中学受験で学校を休む・休まない、後悔をしない判断とは?

inter-edu’s eye
中学受験が迫るこの時期、毎年学校を休む・休まないが話題になります。そこで中学受験生(現在小学6年生)がいるご家庭に、学校を休む・休まないについてのアンケートを行いました。その結果と学校を休む・休まないの議論を踏まえて、“後悔をしない”判断ができるように一緒に考えていきましょう。

学校を「休む」が約7割、「2、3日~1週間休む」が約6割

中学受験生の親御さん、1月・2月に小学校を休ませますか?休ませる予定の方はどのくらいですか?

中学受験生の親御さん、1月・2月に小学校を休ませますか?
休ませる予定の方はどのくらいですか?

アンケート結果を「休む」・「休まない」に区分すると、「休む」…71.2%、「休まない」…28.8%となりました。休む日数については、「1週間」…31.0%、「2、3日」…27.6%、「約1か月(入試終了まで)」…17.7%という内訳になりました。

このような結果となった理由を、1月~2月の受験スケジュールから見ていきましょう。

エリアで見ると、関西圏(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)の2019年入試解禁日は1月12日となります。関西圏は通学エリアに併願できる学校が少ないため、第一志望に受からなければ、公立というように大変厳しい中学受験となります。そういった事情もあり、1月年明けから学校を休ませるというご家庭が多いようです。

首都圏での入試解禁日は埼玉県が1月10日、千葉県が1月20日、東京都・神奈川県が2月1日となります。東京都・神奈川県の受験生は、埼玉県・千葉県の私立中学校を受けることが可能なので、併願校として、または2月1日に向けての調子を見るために受験をします。このように首都圏では受験校数が多い傾向にあるため、過去問対策に時間がかかります。学校を休んで受験校対策の時間に充てたいと考えるご家庭も多いようです。

その他の理由は「体調管理」です。インフルエンザにかかって受験できなかったら、せっかくの努力が報われない、それは小学生にとって酷では…という気持ちもあるでしょう。

しかし、ここで意見がおおよそ次の2つに分かれます。義務教育である学校は休ませるべきではない、休ませるのは親としていかがなものかという考えと、小学生が中学受験という大舞台に臨むのだから、万全の状態で受験させたいという考えです。これは、何が正しいかということではなく、ご家庭の価値観の問題です。この議論に答えを求めても悩みは深まるばかりでしょう。

親が一方的に決めるのはNG。お子さまとよく話し合って!

そこで、学校を休む・休まないについて、後悔しない判断をするために、中学受験家庭教師お二方のアドバイスをご紹介します。

プロ家庭教師西村則康先生からのアドバイス

【 6年生 】1月は学校を休む?休まない?

風邪をもらったり、ケガをしないために、1月は学校を休ませようと考えている親御さんもいらっしゃると思います。この判断は、ご家庭の考え方によりますが、お子さまのタイプにもよります。学校に行かないと生活が不規則になる子や、学校ではしゃいでストレスを発散している子には逆効果です。

早寝早起きができ、志望校のテストが始まる時刻から勉強できる子には効果があるでしょう。学校や先生との関係もありますし、総合的に考えると必ずしも休むことが受験に効果的とは限りません。お子さまのタイプとあわせて、お母さまがしっかり見極めてあげてください。なお、小学校でインフルエンザが流行してきたら、休ませる方が多いようです。
(エデュまがアーカイブ「新年は習い事を見直すベストタイミング」より)

親の一方的な判断ではなく、お子さまのタイプから見極めていくことが大事なのですね。

家庭教師トピッカーさんからのアドバイス

周囲からどう言われようと、休みたかったら休めばいいし、行きたかったら行けばいいのです。大事なのは本人の意思です。ちなみに、休むことを周囲から止められて迷うくらいなら学校に行くべきです。迷ったままでは勉強に集中できません。(中略)

問題は保護者と本人の意志が食い違ったときです。本人が学校に行きたがっているのに、親が行かせないというケースは好ましくありません。不本意な形で勉強をすることになると集中力がなくなり、ストレスも溜まってしまいます。これは避けるべきです。
(トピッカーの中学受験ぶっちゃけ「中学受験勉強のために学校を休むべきかの議論に終止符を!」より)

中学受験をする直前期のお子さまは精神的にも成長してきています。お子さまの意志を尊重してあげると、より中学受験で力を発揮するのかもしれません。

学校へは基本行くことを前提に「学校を休む・休まない」を判断するためには、まず、お子さまの様子、気持ちはどうなのかを捉えておくことです。その上で「世間では学校を休む・休まないにはこんな意見があって、それについて私はこう思う」ということをお子さまに伝えながら、しっかり話合いをして決めると、“後悔をしない判断”ができるのではないでしょうか。


現在回答募集中!エデュちょこっとアンケートにご協力ください。

Q.インターエデュ以外で、子育て・教育情報を調べるときによく見るサイトを選んでください。(その他:自由回答)

  • ベネッセウィメンズパーク
  • ベネッセ子育てサイト
  • いこーよ
  • 東洋経済
  • オールアバウト
  • ママり
  • 学研キッズ
  • みんなの学校情報
  • プレジデントオンライン
  • こそだてハック
  • リセマム
  • 暮らしニスタ
  • 日経DUAL
  • ママノコ
  • 他は見ない
  • その他

投票後、現在の結果がご覧になれます!