“星野学園中学校・星野高等学校”の学校情報

学校名
共学星野学園中学校・星野高等学校
住所
〒350-0824 埼玉県川越市石原町2-71-11
交通
JR川越線・東武東上線「川越」、西武新宿線「本川越」、西武池袋線「入間市」、JR高崎線「熊谷」「宮原」、宇都宮線「東大宮」からスクールバス。
電話番号
049-223-2888
学校長
星野 誠
沿革
明治30年創立の星野塾が母体。昭和39年星野女子高等学校、平成12年星野学園中学校を開校。
教育方針
「高い学力」「健やかな心身の育成」「自主性の確立」を教育の3本の柱とし、一人ひとりの能力を引き出す教育が行われています。
施設・設備
マルチメディア教室、大講堂、図書館、温水プール・トレーニングジム、全天候型グラウンドなどの施設が整っています。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要伝統を受け継ぐ全人教育

長い歴史を持つ星野高校の併設校で、「21世紀を担う人間づくり」をモットーとした全人教育が行われています。
中1より、数学や理科に重点を置いて学び、最難関大を目指す理数選抜クラスと、進学クラスが編成されます。

学習内容きめ細かな補習、個別指導

進学クラスでは、中2から選抜クラスが1クラス設定されます。英語・数学では、中2・3と高2・3の全クラスで習熟度別授業が行われています。高2で高校の内容を修了し、高3では受験科目に対応した演習中心の授業となります。
補習や講習に力が入れられるとともに、昼休みや放課後には個別指導が行われて弱点解消が図られています。理数選抜では、高1対象の夏期講習に中3から参加可能です。表現力を高めるため、小論文指導も行われています。
生徒が自由に使えるパソコンが200台以上備えられています。ワープロや作図などのソフト利用法やメール操作などのほか、ネットのマナーも学びます。
中1から進路指導が開始されます。20年後の自分を想像して作文を書き、夢や職業を考える手立てとしています。

特色活気のあるキャンパス

行事には、合唱祭や、中1の社会見学・野外芸術実習、スキー・水泳の野外体育実習があります。
修学旅行として、中3の夏休みにオーストラリア異文化体験研修が実施されます。現地校の授業に参加し、ホームステイも体験します。高2でヨーロッパを訪れるほか、希望制のオーストラリア語学研修もあります。
部活動は全員参加制です。野球・バスケット・テニス・吹奏楽部などは中学単独で活動しています。マーチング・バトン部は全国大会出場の実績があります。

※本データは2014年11月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板