中学受験の費用っていくらくらい?

inter-edu’s eye
はじめての中学受験、第一回目「中学受験をするメリット・デメリットとは?」でもお伝えしように、中学受験にはお金がかかります。一つは中学受験のための塾費用、もう一つは私立中高一貫校の学費です。それぞれを詳しく見ていきましょう。

中学受験の塾費用は3年間の通塾で200~300万かかる!

大手中学受験塾では、小学3年生の2月からカリキュラムをスタートさせていることもあり、通塾期間は3年になります。そこで、はじめに首都圏の大手塾SAPIX・日能研・四谷大塚・早稲田アカデミーの小学4年生・5年生・6年生の塾費用について見てみましょう。(※以下金額はすべて税込みです。)

SAPIX

入室金 33,000円
授業料(税別)/月  
4年生 41,800円
5年生 52,800円
6年生 59,950円
備考 授業料には、授業の一環として実施するテスト費用、授業中に配付するテキスト・プリント等の教材費、冷暖房費等がすべて含まれる。特別講習の費用、地図帳や問題集等の書籍代、3年生の後期以降に実施される公開模試の費用が別途かかる。

参照元:SAPIX小学部 | FAQ よくあるご質問

日能研

入会金 22,000円
授業料/月(2月~7月の前期月額費用)  
4年生/Wコース4科 20,900円
5年生/Wコース4科 26,334円
6年生/Wコース4科 32,076円
備考 期間講習、学習力育成テスト、学習力育成テスト、教材費等、副教材費が別途かかる。

参照元:通い始める前に | 日能研まるわかりガイド

四谷大塚

入会金 22,000円
受講料  
4年生/4教科本科コース 36,300円
5年生/4教科本科コース 45,100円
6年生/4教科本科コース(~7月) 57,750円
6年生/4教科本科コース(9月~) 79,750円
備考 講習費、志望校判定テスト代,合不合判定テスト代が別途かかる。

参照元:四谷大塚ドットコム 受講料

早稲田アカデミー

入塾金 22,000円
受講料  
4年生/Sコース・4科コース 27,500円
5年生/Sコース・4科コース 43,010円
6年生/Sコース・4科コース 44,000円
備考 別途年会費2,900円(税込)/月・教材費・必修テスト代が別途かかる。

参照元:費用のご案内 | 進学塾・学習塾なら早稲田アカデミー

(※各表は各塾公式サイトの情報をもとにインターエデュにて作成、費用は変更の可能性があります。必ず公式サイトにて確認いただき、詳細は各塾まで問い合わせをお願いします。)

どの塾も学年が上がるにつれて月額の受講料・授業料が増えているのがわかります。またそれ以外にも春期講習、夏期講習、冬期講習、公開模試等の費用が別途かかるので、その分も費用として見ておく必要があります。

これらを含めると、4年生で年間約40〜50万円、5年生で約60〜70万円、6年生で約100〜120万円ぐらいかかります。合計すると約200万~240万、さらに塾の志望校対策、個別指導や家庭教師を利用すると、目安として合計約300万かかると見てよいでしょう。月額にすると、4年生で約4万円、5年生で約5~6万円、6年生で約8~10万円かかる計算となりますので、やりくりできるかどうかシミュレーションしておくことをおすすめします。

私立中高一貫校6年間の学費は600~700万かかる!

続いて私立中高一貫校の学費について見ていきましょう。
東京都が調べた、都内の私立中学校の令和2年度の初年度納付金(授業料、入学金、施設費及び学則上のその他納付金)の平均額の調査結果によると、合計が100万円弱となっています。

東京都内私立中学校の初年度納付金

入学金 258,066円
施設費 42,036円
授業料 480,950円
その他 189,479円
合計 970,531円

※入学金・施設費は、入学時に一括納付する費用、授業料・その他は毎年度納付する費用。

(下記サイトの情報をもとにインターエデュにて作成。)
参照元:令和2年度 都内私立中学校の学費の状況-1各費目の平均額

では6年間はいくらになるかというと、中高一貫校の高校進学時においても入学金・施設費がかかるため、私立中学校の入学金・施設費・授業料・その他を参考にし、上記に含まれていない、交通費、制服代、部活活動費、課外活動費、修学旅行積立費なども含めると、目安として約600~700万です。月額では約8万~10万、さらに習い事や塾へ通わせる予定があるご家庭は、その分の費用も考慮しておかなければなりません。

(※学校によって学費は大きく異なります。詳しくは学校にご確認をお願いします。)

少しでも中学受験費用、私立中高一貫校の学費を抑えたい!方法はあるの?

①塾の特待生になる

中学受験塾にも成績優秀者に対する特待があります。塾が実施するテストを受け上位の成績を取ると塾から特待生の案内があり、それに応じる形で特待生となるというケースが多いようです。免除の内容は塾によって異なり、「特待を希望」と申し出る形でもないので、詳しくは塾に確認してみましょう。

②私立中高一貫校の特待生になる

私立中高一貫校の特待生になるには、一般入試を受け特待生としての合格基準を上回ることと、特待生枠の入試で合格する方法があります。免除の内容は学校によって異なりますが、入学金のみの免除、1年間の授業料免除、入学金と3年間の授業料免除などがあります。

しかし、特待生として入学できたとしても、入学後の成績が著しく低下した場合には、免除されなくなるケースもありますし、そもそも特待生として入学できるかはチャレンジなので、十分な検討が必要です。

③私立高校授業料における自治体の助成を受ける

各自治体には、私立高校の授業料の助成制度があります。国の「高等学校等就学支援金制度」と自治体の助成とを合わせると、授業料が実質無償(※年収制限があります)になるので、私立に通わせたいと考えているご家庭にとっては、大きな助け舟となるでしょう。東京都では今まで760万以下の家庭が対象でしたが、2020年の4月からは年収910万円以下で授業料実質無償となることが決まり、より多くの世帯が対象となります。しかし、中学3年間は無償とならないので、その間のやりくりをどうするかを考えておく必要があります。

(詳しくは私立高校の授業料実質無償化で受験は変わる?【2020年度版】をご参照ください。)

お金のことで子どもの進路選択が狭まるのは親としても心苦しいもの。
中学受験、世帯年収いくらで私立中高一貫校は可能なの?でも中学受験のお金について紹介しています。しっかり情報収集をしてその先の大学受験費用までを含めて検討しましょう。