中学受験、第一志望に受からなかったら

inter-edu’s eye
中学受験の倍率は約2~3倍、合格するのは3人に1人と言われています。つまり第1志望の合格を手にするのも3人に1人、必ずしも一番行きたかった学校に入れるとは限らないのが中学受験です。そうとはわかっていても希望の結果とならなかったとき、気持ちを切り替えられず、子どもが中学に入ってからも引きずってしまう親御さんも多いようです。そこで、第5回目「中学受験、学校選びで親が知っておきたいこと」でお話をうかがった矢野耕平さんと、第3回目、4回目に登場いただいた小川大介さんに、入試結果の受け止め方と気持ちの切り替え方についてアドバイスをいただきました。

どこに受かっても「おめでとう」と祝福すること

どこに受かっても「おめでとう」と祝福すること

インターエデュ(以下、エデュ):第一志望に受からなかったとき、気持ちが沈んでしまうのは致し方ないことですが、どうしたら気持ちを切り替えて前を向けるようになるのでしょうか。

矢野耕平さん(以下、矢野さん):第一志望だけでなく、第二志望も残念で第三志望に合格というような場合、親は深く落胆したりします。そんなとき、私は子どもと保護者にかける言葉が違います。保護者には申し訳なかったですと言いますが、子どもには謝りません。自分でその結果を受け止めて欲しいんです。良くも悪くも。

もう一つ、必ず「おめでとう」と言います。第三志望校だろうが第四志望校だろうが、自らの手で進学先を決めたのであれば、「良かった!〇〇中学校合格おめでとう」と喜びます。そう言って必ず握手をします。祝福してあげることってすごく重要だと思っています。子どもは親から祝福されていないことを敏感に悟ってしまうものです。だから、親御さんに必ずお子さんに「おめでとう」と言ってあげてくださいって言います。でも心からそういう表情ができない保護者もいて、落胆する気持ちを引きずっているんだなあと申し訳なく思うこともありますね。

行かせたいと思っていた学校が残念な結果で、子どもに全く声をかけずにノーコメントを貫いた親御さんがいました。第2志望に通ったお子さんが、第1志望だった学校に高校受験をしたいと言い出したとき、まだその子の中学受験が終わっていないんだなと思いました。そこで、親御さんには「『おめでとう』と言ってあげてください」と伝え親御さんがそう切り出したら、子どもは号泣。気持ちが晴れたのでしょう、第2志望の学校に通い続けて希望の大学にも進学しました。親が祝福する、認めてあげることはとても大事ですね。

第一志望に受からず、親が立ち直れないということは、子をどこの中学校に入れたのかを自分の親力みたいなものとして試されているように思っているのではないかなと。御三家に入れたからあの親は力量がある、子育ての力があると。そんなことを思う必要はない。学校は器にしか過ぎないという冷めた見方も大切です。ですから、入学式は前を向いて親子で歩いて行って欲しいなと思います。「合格」させてくれた学校に感謝の念を抱いてほしいと願っています。

家族が学校にフィットさせていく努力が必要

家族が学校にフィットさせていく努力が必要

小川大介さん(以下、小川さん):お子さんが気持ちを切り替えられないということは、第一志望以外の学校の合格をもらってから入学までの間に、「(その学校に)通いたい」って気持ちを育ててあげようとしなかったところが大きいんですよね。

入学までの間は気持ちを前向きにできていなかったとしても、入学して1学期、2学期の間に友だちを作ったり、先生の話を聞くことでこの学校での中学生活の意味はどういうところにあるのかな、と自分なりに感じ取ってみたりするうちに子どもの気持ちは変わってきます。

家族としても、学校での様子をお子さんから聞いては嬉しかったことを一緒に喜んだり、がんばりたいことを応援したり、友だちや先生の話題を楽しんだりと、自分たちが学校をより理解して、学校に自分たちをフィットさせていく努力をするというのが、子どもに合う学校にしていく秘訣だと思います。中学入試が終わったこの時期、通う学校のことをもっと知ろう、好きになろうとすることがとても重要です。

中学生活と小学校生活とが大きく異なることの一つとして、学校の魅力を作るのは誰か?という点があります。小学校までは学校の先生や、設備、教育内容などが魅力の大半を占めていたことでしょう。しかし、中学以降の日々の魅力は、子どもたちが作ります。教師の指導力も大事です、学校の設備も大事です、学校の教育方針ももちろん大切なのですが、中学からは一人ひとり意思をはっきりと持った子どもたちが互いに影響しあって成長していくのです。クラブ活動の先輩後輩関係の大きさをイメージしてもらえるとよく分かると思います。

受け身で意欲の低い子が集まってしまえば、いかに先生たちが奮闘してもその学校の学び舎としての魅力は高まってきません。

その逆で、中学受験で不本意なことがあったとしても、気持ちを切り替えてこの学校を楽しむぞと前向きで意欲的な子がクラスに何人かいれば、同級生にもプラスの影響が広がっていくものです。

学校の魅力を高めていく一員としてお子さんを送り出すのだという気持ちも、親御さんには持っていただきたいなと思います。

それと、これは釘を刺す意味で話しますが、中学に入学したあと、子どもは気持ちを切り替えて学校生活を楽しんでいるのに、親の方はいつまで経っても中学受験の失敗感情を引きずっているというケースを毎年目にしますが、これは本当に罪作りなことですから止めましょう。子どもは親の気持ちに敏感ですし、ほとんどの親御さんが思っている以上に親のことを気遣っています。ですから、親が失敗感情を引きずっていると、自分も楽しんではダメなのかなと、自分はやっぱり上手くいかない人なのかな、などと不安になるのです。

お父さんやお母さんこそが早く中学受験を終わらせてくださいって思いますね。

edu’s point

インターエデュ掲示板でも、【5778421】「第一志望なのに喜べない」【5766694】「第一志望不合格から立ち直れません。」といった投稿があり、さまざまな思いがつづられています。新入学に向けて、ぜひ矢野先生、小川先生のアドバイスを一つひとつ噛みしめながら、前を向いて進んでいただきたいと思います。

矢野耕平さん

矢野耕平(やのこうへい)さん
大手進学塾で13年間勤務の後、2007年に中学受験指導スタジオキャンパスを設立し、代表に就任。現在、東京・自由が丘と三田に2教場を構える。また、学童保育施設ABI‐STAで特別顧問を務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『男子御三家 麻布・開成・武蔵の真実』『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(ともに文春新書)、『旧名門校vs.新名門校』(SB新書)、『LINEで子どもがバカになる』(講談社+α新書)など。近著に矢野耕平さん・武川晋也 (たけがわ・しんや)さん共著『「早慶MARCHに入れる中学・高校 親が知らない受験の新常識』(朝日新聞出版)

小川大介さん

小川大介(おがわだいすけ)さん
教育専門家。中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員。京都大学法学部卒業。学生時代から大手受験予備校、大手進学塾で看板講師として活躍後、中学受験専門のプロ個別指導塾SS-1を設立。子どもそれぞれの持ち味を瞬時に見抜き、本人の強みを生かして短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。同時期に中学受験情報局「かしこい塾の使い方」の創設にも参画し、情報発信を開始。受験学習はもとより、幼児期からの子どもの能力の伸ばし方や親子関係の築き方に関するアドバイスに定評があり、各メディアで活躍中。そのノウハウは自らの子育てにも活かされ、一人息子は中学受験で灘、開成、筑駒すべてに合格。『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『頭のいい子の親がやっている「見守る」子育て』(KADOKAWA)など著書多数。近著に『親も子も幸せになれる はじめての中学受験』(CCCメディアハウス)