新型コロナで中学受験塾も休講!塾の映像授業には多くの戸惑いの声

inter-edu’s eye
新型コロナウイルスの感染症拡大防止を進める政府の要請を受け、3月2日より全国で多くの小中高校が臨時休校となりました。これに合わせて多くの中学受験塾でも休講となり、課題を配布したり、映像授業に切り替えたりなど、各塾はさまざまな代替措置を取りました。しかし受験生がいるご家庭は、これまでにない状況に戸惑うことも多かったのではないでしょうか。
そこで、お子さんが中学受験塾に通っている保護者の方に、塾が休講になって困ったこと、家庭での勉強方法についてお聞きしました。

【調査概要】

◆調査方法:インターネット調査
◆対象者:中学受験塾に通っている保護者の方
◆回答数:45名
◆調査エリア:全国
◆調査時期:2020年3月11日(水)〜3月25日(月)

【質問項目】

Q1. 塾が休講になって困ったこと、心配なことはなんですか。(複数回答)
Q2. 自宅での休講中の塾の勉強で工夫していることはどんなことですか。(複数回答)
Q3. 自宅で休講中の塾の勉強をさせるにあたって、今どんなことを知りたいですか。(自由回答)

一番の心配は課題のさせ方。勉強の遅れや生活面への心配も

「塾が休講になって困ったこと、心配なこと」で一番多かったのは「課題のさせ方」で53%、次が「勉強の遅れ」の44%でした。

塾の映像授業を受けているご家庭からは「子どもだけだと映像授業を見ない」28%、「親が付き添わないといけない」24%、「映像授業だけで子どもが勉強を理解できるかどうか」23%と、ほぼ同率の票が集まりました。さらに映像授業については以下のようなさまざまな声が寄せられました。

塾が休講になって困ったこと、心配なことはなんですか。

「映像授業がレベル別になっていないので、授業が冗長になり、しかも先生が撮影に慣れていなさすぎて、よくわからない。しかも、単元ごとに先生が変わって落ち着かないし、映像授業としてありえないレベル。ユーチューバーの方がずーっとマシ。」
「動画だと理解できるレベルではないので、無駄だと感じる。質問したいときにできない」
「拘束時間がないので勉強がはかどるが、臨時配信の映像授業がもう少しわかりやすければなお良い。」
「映像授業のアップが遅かったりレベルに合っていない」など辛辣な意見もありました。

その他にも子どもの生活面や勉強の遅れを心配する声も寄せられています。

「子供がダラダラとして、1日を過ごしてしまう。」
「週3回の通塾がないことで生活にメリハリがなくなった。」
「受験生なのでやるべきタスク、プラスアルファで検定の勉強もできたが、指針がないと目標がブレる。」
「対面授業を再開した一部の塾の塾生との差が開きそうで困る」

多くのご家庭でこういった戸惑いや不安、悩みを抱えていることがわかりました。

どのように家庭学習を行えばいいのか、悩みつつも取り組む様子が

次に「休講中の塾の勉強で工夫していること」についてお聞きしました。最も多かったのは、親御さんが「課題の進行度合いをチェック」することで68%、続いては「塾の映像授業、課題をする時間を決める」で35%でした。通常時においても行っている管理を、さらにしっかり見るようになったのかもしれません。

自宅での休講中の塾の勉強で工夫していることはどんなことですか。

その他、工夫していることとして次のような回答もいただきました。
「口出ししない自制心を持つ。」
「毎日、時間割を作成する。」
「もとからやらせたかった基礎に帰る復習に励んでいる。」
「以前やった理社を忘れているので、暗記ものの復習。」

時間があるこの機会を前向きに捉え、今できること考え、実行した姿勢は見習いたいですね。

塾仲間との雑談タイムなど、親にはできないバックアップを

最後に「休講中の塾の勉強をさせるにあたって、今どんなことを知りたいか」について、自由回答でお聞きしました。その一部ご紹介します。

「zoomやskypeで質問タイムやモチベーションを上げるための塾仲間との質の高い雑談タイムなど環境を整えて、親にはできないバックアップをしてほしい。」

「時間管理が難しく、遅れがちになる。だらだらと机に向かうが終わらないので疲れてしまい、効率が上がらない。集中して短時間で効率よく勉強できるようになるにはどうしたらよいのか。学校がなくてこれだけできないのに、学校が始まったら回せるのか、とても心配になる。

「勉強の質を落とさずに自宅学習できるアイデア。集団塾だが、休講のために 授業理解度や塾内の順位がわからなくなる。」

「他のおうちがどんなタイムスケジュールでやっているのかということがやっぱり気になります(笑)長時間自主勉でどうしてもだれてしまうので…」

今回のアンケートは、塾の臨時休講がいつ終わるのかわからない中での調査だった為、不安や戸惑いの声が多く聞かれました。学校の学習、さらに塾のオンライン授業と課題で、子どもたち1日中家にいることになり生活のメリハリがつかない中で過ごすことで、なかなか集中して勉強に取り組めていないことに悩んでいる様子です。

その中でも、これまでの振り返りをするなど、いろいろと模索している保護者の姿が見えてきました。

家庭での学習について算数教育家の安浪京子さんはご自身のブログで、「本当の勉強の仕方を身につけられる千載一遇のチャンスだと思う」とした上でどんなことをすればいいのか、具体的な項目を紹介しています。

また教育専門家の小川大介さんは、学習面で心配されている親御さんへのメッセージをTwitterで発信。「『子どもが自立して学習に取り組む力を養う練習期間』と捉えることをオススメしたい」と言われています。

エデュナビでもお二人のアドバイスを「突然始まった臨時休校!自宅で過ごす子どもの学習はどうする?」において紹介しています。ぜひご参考ください。


現在回答募集中!エデュちょこっとアンケートにご協力ください。

Q.【中学受験生の親御さん】これからの教育費で最も不安なことは何ですか? 1つお選びください。

  • 中高一貫校進学時の臨時出費の内容と金額
  • 中高一貫校進学時の家計のやりくり
  • 大学受験に向けた塾・予備校費用
  • 大学受験に向けた準備金
  • その他(自由回答)

投票後、現在の結果がご覧になれます!

エデュママアンケート調査 これまでの記事