中学受験、学校選びで親が知っておきたいこと

inter-edu’s eye
ここ数年中学受験者数が増加の傾向にあります。昔に比べて「行きたい学校があるから中学受験をする」というご家庭よりも、「中学受験をすると決めていて、学校はこれから選んでいく」というご家庭の方が多いのではないでしょうか。そこで、中学受験専門塾を経営し、首都圏における私立の学校、中学受験を熟知されているスタジオキャンパス代表の矢野耕平さんに、中学受験での学校選びについてお話をうかがいました。

「わが子に合った学校選び」にこだわりすぎない

「わが子に合った学校選び」にこだわりすぎない

インターエデュ(以下、エデュ):わが子に合った学校選びをどうやっていけばよいか…と悩む親御さんの声をよく聞きます。

矢野耕平さん(以下、矢野さん):「わが子に合った学校ってどういうところですか?」と私もよく保護者に聞かれます。しかし、わが子に合っているかどうかという判断を、親御さんだけで決めて欲しくないなと思っています。子どもたちは、家庭での顔、学校や塾での顔をそれぞれ使い分けています。親御さんは家で見せる子どもの顔からその性格を判断し、学校を決めるようなところがあります。だからこそ、自分たちが考えているわが子って、果たして本当のわが子の姿なのかと、一回立ち止まって考えてみて欲しいと思います。

以前、「うちの子すごくおとなしくて、意見できないタイプなんです。そういう子に向いている学校はありますか?」と聞かれたことがありました。そういう学校は実際あるのですが、その学校に入れると余計マイナス面が強くなってしまう。だったら少々明るい学校に入れて、プレゼンテーション等の場で鍛え上げてくれる学校をあえてチョイスしてみる。たとえば、こんな選択の仕方も大事だと思います。

なので、そもそも「わが子に合っている」という考えは少々危険なのではないかと。そのことを、学校選びの前提として、頭に置いていただければと思います。

学校の種類から校風・特色から絞り込む

エデュ:数ある学校の中から選ぶのには、どう考えたらよいでしょうか?

矢野さん:学校は相当絞り込むことができるものです。一つは男女別学か共学、もう一つは進学校か付属校。たとえば、わが子には男子校の進学校がいいなと思ったら、それだけで結構学校が限定されてきます。

男女別学・共学の違い

まず、男女別学と共学ですが、共学は男子女子でわいわいと盛り上がれる良さがある一方で、異性に気を遣う雰囲気があると思います。一方、男女別学はお互いに異性の目を気にしなくてもよく、たとえば男子校では、鉄道が大好きでマニアックだと「お前凄いな」とまわりから認められますが、共学だと女子から「キモい」というような目で見られて、自制してしまうところがあります。女子校も同様に、異性の目を気にすることがありません。そうですね、たとえば女子学院の卒業生は「性別が消滅する」という表現をしていました。遠慮せずにスバズバ言い合うことができるので、人間同士として触れ合えます。

つまり、一人の人間対一人の人間として付き合えるのが別学の良さ。どんな子にもいいところがあって、そこを十分に輝かせられる環境が別学にはあると思います。

そのような環境で、人間対人間で付き合い、異性の目を気にしないで過ごした6年間の友だちというのは一生の友だちになります。40歳くらいになっても休日に中高の友だちと飲み会ばかり……というのは男女別学出身の方が多いですね。

大学付属校のメリット・デメリット

大学付属校については、中学、高校、大学と繋がっているので、その学校の持つ教育理念に基づいた息の長い教育が受けられるという良さがあります。また、高校の時から大学の授業を見せてもらえたり、大学の教授の出張講義が受けられたりする機会が多くあるというのもメリットですね。

それと、大学付属校はキャンパスが広々としているところが多いし、場合によっては大学の図書館が使えるなんてこともあります。全体的に施設・設備の点で充実しているところばかりです。加えて、受験勉強に追われないのでゆったり学問に打ち込めることもメリットですね。

一方で、小学6年生の時点で大学を決めることはないとも思っています。学校に入ってから医者になりたいと思い始めても、その先には医学部への道がないとなると非常に不利です。なので、付属校を選ぶ際は学部のことまで考えたほうがいいというような話は保護者にはしますが、正直小6のときに文系・理系の判断はできないとも思っています。文系だと思っていた子が大学受験の際には実は理系を選択するなんてことも多いので、文系・理系の判断を小6の時点で下して、付属校を選んでほしくないなという思いはあります。

宗教系の学校は安心

宗教系の学校においては、その宗教に対して敬虔でなければならないとか、そんなイメージがあるかもしれませんが、信者であることはほとんど問われません。

宗教が学校の考え方の軸になっているので、その軸をもって自分たちがやっていることが正しいのかどうかという判断をしていて、ちょっとやそっとでは変わらないし、ブレない。なので、宗教系の学校は安心感があると思います。

最近は、やれアクティブラーニングだとか、ICT教育、グローバル教育、STEM教育とか流行に乗っている学校が多くありますが、宗教をバックボーンにしている学校というのは泰然自若としていてあまりブレないという気はしています。

私は、教育を流行り廃りで語ってはいけないと思っています。人が人を教えるというのは変わるものではないと考えています。ICTもただの道具、グローバルも昔から言われていることですよね。今に始まったことではない。

一生の友だちが中学受験で得られる財産。その視点で学校選びを

学校風景

エデュ:学校選びでは、学校説明会や体育祭、文化祭などに行くことも欠かせないですが、どこを見たらよいかという質問も親御さんから多くあります。

矢野さん:文化祭などはあくまでよそ行きの場なので、下校風景を見ましょうと私はよく言います。その雰囲気から感じられることは絶対にあるはずです。どんな表情で学校を出て来るのか、楽しそうなのか、どうなのか。どんな友だち同士で一緒に帰っているんだろうとか、帰りに先生と会ったとき、どんな言葉を交わしているんだろうとか。そこに学校の姿が見え隠れしているような気がしますね。

私は「中学受験で得られる財産は、新しい友だち」だと子どもたちに伝えています。中高の多感な時期の6年間を一緒に過ごせること、一生の付き合いになるかもしれない出会いがあること。難関の入試を潜り抜ければ、それだけ一生懸命何かに集中できる子たちが学校にそろうのですから。そういう友人たちとずっとこれから先付き合っていけるというのは、中学受験の何よりの贈り物なんじゃないかなと思います。

「学校はあくまで器」という冷めた見方も大切。考え過ぎない方がいい

そんな視点で学校選びを考えていくと良いのではないでしょうか。学校はあくまで器。そこにどういうものを詰め込んでいくのかはお子さんが決めることであって、親御さんが学校に期待しすぎるのもどうかと。学校選びを深く考えすぎない方がかえって良いと思いますよ。

受からせてくれた学校が結局一番いい学校!

それともう一つ、私はよく、「受からせてくれた学校が結局お子さんにとって一番いい学校なんです」と言います。たくさんの合格をいただけるというのは素晴らしいことですが、結局通えるのは1校しかない。だから、受からせてくれた学校が一番いい学校だと思いましょうと、受験生や保護者の方に伝えています。

矢野耕平さん

矢野耕平(やのこうへい)さん
大手進学塾で13年間勤務の後、2007年に中学受験指導スタジオキャンパスを設立し、代表に就任。現在、東京・自由が丘と三田に2教場を構える。また、学童保育施設ABI‐STAで特別顧問を務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『男子御三家 麻布・開成・武蔵の真実』『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(ともに文春新書)、『旧名門校vs.新名門校』(SB新書)、『LINEで子どもがバカになる』(講談社+α新書)など。

矢野耕平さん・武川晋也 (たけがわ・しんや)さん共著
「早慶MARCHに入れる中学・高校 親が知らない受験の新常識」(朝日新聞出版)
中・高受験は激変に次ぐ激変。
高校受験を廃止する有力中高一貫校が相次ぎ、各校の実力と傾向が一変した。
人気大学も総難化時代だ。
親世代の昔の常識は通じなくなった。
しかし、「子どもを中堅大学に進学させたい。いや、できれば名門大学へ!」という保護者の願いは強くなるばかり。その要望に応える。
意外な利点がある「トク」な学校、
つらい受験生活から救ってくれる「ラク」なルートを大公開。
さらに、「トク」「ラク」の裏にある「リスク」を解説する。
子どもの進路の「羅針盤」となる一冊。

早慶MARCHに入れる中学・高校 親が知らない受験の新常識
[目次より]
【第一章】激変した受験の最新事情
【第二章】中学受験の「トク」「ラク」「リスク」
【第三章】高校受験の「トク」「ラク」「リスク」
【第四章】中学受験・高校入試、敗者のその後
【第五章】中学受験向きの子、高校受験向きの子の見分け方