最終更新:

68
Comment

【6483587】夕飯時のパン

投稿者: パン子   (ID:m2/DEljp5Jk) 投稿日時:2021年 09月 15日 18:06

お米を切らしてしまいました。
数日前に注文してますが、到着まであと数日かかる見込みです。
そのため夕飯を米以外で作らなければならず、パスタ等麺類とパン系の洋食で凌ぐ予定です。
で、お伺いしたいのは、夕飯時に食べるパンはどんなもの使いますか?
ロールパンも良いですがスーパーのパンコーナーにはいろんな種類がありますね。
皆さんはどんなパンを夕飯に買いますか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「わが家のレシピに戻る」

現在のページ: 6 / 9

  1. 【6483944】 投稿者: うーん  (ID:bUeQ0Ai8i1Q) 投稿日時:2021年 09月 15日 22:52

    コストコのディナーロール、美味しい?
    何かちょっと甘くて私は苦手。
    夕食に合う気がしない。

  2. 【6483954】 投稿者: トロピカーナ  (ID:NFVhUcnSmoY) 投稿日時:2021年 09月 15日 23:09

    スーパーに売っているパンだと、高木ベーカリーのパンがが美味しかったです!トースターで焼いたら思いのほか美味しかったのを思い出しました。

  3. 【6483957】 投稿者: 色々  (ID:eLCZ3leRUKQ) 投稿日時:2021年 09月 15日 23:10

    ウンチク

    誰もが知っていて皆が大好きなおやつ「プリン」

    はじめて日本に入ってきたころは「ポッディング」=プディングと呼ばれ、
    小麦粉、卵、牛乳を混ぜて、肉や果物を加え蒸したイギリス料理のプディングを指す。

    材料が、卵、砂糖、牛乳で作られる日本の「プリン」は、
    フランスのCrème renverse クレーム・ランヴェルセ(renverse=ひっくり返った クリームがひっくり返ったという意味)
    又は、Crème Caramelクレームキャラメル にあたる。

    他にフランスにはたくさんのプリンが存在して、卵、乳製品の配合で固さが異なりそれに伴い、型も違ってくる。

    フランス南西地方に見かけるアカシア風味のクレームブリュレ。

    プリンが卵、砂糖、牛乳を材料とするのに対し、クレームブリュレとなると
    卵黄、砂糖、生クリーム、牛乳(好みによる)で、柔らかく型から抜けず、卵液を流した型のまま出す。
    生クリームもたっぷり入るこのタイプはコクがあって濃厚。
    薄く流し入れ、表面をブリュレ=焼くのが特徴です。
    アカシア風味のクレームブリュレは、砂糖の代わりにアカシアのはちみつ、擦ったレモンの皮を入れて、さわやかな香りが特徴で、
    表面を焼くのは、専用のバーナーがなくても、熱したスプーンを使ってできますよ。
    プリンに砂糖をふりかけしばらくおいて溶けかけたころ焼くのがポイント。
    焼けたキャラメルはパリパリでおいしいです。

    ちなみに、卵黄と牛乳で作るタイプは、プティ・ポ。プティpetit= 小さい ポ Pot=器
    クレームブリュレより軽く、デミタスカップのような器に流し入れます。

    他、小麦粉が入ればFlan フラン。

    お米が入れば、Riz au Lait リオレ=ライスプディング。

    残ったパンにプリン液を浸せばPain Perdu パンペルデュ(失われたパン)=フレンチトースト。

    卵、砂糖、牛乳、いつもある材料で、フランスのプリン、味わいいろいろ楽しめますね。


    フレンチトースト
    フランスとは関係なく、アメリカからきた料理名。
    18世紀、アメリカに実在した酒屋の店主「ジョーゼフ・フレンチ」さんが命名した。とか
    もともと「ジャーマントースト」と呼ばれていたメニューが、第一次世界大戦でドイツが敵対だったため「ジャーマン」を「フレンチ」に変えたとか。
    フランスでは、Pain perdu パンペルデュとかpain doré パンドレと呼ばれている。

  4. 【6483958】 投稿者: フルタイム  (ID:8mTSNlrW2iQ) 投稿日時:2021年 09月 15日 23:10

    こちら関西ですから。粉物にごはんを頂くことも快しとする文化でして、すみません。
    しつこいですけど、パスタにバゲットは相性いいですよ。

  5. 【6483991】 投稿者: 色々  (ID:eLCZ3leRUKQ) 投稿日時:2021年 09月 15日 23:48

    アヒージョとも合いますね!

  6. 【6483999】 投稿者:  硬いパン  (ID:9Hf6.VKeolA) 投稿日時:2021年 09月 15日 23:57

    お二人も横の疑問に答えてくださってありがとうございます。スレ主さん、脱線すみません。お礼をいわせてください。

    フランもクレムブリュレも、大好物なのに、頭の中でプリンと結びついていませんでした。Puddingはお菓子一般をさす英語なのに、それが日本では、キャラメル・プリンを一択で指すようになったり、「プリン・ア・ラ・モード(何語?)」が昭和のデパート大食堂の定番だったり、そのあたり調べたら面白そう。

    イギリスでは、カスタード・プリンは、珍しいお菓子の扱いでした。リオレやクレム・ブリュレは、高級スーパーで売っていました。なので、フランスではどうなのかな?と思ったのです。

    ところでリオレは牛乳とお砂糖でお米を煮るのですが、好きなので作ったら、母親は「お米が甘いなんて気持ち悪い」といって全否定でした。ヨーロッパの人は逆に、豆が甘いのを受けつけず、小豆の餡がだめなひとが多いみたいです。面白いですよ。ドイツでは緑茶ドリンクが流行っていましたが、必ずフレーバーをつけて砂糖が入る。私はこれはどうしても受け付けませんでした。でも、抹茶ラテは好きだし、ほうじ茶ラテも飲んでみたら美味しい。食は場所によって違うもの、両方美味しいと思えるほうが幸せでしょうね。

    スーパーで買えるパンのなかから選ぶのであれば、私はテーブルロールを選ぶかなー。

  7. 【6484068】 投稿者: 色々  (ID:e.KMrQr4UMc) 投稿日時:2021年 09月 16日 01:39

    ドイツでは緑茶ドリンクに砂糖を入れるのですか!
    日本人でも麦茶に砂糖を入れる家庭が昔はありました。我が家では砂糖を入れないので新鮮でした。
    餡子が苦手な外国人は多いですね。

    チリコンカンやカレーにもパンが合うのでは?

  8. 【6484074】 投稿者: 色々  (ID:S0URuDw9MYA) 投稿日時:2021年 09月 16日 01:53

    アメリカ料理で好きなのは、
    ローストチキンとコーンブレッド。
    マッシュポテトとグレイビーソースも添えて。

あわせてチェックしたい関連掲示板