最終更新:

7
Comment

【4116265】発表会曲

投稿者: 鈴美   (ID:HUjHihaRcE2) 投稿日時:2016年 05月 18日 22:33

10月にバイオリン発表会があります。モーツアルト4、5番、ビターリなどが終わった程度ですが先生からはヴュータン4か5番、ブルッフ1番、ヴィニアフスキ2番、ラロあたりからといわれたそうです。中3娘ですがラロは長くてブルッフは定番だからといいます。ラロは4か5はどちらが難しいでしょうか?ヴィニアフスキはもっと難しいのでしょうか。発表会映えするのはどの曲でしょうか?親が全くわからないので詳しいかた教えて頂きたいです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【4118320】 投稿者: 参考になれば  (ID:YOXQVJsh.Ec) 投稿日時:2016年 05月 20日 17:30

    個人的な感覚ですが、挙げていらっしゃる中で一番難しいのは
    ビュータン5番だと思います。
    ヴィエニャフスキー2番は案外弾きやすく映える曲です。
    ラロやブルッフはご存知の通り、
    ビュータン4番もヴィエニャフスキー2番と同じような感覚でした。
    ビュータン5番は長いですよ、カデンツァを省略してもなお長い曲です。

  2. 【4119691】 投稿者: 鈴美  (ID:.J.Xs.7pqr2) 投稿日時:2016年 05月 21日 16:39

    ⬆ありがとうございます。とても参考になりました。私は個人的に5番が好きですが…ラロは娘はあまり好きでないようでブルッフはやはり3楽章は3度が多いですし1楽章より難しいのでしょうか?1番は毎年誰かが弾くようで娘は乗り気じゃありません。

  3. 【4119887】 投稿者: 参考になれば  (ID:YOXQVJsh.Ec) 投稿日時:2016年 05月 21日 20:07

    ブルッフやラロは避けては通れない道だと一般的には思われてます。
    お嬢様が高校生になってもヴァイオリンの発表会にお出になるのなら、
    逆に中学のうちに弾いておかれたらどうかな?と私などは思いますが。
    ただ、難易度的にはヴィエニャフスキー2番やヴュータン4番も
    大差ないように思います。
    ラロは長いけど、乱暴な言い方をすれば同じことを2回弾く構成ですので、
    練習自体は大変ではないと思います。
    ブルッフの第3楽章は1楽章より難しいと思いますし、何より
    1楽章の勉強をせずに3楽章を弾くのはわが子の先生はNGでした。
    一般的にはモーツァルトやヴィターリからいきなりヴュータン5番というのは
    難しいと思いますが、その飛び越しが認められるようならサンサーンスを
    ご検討されてもいいかもしれませんね。
    また、わが子の先生もメンデルスゾーンをなかなか弾かせてくれないタイプでしたが、
    「まずはメンコン」という門下もあるようです。

  4. 【4141759】 投稿者: 鈴美  (ID:dVkZe73HOt.) 投稿日時:2016年 06月 09日 18:39

    参考になればさん、ありがとうございます。ブルッフ1楽章と半年くらいまえにやったヴィターリで迷ってます。娘はヴィターリがすきでもう一度さらって発表会に弾きたいようですが。どちらが発表会にははえるのでしょうか?

  5. 【4163106】 投稿者: 参考になれば  (ID:mlDkgDCcgCU) 投稿日時:2016年 06月 28日 21:31

    もう既に曲はお決めになられたでしょうか?
    発表会で映えるのはヴィターリではないでしょうか?
    私も大好きな曲です。
    でも今のうちに広くコンツェルトに親しむというのも大切だと思います。
    ヴァイオリンの専門に進むのであればブルッフ、
    しっかりとした一生の趣味でしたらヴィターリかな?と思います。

  6. 【4169559】 投稿者: 鈴美  (ID:suGfKbBl0Bo) 投稿日時:2016年 07月 04日 21:38

    ありがとうございます。娘はブルッフを弾くことになりました。メンコンの前にはブルッフを弾かないと……と言われたそうです。趣味ですので練習時間も少ないのでちょっと心配ですが。

  7. 【4588721】 投稿者: 鈴美  (ID:a707DLlk7jk) 投稿日時:2017年 05月 27日 13:10

    ブルッフ、ビターリ、メンコン終えサン・サーンス3番を検討していますが1楽章、3楽章どちらがテクニック的には弾きやすいのでしょうか。娘は3楽章が弾きたいらしいのですが。

あわせてチェックしたい関連掲示板