最終更新:

61
Comment

【1066204】東洋英和と東京女学館

投稿者: ぽにょ   (ID:ke1GeNLl0Lo) 投稿日時:08年 10月 23日 00:11

どちらも素敵な学校と思います。皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「学校比較に戻る」

現在のページ: 6 / 8

  1. 【5047319】 投稿者: はな  (ID:mA2Cx7VW/eA) 投稿日時:18年 07月 05日 13:02

    どっちもどっち。
    ドングリの背比べ。

  2. 【5047340】 投稿者: ?  (ID:IsbgBx1i9hk) 投稿日時:18年 07月 05日 13:15

    今年度の偏差値を見れば明らかでは?

  3. 【5053995】 投稿者: 偏差値  (ID:5q372QzuylU) 投稿日時:18年 07月 12日 14:05

    入り口の偏差値より大学実績でみた方が賢明かと思います。
    女学館は中学の偏差値からすると大学進学実績は素晴らしいと思います。
    叩かれやすい学校だと思います。
    しかし在校生は世間の風評は気にせず自身の学校に誇りを持っています。

  4. 【5054128】 投稿者: あまり併願組は居ないのでは?  (ID:d6L0yhgdsmk) 投稿日時:18年 07月 12日 17:44

    東洋英和と女学館であれば、親の感覚と、娘がどちらを選ぶかでは?偏差値で考えれば、東洋英和になりますが、中学受験はそれだけではないので。
    制服は女学館が都内で一番素敵。女学館と女子聖の制服はセンスが突出して良い。
    日能研R4偏差 2019予想(2/1で確認)
    東洋英和を考えられる家庭は、キリスト教系でまとめる感じあり。
    東洋英和① R4偏差55(プロテスタント)
    立教女子① R4偏差56(プロテスタント)
    頌栄①   R4偏差59(キリスト教)
    恵泉①   R4偏差53(プロテスタント)
    晃華①   R4偏差50(カトリック)

    逆に、女学館は宗教系は嫌い、そこに重きを置かない親が選ぶと思われる。
    女学館①  R4偏差47
    大妻①   R4偏差51
    共立女子① R4偏差50
    富士見①  R4偏差49
    山脇①   R4偏差45

    ここら辺でしょうか?東洋英和なら、頌栄とはかなり迷う。女学館なら、共立女子とかなり迷う。そんなイメージある。

  5. 【5054147】 投稿者: 日赤のレンガ塀騒動  (ID:IsbgBx1i9hk) 投稿日時:18年 07月 12日 18:04

    当時、「てめー、やめろー!」と工事関係者に詰め寄る、女学館の関係者には絶句した。そういう保護者、教員の居る学校とは比較されたくないのでは?

  6. 【5054512】 投稿者: いつの話を?  (ID:eDtDU5g7IYk) 投稿日時:18年 07月 13日 06:50

    本当かしら。そうだとしても学校のイメージは変わりませんが。
    悪意に満ちたコメント悲しいですね。

  7. 【5054586】 投稿者: いえいえ  (ID:JBaTk21AGYY) 投稿日時:18年 07月 13日 08:47

    東京女学館は、「当時、東京第一の上流女学校であって、華族女学校、今の学習院女子 部と対立した」存在であり、「華族女学校に対し民間華族女学校」と見做されていた、典 型的な上流学校でした。皇族の方も通われていました。

    偏差値でいえば英和、立女と並ぶ時代はありました。
    中学の偏差値は落ちていますが学力は低下していません。
    昔より入りやすいが進学実績が良いと言われるのも納得できます。

    根強いファンに支えられている伝統ある学校なのは確かです。

  8. 【5054722】 投稿者: なんだかな  (ID:aWLl/YPby3E) 投稿日時:18年 07月 13日 11:35

    明治期は跡見、山脇、実践など、上流階級子女用の学校はありましたよ。
    跡見は明治天皇の庇護の元、山脇は旧華族で貴族院の憲法学者の方が創設し、明治憲法草案に携わった人、実践の下田歌子は昭憲皇后のお力添えでそれぞれつくられました。今でも、昭憲皇后に捧げる舞はあるのでしょうか?
    女学館は、伊藤博文の名前を出す人がいますが、伊藤博文が学校を創ったそのような記録は全くなく、これは過大広告になり、訴えられかねません。

    創設時を語らなければ集まってこないような学校は、所詮その程度の学校なのです。
    また、女学館が立女、英和と偏差値が同レベルだった時代などなく、概ね、大妻、跡見の下であった記憶があります。

あわせてチェックしたい関連掲示板