最終更新:

4
Comment

【4913380】レポートについて

投稿者: 入学者   (ID:EhkvesSpb.k) 投稿日時:2018年 03月 05日 13:46

レポートの提出方法が分からず、ネットで調べてもあまり出てこないので質問します。
1.パソコン提出ですか?
2.多いと言われていますがどれほどの頻度ですか?

できるだけ早いと助かります。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【4914799】 投稿者: 誰も答えないので  (ID:.dcHhV47SQo) 投稿日時:2018年 03月 06日 13:37

    入学説明会(そんな呼称です。)で「幸夷」という冊子が毎年配られます。
    そこには先輩方がレポートについてあれこれと面白おかしく書かれています。
    レポート以外の学校生活や行事についても多くの経験話が書いてありますので一読されるのがいいと思います。

    あまり、レポートについて心配しなくていいですよ。こなしていけばレポート作成は上達します。量はたくさんですね。
    タイピングは直ぐに覚えます。(学校のPCはマックです)、しかし、スマホでタップした文書はどうなるかは知りません。
    要は締切期限近くまで放置しないで、余裕をもって終わらせるのが肝心です。

    答えになっていないようですみません。

  2. 【4914867】 投稿者: 入学者  (ID:/Elc7TxsTpY) 投稿日時:2018年 03月 06日 14:55

    ありがとうございます!
    説明会までゆっくり待ちます

  3. 【4932701】 投稿者: レポートも大小  (ID:BU/DKFrdgKE) 投稿日時:2018年 03月 18日 12:50

    物理や化学、生物など、毎授業が実習や実験である理系教科は、必ずそのまとめが必要になるので、それもレポートと呼べば、理科のある単位数は毎日何かを抱えていることになります。
    枚数はやる気のある人で図版とかグラフ入れて10ページとか。やる気ないと2ページとか。
    でもこれ理系の大学行ったら当たり前ですからね。良い勉強です。

    それ以外に文系科目や実技科目でも中小あり、なんとなく週に3本くらいはいつもレポートを抱えている感じ?

    そのほかに年中行事となるような大きな実習や探究活動があります。


    中学時代と違いパソコンデータです。

    レポートってある問題に対しどれだけ本質的に取り組んだか、その思考力と表現力を問われるものですから、普段からどれだけ知的好奇心を持って生活しているかが大事です。東大の入試問題なんかにあたると、附高の本質教育の良さに気づくようです。そういうのって卒業後なんですけどね。
    勉強好きな人には、ブツブツ愚痴を言いながらも、たまらないんじゃないかな。


    あんまり心配することないです。だんだん慣れて行くように、課題の出し方も加減されてますし、真剣に取り組めば卒業する頃には立派な論文が書けるようになっていますよ。

  4. 【4937760】 投稿者: 無名  (ID:kQa4pCRK5n6) 投稿日時:2018年 03月 22日 01:40

    1 科目によります。
    私の場合、
    生物は紙、体育や情報、現社はパソコン、化学はレポート専用のノート、物理は授業中に配られるプリントを完成させて提出と言った感じでした。

    パソコンで提出というのは、生徒の学校専門個人アカウントのメールボックスにフォームが送られてきて、それに回答したり、先生に直接メールで文を送ったりなどです。

    また、パソコンで書いてそれを各自印刷し、紙の状態で提出しなさいと指示される場合もあります。


    2.頻度は
    生物、化学、物理...実験ごと(だいたい週一)
    体育...その分野が終わるごと(2ヶ月に1回とか)
    その他の科目...分野によるが、トータルで見て1年で10回いかない程度

    ちなみに生物は1年、化学と物理は2年で学習します。
    レポート多いとよく言われていますが、私自身そこまで大変だとは思いませんでした。
    生徒の性格によるとおもいます。レポートは書こうと思えばいくらでも書けるので、真面目な生徒はひいひい言いながらも時間をかけて書きますが、雑な生徒は授業前や放課後にばばっと適当に書いて出している人もいます。
    ようは、手を抜こうと思えばいくらでも抜くことができます。

    また、レポートの採点の丁寧さが教師によって大きく違うので、丁寧な教師にあたればレポートの書き方の指摘もいただけ、レポートを書く力がつきます!

あわせてチェックしたい関連掲示板