたが見事、合格をいただくことができました!2人で抱き合って喜びました。

Q. これから中学受験をするご家庭にメッセージをお願いします

塾の先生と小学生

塾選びは重要だと思っています。今回は、次女の中学受験のことをお伝えしています。
長女と次女で、塾も違います。
性格や学力を考えて、塾選びをしました。結果2人ともそれぞれに合う塾で勉強し、第一志望校に合格できました。

長女は、早稲田アカデミー。次女は、個人塾です。それぞれに特徴が違い、合う合わないがあると思います。次女の塾は、季節の講習は復習ではなくどんどん進んでいきますので必死でした。併願校は、埼玉県千葉県で合格をし、安心して第一志望校に挑めるようにしました。第一志望校の受験日は全て受験するつもりで出願し、間に1日受験日がない日があるので、万が一の場合は、その日に受験がある学校を入れようと思っていました。とにかく、第一志望校優先でチャレンジしようと考えていました。

当日手を温める用にホッカイロは持参しました。雨の時には、替えの靴下があった方がいいと思います。保護者が開場で待機する場合は、目で見て楽しめるようなファッション雑誌や料理の本など持参すると良いと思います。(私は活字があまり頭に入ってきませんでした。)水筒があると良いです。温かい飲み物をいただける学校はあると思いますが、すぐ冷めてしまいます。水筒があると温かいものを少しずつ飲むことができます。膝掛け、スリッパを持参したので、暖かく過ごせました。スリッパを貸出ししてくれる学校もありますが、基本ビニール製です。自分のもこもこスリッパがあって良かったです。

受験は、親がさせようと頑張っても本人のやる気がないと難しいと思います。うちの娘はストイック過ぎて心配になるくらいでしたが、私は、食事と健康管理に気をつけることと塾の送り迎えをするだけで良かったので、娘と私の関係性はとても良好でした。

最初は、親が私立の中学に行かせたいという思いで受験校選びをすると思いますが、受験生本人が、この中学に入学して〇〇がしたい!と強く思えるように仕向けていけたら、子どもを応援していくだけで済みます。無理に勉強させようとすると余計勉強嫌いになる可能性もあると思います。そこが肝心かと思います。これから中学受験をされる方の参考になれば幸いです。頑張ってください。