「将来は何になりたいの?」に答えられなくても大丈夫!生きることの道標になる一冊

なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なこと

inter-edu’s eye

「将来は何になりたいの?」とは、子どもの頃、誰もが一度は聞かれたことのある質問でしょう。

この質問に意気揚々と答えられたという人もいれば、恥ずかしくてなかなか答えられなかったり、そもそも何になりたいのかがわからず、余計に悩んでしまったりしたという人もいると思います。

そしてきっと、多くの人は後者のような子どもだったのではないでしょうか。

そんな我が身を省みて、わが子には早いうちから将来について考えさせたいと思っている人もいるかもしれません。

そのような人にこそ、ぜひ、手に取ってみてほしいのが、池上彰さん監修の『なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと』です。

フリージャーナリストとしてテレビなどでも大活躍している池上さんは、本書の冒頭で次のようなメッセージを送っています。

 「この本は、将来の働き方について中学生や高校生に考えてもらおうと願って作られました。この本を読めばわかりますが、本を一冊作るのにも多くの人が携わっています。この本を作るにあたって、私たちスタッフは自分の子どもの頃のことを思い出していました。将来どんな職業に就きたいのか、希望や不安を持っていたことを。

 そんな昔の自分に対して、「不安にならなくても大丈夫だよ。まずは世の中がどんな仕組みになっているかを知っておこう。それからじっくりと考えたり、いろんな体験をしてみたりすれば、きっと自分の仕事が見つかるさ」と語りかけながら完成させたのが、この本です。

 この本は中高生向けではありますが、大人であっても、自分の仕事に不満を持ったり、不安があったりする人がいるでしょう。そんな大人にも読んでもらいたいのです。きっと初心に帰って、仕事への意欲が湧いてくることでしょう。」

子どもはもちろん、大人にも読んで欲しい本書。

主にやさしいタッチの漫画とかわいらしいイラストで構成されていて、小学生でも楽しく読める内容になっていますが、実際、パラパラとページをめくってみるだけでも、大人も思わず納得してしまうような、「働く」ひいては「生きる」ことに関する疑問への答えがギッシリと詰まっていることがわかります。

今回は、そんな本書の読みどころをほんの少しだけご紹介しましょう。

どんな仕事も誰かの役に立っている

どんな仕事も誰かの役に立っている

「この仕事、すごい!やってみたい!」と思ったり「あの仕事はちょっと恥ずかしい…絶対にやりたくない」と思ったりすることは、誰にだってあるでしょう。

しかし、「職業に貴賎なし」という言葉があるように、どんな仕事も大切なものばかりで、必ず誰かの役に立っているもの。

たとえば、「今度家を建てるんだ」と誰かが話していたとして、実際に家を建てると言った本人がトンカチ片手に家を建てるなんてことはほとんどあり得ないでしょう。

多くの人はハウスメーカーや工務店にお金を払い、家を建ててもらっているはずです。

しかし、素敵な家を建てるためには、ハウスメーカーや工務店に所属している建築士さん、大工さんをはじめとする社員さんだけでは足りません。

釘を作ったり木材を加工したり、家づくりに必要な工具を作ったりする人はもちろん、金属を採掘したり木を育てたりする人など、数えきれないほどの人の手が必要になります。

そしてきっと、そのうちの誰か1人、どれか1つの仕事でも欠けてしまったとしたら、素敵な家を建てることは不可能になってしまうでしょう。

『なぜ僕らは働くのか』は、そのことをやさしく、丁寧に教えてくれます。

お金さえ払えばほぼすべてのものを手に入れられる現代、大人から子どもまで、なんとなく自分ひとりの力で生きているものだと思い込んでしまっている人は少なくないでしょう。

しかし、本書を読めば、その考えは間違いだと気づくことができます。

本書を読んで「どんな仕事も誰かの役に立っている」という言葉を本当の意味で理解できたとき、きっと世の中のあらゆる仕事に対する見方が変わり、視野が大きく広がって行くことでしょう。

子どものうちから「将来の夢」を決めておく必要はない

「将来の夢は何?」と聞かれたとき、何も答えられずに黙り込んでしまうわが子を見て、焦ってしまう親御さんもいるかもしれません。

たしかに、将来の夢を元気にハキハキと答えられた方が、印象は良いのでしょう。

しかし、子どものうちから将来の夢を決められないことについて焦る必要はまったくありません。

むしろ、はやいうちからなりたい職業が決まっていることは、必ずしも良いこととは言い切れないと『なぜ僕らは働くのか』は警鐘を鳴らしています。

子どものうちは世の中にどのような職業があるのかよく知らず、本当に適性のある職業を見つけられる可能性は限りなく低いもの。

それなのに、数少ない知っている職業の中から無理矢理やりたい仕事を決め、「この職業に就きたい」とうそぶいたとして、果たして将来幸せになることができるでしょうか。

「子どもの頃からなりたいと言っていた職業だから」と自縄自縛に陥ってしまったとしたら…夢が叶わなかったとき、必要以上に絶望感を抱くことになってしまうでしょう。

また、夢が叶ったとしても、「夢がようやく叶ったのだから」と適性が無いのにしがみつき、心身ともに消耗してしまうことになってしまったら…決して幸せとは言えない毎日を送ることになってしまうかもしれません。

そのため、『なぜ僕らは働くのか』は将来の夢を決めておくことより、「自分は何がしたいのか」を常に考え続けることが大切だと訴えています。

「やりたい仕事の見つけ方」まで丁寧に書かれている本書を読めば、子どももきっと肩の力を抜いて将来について前向きに考えることができるようになるでしょう。

また、大人もいつかどこかで味わったほろ苦い挫折感を払拭することができるかもしれません。

人生に正解はない!失敗しても何度でも立ち上がる「レジリエンス」を強化しよう

人生に正解はない!失敗しても何度でも立ち上がる「レジリエンス」を強化しよう

誰もが憧れる大学に行き、誰もが憧れる職業に就けば幸せな人生を送れるという常識は、今は昔の幻想となりました。

もちろん、良い大学に行って満足のいく人生を送っている人はたくさんいます。

しかし、良い大学に進学したものの、理想通りの人生を送ることができず、苦しんでいる人もたくさんいるという事実を無視することはできません。

一方、大学進学以外の道を選んでも、その才能を開花させ、楽しく暮らしている人もたくさんいます。

ただ、大学に進学しなかったことを後悔している人も少なからずいるということもまた、揺るぎない事実なのですが…。

もしかすると、大切なわが子も「あのときこうしていたら…」「もしこうなっていれば…」などと思い悩む日が来るのかもしれません。

しかし、「人生に正解なんてない」のだから、そんな未来を恐れる必要はまったく無いのだと『なぜ僕らは働くのか』は力強く訴えています。

挫折や困難、苦しいストレスを経験することは、大なり小なり誰にでもあるでしょう。

しかし、それを乗り越えたとき、ちょっとやそっとのことではへこたれることのない強さ、そして、苦しんでいる人に寄り添ってあげられる心のやさしさを手に入れられると本書には記されています。

人は子どものうちはもちろん、大人になったって無限の可能性を備えているもの。

『なぜ僕らは働くのか』は「自分で自分の人生をつくるんだ」という覚悟を持ち、失敗しても何度でも立ち上がる「レジリエンス」を強化すれば、「あなたはなんにだってなれます」と将来に不安を抱える人たちに熱いエールを送ってくれます。

「いちばん大切なのは自分が何をやりたいか、ちゃんと考えて生きているかどうか」

この言葉のずっしりとした重みは、本書を手に取れば、誰もが感じられるはず。

人生のバイブルとして、ぜひ、本棚に置いておいてほしい一冊です。

書影

なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なこと
佳奈(著)、池上彰(監修)、モドロカ(イラスト)、学研プラス、1500円+税

【ストーリー(マンガ)と図解で内容がスムーズに理解できる! 】
この本の主人公・ハヤトは将来に悩む中学生。そんなハヤトがある日、まだ完成していない一冊の本を読むようになります。各章、そんなストーリーマンガが導入となっており、主人公が読む本を読者も読むという展開で本書は構成されています。日々を一生懸命に過ごしながら、世の中や仕事のことについて知り、成長する主人公。そんな等身大の主人公に自分を重ねることで、スムーズに本の内容が心に響いていきます。
図解ページでは、イラストをふんだんに使って、内容を「見える化」しています。眺めるだけでも内容を十分に伝えてくれる図解が、考える読者を全面的にサポートしてくれます。

【これまでにない新しいキャリア教育の本】
職業や仕事をたくさんまとめた図鑑形式の本が世の中には多くあるなか、仕事の見つけ方、働き方、幸せに働くとはどういうことか、などを扱った本書はまったく新しいキャリア教育の本といえます。
仕事、お金、幸せ、AI、多様性…。現代の重要事項もカバーし、今を生きる子どもたちに必要な知識と思考を提供します。

【編集部がこの本に込めた想い】
日本の子どもたちは自己肯定感が低く、自分に価値がないと感じている人も多いといわれています。「そんな子どもたちが自分にすこしでも自信を持てて、未来に対して明るい希望を持てるように。」そんな想いを込めて本書を作りました。

紙イラストと各章冒頭のマンガを描いていただいたのは、佳奈さん。温かみのあるタッチ、やさしさあふれる表情の描写がとても素敵な、新進気鋭のイラストレーター・マンガ家さんです。フルカラー70ページのマンガを描きおろしてくれました。

図解ページのイラストを担当されたのはモドロカさん。2008年より文平銀座でデザイナー・イラストレーターとして勤務し、現在はフリーランスとしてユーモアとセンスあふれるイラストを精力的に描かれています。100ページ以上にわたり全200点超のイラストを描いてくれています。

「将来 自分は働くことができるのか」「自分が就きたい仕事が見つかるだろうか」いまは大人になった人たちも、振り返れば将来への漠然とした不安を抱えていたはずです。そんな子どものときの自分に渡してあげたいと思える、温かみあふれる本です。ぜひご一読ください。

池上 彰(いけがみ あきら)さん
1950年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年NHK入局。1994年から「週刊子どもニュース」のお父さん役を11年務め、2005年よりフリージャーナリストとして精力的に活動。世の中のしくみや難解な出来事を、ユーモアを交えつつわかりやすく解説し、テレビでも大人気を博している。


エデュママブック これまでの記事

エデュナビ新着記事