最終更新:

4
Comment

【5711168】入塾テスト

投稿者: TAP   (ID:iRXoSR5Vdro) 投稿日時:2020年 01月 21日 22:13

新小1年の息子がいます。中学受験をするか否かはまだ決まっていませんが、地域の中学受験塾が3年生くらいになるとどこもいっぱいになるため、1年生から通うかどうか考えています。

先日、希学園の入塾テストがあり受けてきました。新小1年のテスト(算数のみ)を受けたところ100点でした。

息子は公文に昨年12月半ばから通っているのですが、家庭学習は公文のペーパー程度です。テストは文章題で本人は難しくなかったと話していたので、ほとんどのお子さんが100点なのかな、と思っています。

希学園のレベル感もわからないのですが、この塾はどちらかというと難しいことをする、というよりは簡単な問題を解いていく、、、といったスタイルなのでしょうか。

ちなみに関東在住です。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【5711218】 投稿者: かぶとむしboy  (ID:8fKXgd/Jxpo) 投稿日時:2020年 01月 21日 23:03

    息子が希学園首都圏の新3年生、算数オリンピック講座受講中です。

    新1年生の入塾テストは受けていないのでテストの難易度は分かりませんが、おそらく最高レベル演習に入られるのですかね。
    1年生の最高レベル演習は、『スーパーエリート問題集』が基本教材ですのでかなり難しいと思いますよ。市販されているので書店で確認されると良いと思います。関東でしたら有隣堂などで取り扱いがあるはずです。

    希学園自体は、人数少なめですがそれなりの実績を出していると見ています。

  2. 【5711306】 投稿者: TAP  (ID:iRXoSR5Vdro) 投稿日時:2020年 01月 22日 00:45

    ありがとうございました!
    なるほど、人数が少ない塾なのですね。
    色々と教えてくださってありがとうございました。

    届いた資料を確認したところ、「小1最高レベル演習 算数」でした。
    市販のテキストをつかてお勉強をするんですね。確認してみます。

    塾に入るために試験があることに驚いていますが、本人は数字や図形が大好きで、算数の大会に出てみたいと話していました。
    中学受験を含め、ある程度は自宅学習で頑張れるのか、もしくは塾に通ったほうがいいのか家庭内で検討してみます。

    本当にありがとうございます^^

  3. 【5712255】 投稿者: 一つ言えるとは  (ID:gpcdRLHqojY) 投稿日時:2020年 01月 22日 18:41

    希を知らない人(関西の中学受験を知らないひと)にとって希は使いこなせない。中学受験しないかもしれない人が行く塾ではありませんよ。

    関東の受験には弱く非常に遠回り。低学年で囲い込む作戦ですから洗脳されない様に注意が必要ですよ。灘がー灘がーといってますしね。まだ待合に塾長の狂気の沙汰とも言える母親の心得とかあります?
    ちょっと宗教みたいですから気をつけたほうがいいですよ。
    関東の中学受験は四科目の総合点。希は圧倒的に国語と社会が弱い。半分でにげ切れるほど甘く無いです。
    なぜなら関西は算数偏重なので。社会の無い受験は当たり前。どこかでサピに絶対に鞍替えしないと後で後悔しますよ。また、関東での立ち位置がさっぱり見えないスケジュールにも囲い込まれてます。多分経営が危険なのでしょう。昔の希は、希に入るために塾に行く人とか、親が教えられる人ばかりだったのに、計算だけの公文で100点って。もしかしたら、6年後が無いかもしれませんよ。

    希になれると子供の拘束時間が長く、自習室があって親は楽だけど、それに親が甘えてお任せしたくなります。うちの子は算オリの問題がーとか言うけど、そんなの解けるより国語や社会できちんと点数取れないと、合格点に及びません。ほぼ麻薬ですが、最後まで誰も教えてくれない。だって、友達はライバルだから。

    あんな場所にあって、問題なくはいれる少数なのはお値段が高いからでは無く、入るのが難しい訳でも無く、勝率が低く、関東の受験の前に灘受けろとかいう雰囲気に洗脳する麻薬に手を出すとあとが大変なことがみんなわかってるから。

    ちゃんと足を洗う準備はしといたほうが良いですよ。

  4. 【5713001】 投稿者: パール  (ID:QW7oy6njClE) 投稿日時:2020年 01月 23日 09:32

    関東にお住まいであれば、「希学園首都圏」で書き込んだ方がレスがつきやすいと思いますよ。お子様は、「数字や図形が大好きで、算数の大会に出てみたい」と話しておられるとのこと。今後の成長が楽しみですね。
    希は首都圏では珍しく「飛び級」が制度化されています(基準は、公開テストの偏差値62以上と厳しめです)。我が家は、算数のみ飛び級で低学年時からお世話になりました。
    希学園は入塾前に、公開テストの過去問を購入できます。実学年のみならず他学年のものも購入できるので、我が家では上の学年のものを購入して、自宅でやらせてみました。実学年では100点ばかりで物足りなそうだったので、上の学年の公開テストを受けて、算数のみ飛び級しました。ちなみに、入塾前に、入手できる多くの塾の小6テキストやテストを比較して、首都圏では算数のレベルが最も高いのは希学園と判断しました。
    ご質問にあった「この塾はどちらかというと難しいことをする、というよりは簡単な問題を解いていく、、、といったスタイルなのでしょうか」に関しては、受講する学年や講座によって異なるものの、高学年時の「最高レベル演習講座」「算数オリンピック講座」「筑駒灘特訓」は、SAPIX等の他塾では取り扱わないような、最難度の算数の問題を演習できるので、算数が大好きで得意なお子さんであれば、楽しめるのではないでしょうか。なお、上記の講座はすべて学年が上がるたびに受講基準をクリアしないといけないので、生徒数は少なめで、きめ細やかにご指導いただけます。
    他流試合(他塾の模試)を受ける機会は多々ありましたが、算数はトップクラス、他科目も好成績でしたので、他塾と比べて算数以外が弱いと感じる場面はありませんでした。希学園は、保護者が授業見学できますが、全科目で授業の質が高く、熱心で面倒見の良い先生方に鍛えていただいたので、とても感謝しています。希学園は、算数好きなお子さんがその才能を伸ばすことができる有力な選択肢の一つだということは太鼓判を押せます。

あわせてチェックしたい関連掲示板