“狭山ヶ丘高等学校付属中学校” の掲示板

この掲示板に新規スレッドを作成する

最終更新:
スレッドの並び順: スレッド作成日 書き込み日時
スレッドのタイトル 書き込み数 スレッド作成者 最終書き込み
特待生合格の目安 4 初めての中受 16/07/10 12:55
(首都圏模試のデー...)
狭山ヶ丘について意見する 18 熱望 15/11/21 21:24
(志望校検討中)

「埼玉県に戻る」

現在のページ: 1 / 1

“狭山ヶ丘高等学校付属中学校-狭山ヶ丘高等学校”の学校情報

学校名
共学狭山ヶ丘高等学校付属中学校-狭山ヶ丘高等学校
住所
〒358-0011 埼玉県入間市下藤沢981
交通
西武池袋線「武藤藤沢」徒歩13分。JR川越線・東武東上線「川越」、西武新宿線「入曽」「狭山市」、JR八高線「箱根ヶ崎」からスクールバス。
電話番号
04-2962-3844
学校長
小川 義男
沿革
昭和25年飯能高等家政女学校として創立。同35年狭山ヶ丘高等学校として開校。平成25年狭山ヶ丘高等学校付属中学校開校。
教育方針
「事にあたって意義を感ぜよ」を校訓に、心の教育と自ら学ぶ姿勢が大切にされ、次世代のリーダー育成を目指しています。
施設・設備
専用のキャレルを備えた図書館、ナイター設備のあるグラウンド、セミナーハウスなどがあります。平成26年に新体育館と生徒ホールが完成し、同27年には新校舎が完成する予定です。
学期
登校時間
昼食
制服
プール
宗教
少人数授業
第二外国語
海外研修
特待生

学校概要「心の教育」を柱とする教育

「心の教育」を重視しています。進学対策の学習だけでなく、人として大切な感性や社会性を養成できるよう、黙想や、茶道の授業が取り入れられています。校内には、小規模校ならではのアットホームな雰囲気があります。

学習内容きめ細やかな指導

中2で英語・数学・国語で中学の課程を修了し、中3から高校の内容に入ります。学力の定着を目指し、授業のほかに補習や個人指導が設けられています。中1・2の主要5教科では、基礎力を重視した指導が行われるとともに、応用力の養成にも力が入れられています。国語では、豊かな感性を身につけるため、漢文・古文の素読が取り入れられます。
高2から、文系・理系に分かれたカリキュラムが設定され、高3では、さらに入試科目に対応する明確な文系・理系別のクラス編成となります。高2で高校の学習内容を終え、高3では演習中心の授業が実施されます。
自ら学ぶ姿勢が大切にされており、「自学自習」を支援する多彩な取り組みが設定されています。中高とも、全学年で始業前の朝ゼミや放課後ゼミが開講されています。中学では午後7時、高校では午後9時まで特別自習室を利用することができ、予習復習や小テスト対策など、学習全般にわたる質問に教師が対応しています。

特色農業体験を通して学ぶ

総合的な学習では、所沢の実習場での農業体験が行われます。生徒一人ひとりに土地を配分し、各自の方法で農作物を栽培します。行事として年に3回程度軽登山が実施され、体力・精神力を養います。
中3では、修学旅行として海外語学研修が行われます。生きた英語に触れ、異文化体験をします。

※本データは2014年11月時点の情報を元に編集しており、変更が判明した場合には部分更新を行っています。
詳しくは学校ホームページ等をご確認ください。
上記データに間違いがある場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

あわせてチェックしたい関連掲示板