入塾テストって何を準備すればいいの?【2020年度版】

| 1 | 2 |

inter-edu’s eye
中学受験を目指すお子さまの多くは、3年生の2月から塾通いが始まります。そのためにどのような情報を収集し何を準備したらよいのでしょうか。そこで今回は、入塾までの流れ、大手受験塾の入塾テストの日程、入塾テストの準備のポイント、さらに、おさらいしておきたい塾選びのポイントについて2020年の最新情報をお届けします。(※2019年11月6日の記事に修正・加筆

大手受験塾の入塾までの流れ

始めに、入塾までの基本の流れとおおよそのスケジュールを確認しておきましょう。

入塾までの基本の流れ

1. 中学受験塾の情報収集をする
(塾の合格実績だけでなく、通いやすさや校舎間の違いなども含めて、なるべく多くの情報を収集し塾選びの判断材料とする)
2. 説明会に参加する
(塾の指導方針や学習方法を知る)
3. 体験授業を受ける
(子どもが授業が楽しいと思えるか、雰囲気が合っているかを確認する)
4.入塾テスト
(入塾の可否を定め受講コースを決めるテスト。結果が渡されるため、子どもの今の学力を知ることができる)
5.面談・手続き
(受講コースや学習計画など個別の面談があった後、入塾手続き、入塾金の納入で入塾が確定する)

入塾までのおおよそのスケジュール

9月~12月:中学受験塾の情報収集
10月~12月:入塾テスト対策
10月~1月:入塾テスト・説明会・体験授業・入塾手続き
2月:授業スタート

中学受験塾の情報はWebで一通り得ることができますが、おすすめなのは同じ地域に住む中学受験の先輩ママに聞くことです。地域特有の塾事情があり、中学受験生が多いエリアでは新小4年生からでも入るのが大変という話も聞きます。校舎によって授業の進め方や雰囲気が異なることもありますので、できるだけ生の声を聞いて検討しましょう。

インターエデュの「塾・予備校・通信教育に関する掲示版」では、現在お子さまが通塾中の親御さんのリアルな声が聞けますので、ぜひ参考にしてみてください。

大手受験塾、新4年生向け入塾テストの日程と特徴

次に、首都圏の大手受験塾「SAPIX」「日能研」「四谷大塚」「早稲田アカデミー」の4塾の入塾テストの実施日、費用、テスト後の対応を見てみましょう。

※日程・内容が変更される場合がございます。必ず公式サイトでご確認をお願いします。

【SAPIX】

テスト実施日 新学年第1回入室テスト 2020年11月3日(火・祝)
試験教科・所要時間・費用・テスト後の対応 9月23日(水)よりSAPIXのWebサイトにて詳細案内

(参照元:SAPIX小学部 | 入室テストのお申し込み

【日能研】

テスト実施日 入会資格テストを随時開催(最寄りの日能研各校で申込み)
試験教科 算数・国語
費用 無料
テスト後の対応 基準に達した方には「入会資格」を発行

(参照元:日能研への通室をお考えの方へ | 中学受験-小学生のための中学受験塾。日能研

【四谷大塚】

テスト実施日 随時、四谷大塚Webサイトで発表
試験教科・所要時間 算数・国語(各30分)
費用 無料
テスト後の対応 入塾テストの結果を連絡。校舎スタッフが現在の学力と今後の学習について面談を実施。

(参照元:入塾テスト|入塾生募集|中学受験の四谷大塚

【早稲田アカデミー】

テスト実施日 希望日時を受験希望校舎に相談
試験教科・所要時間 校舎に要問合せ
費用 無料
テスト後の対応 テスト結果から学力に合ったクラスを紹介。また、希望により個別カウンセリングを実施。

(参照元:入塾について | 小学生 | 中学受験の進学塾・学習塾なら早稲田アカデミー