“東京都立三田高等学校”の学校情報

学校名
共学東京都立三田高等学校
住所
〒108-0073 港区三田1-4-46
交通
都営大江戸線「赤羽橋」徒歩5分。都営南北線「麻布十番」徒歩10分。
電話番号
03-3453-1991
沿革
大正12年東京府立第六高等女学校として創立。昭和25年共学化し現校名に改称。
教育方針
「自主自立」「自由闊達」の校風のもと、自ら考え、問題解決を図り、進んで社会貢献できる人間の育成を目指しています。
施設・設備
図書室、自習室などが整っています。ほかに今でも使われているスタインウェイのグランドピアノがあります。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要国際理解教育の三田

大学や大使館などが点在する落ち着いた環境です。都立校で初めて海外帰国生を受け入れ、国際理解教育実践の中心的な役割を果たしています。都の進学指導推進校に指定されています。

学習内容学力アップのためのサポートも充実

国際理解教育を推進しており、国際化時代をリードする人材の育成を行っています。そのため、英語は3年間で19単位が必修で、1年次にはドイツ語・フランス語・中国語の第二外国語が選択できます。カリキュラムは国公立大のセンター試験にも対応しています。
1年次は芸術、2年次は理科と社会が教科内選択となるほかは、全員が同じ授業を受け、基礎学力の定着が図られています。3年次に文系・理系に分かれ、文系では国語・社会・英語、理系では数学・理科・英語を重点的に学習します。さらに多彩な選択科目も設けられるため、志望校の受験パターンにあわせた学習ができます。また、多くの選択授業が少人数制で実施され、きめ細かくていねいな指導が行われています。
学力アップのためのサポートも充実していて、3年次の夏休みだけでも30以上の講座が開講されるほか、模試もひんぱんに取り入れられています。

特色生徒の手で作り上げる四大行事

三田高の四大行事である体育祭、球技大会、白珠祭(文化祭)、合唱コンクールは、実行委員を中心に生徒の手でつくり上げます。白珠祭では、体育館で行われるダンスやコンサートが大好評です。修学旅行では台湾を訪れます。
部活動の参加率は9割以上です。関東大会出場の実績を持つ陸上部・弓道部をはじめとして、水泳部・アメリカンフットボール部・吹奏楽部などが盛んです。

※本データは2017年5月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

“東京都立三田高等学校” の生徒・保護者の学校評価

全体平均:4.67

本情報をお読みになる前に必ずご確認ください

記載の内容は、生徒や卒業生徒、その保護者や親戚からのアンケート回答によるもので、情報の正確性への保障はいたしかねます。必ず学校ホームページ等で最新の公式情報をご確認ください。
また文章が事実と異なる場合は、お手数ですがこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

親戚

帰国子女が多く国際的にフレンドリーな学校

5

【志望動機】過去には都立高での日比谷・九段と並び11群という筆頭クラスの学歴校で優秀な卒業生も多数輩出しています。元は女子校として発足したせいか、校風も穏やかな男女共学で学校の雰囲気も素晴らしいと感じます。
【雰囲気】高学歴な保護者が多く、良い意味での放任主義的な家庭で育った生徒が多い気がします。そのため、他人との摩擦も少ない環境で育っているようです。

親戚

真面目に授業や行事に取り組む学校

4

【志望動機】三田高校は都立のなかでも比較的学力が上位校に位置しますし、入学から卒業まで学力を伸ばしていけるような授業が行われていることが決め手となりました。
【雰囲気】生徒同士は比較的仲が良いと思います。体育祭や文化祭にも真面目に取り組む傾向があり、そういった行事きっかけにクラスの仲が深まります。

あわせてチェックしたい関連掲示板