中学受験の過去問、いつから・どのように取り組めばいいの?

inter-edu’s eye
中学受験の過去問対策は、塾でしっかりやってくれるものだと思っている親御さんは多いようです。しかし実際は、過去問対策が個別対応のため、1問1問をていねいに解説してくれるという機会は少なく、教室や先生によっても対応はまちまちです。よって、親御さんが過去問の取り組み方についてしっかり理解しておく必要があります。中学受験専門プロ家庭教師の山本祐先生に、過去問対策について具体的なアドバイスをいただきました。

過去問は受験の1年前ごろ、早めに目を通しておくのが吉!

山本祐先生
プロ家庭教師: 山本祐先生

Q. 過去問に取り組む目的について教えてください。

中学の入試問題は、学校ごとに個性があり、6年生の2月の時点で、こういう問題が解ける段階に達している子に入学してほしいという、学校からのメッセージです。それに合わせて、私はこういう勉強をして準備してきましたと、受験生側としてはアピールする場となります。その問題が解けたら合格できるということで、目的がはっきりしていきますので、過去問は必ず研究すべきものなのです。

また、入試問題が合うということは、学校が入学してほしいと思っている生徒像に重なり、学校の校風が合うということなので、志望校選びにも役立ちます。学校選びに迷っているときや、甲乙つけがたいというときは、問題を見て選ぶという手もあります。

Q. いつから取り組んだらいいのでしょうか?

出版社から過去問がほぼほぼ出そろい、塾からもそろそろ過去問をやりましょう、という指示が出始めるのが8月の終わり頃なので、実際に問題を解くというのは秋以降になると思います。それまでは、普段の学習が塾のペースに追われていて、実際取り組む時間もないでしょうし、お子さま自身もまだ早いと思って、身構えてしまいがちです。

ですが、早めに目を通しておくことをおすすめします。塾のカリキュラムの進度にもよりますが、新6年生の2月ごろには、受験に必要な学習の範囲はほとんど終わっています。その段階で過去問に目を通し、できる問題があれば自信がつきます。できなかった問題は、残り1年間でできるようになればいいと目標がはっきりします。志望校の出題スタイルに合わせて、特に重点的にやった方がいいことも見えてきます。

親御さんもぜひ目を通してみてください。中学受験の算数は難しくて、見ても何もアドバイスできないと思ってしまいますが、問題の並びの特徴はつかめるでしょうし、国語・理科・社会に関しては、大人の経験値で理解できる内容も多いです。特に近年、家庭生活に結びつく問題が増えています。たとえば、野菜は植物のどの部分を食べているかについて、たまねぎに関する問題が過去問にあったことを、親子で知っていると、食事の時間に話題にできますし、一緒に受験に立ち向かっていく感じが出ます。

中学入試過去問対策

さらに、「2月にこの試験に挑まなければならないのね。」「こんな大変なことをやっているのね。」と違った角度からお子さまの受験へ取り組みを見ることができ、声かけも変わってくるでしょう。

早めに見ておくと、対策期間がもちろん長くなります。理科で写真の問題が多く出題される学校の場合、日ごろから図鑑を見る、実際のものに触れておくことが必要となってきますが、夏休み以降だとなかなか時間がとれません。たとえばGWに過去問をみておくと、夏休み中に対策ができます。

Q. どのように取り組んだらいいのでしょうか?

第1志望校の過去問に関しては、朝起きたときから受験当日と同じスケジュールで、国算社理を実際の入試の時間割通りに、休憩時間も同じようにとって、1日のシミュレーションをするとよいでしょう。気分的にも盛り上がりますし、本番を意識できるのでおすすめです。

そうはいっても、4科目をまとめて一気にやる時間をとるのはとても大変です。少なくとも1科目を、50分の枠として時間どおりに練習することが大切です。なるべく定期的に、何曜日に過去問をやろうという決まりがご家庭であるといいと思います。

志望順位が低い学校の過去問は、いつ手をつけたらいいのか分からずに受験を迎えてしまった…ということも多いので、しっかり予定に組み入れるようにしましょう。

また、塾での過去問への取り組み方は、教室、先生によってもかなり異なります。志望校対策に特化したコースなどは別ですが、過去問をやって提出したけれど、先生方も忙しいので、なかなか答案が返ってこないとか、質問に長い列を作って並ぶなどということもあります。塾での過去問対策は、過去問を行うペースメーカーの役割として役立てていく方がよいでしょう。

秋以降の学校説明会には、入試問題に関する“お得”情報も!

Q. 何年分やったらいいのでしょうか?

お子さまは過去問を何年分やったかはあまり意識しませんが、親御さんの方が焦るようです。買った過去問の本が5年分なのに、3年分しかできていないなか、他のご家庭は5年分やっていると聞くだけで不安になりがち。しかし、実際はそんなにできていないというのが実情です。焦らずに、できることを確実に行うことに目を向けて、対策を考えていきましょう。

御三家、慶應・早稲田系のような伝統校で、問題の作り方がほとんど同じような学校をはじめ、第1志望校については、過去問を10年分はやりたいと取り組む方も多いです。それが難しい方は少なくとも5年はやるとよいでしょう。何年か分をやると、同じポイントで出題されているというのが分かります。こういう観点で聞いてくるのだなというところをしっかり整理して本番につなげることが大事です。

近年、問題の傾向が変わってきている中堅の学校もありますが、学校の聞きたい方向性は変わっていないので、過去問をやっておくに越したことはありません。

志望順位が低い学校の過去問に関しても、最低限1、2年分はやっておきたいところです。もし時間を計ってやる余裕がないようでしたら、少なくとも目を通して、初めまして状態で本番をむかえることのないようにしておきましょう。

Q. 繰り返し過去問をやる必要はありますか?

繰り返しやっても、子どもは答えを覚えてしまいます。大切なのは、解けそうだったのに、解けなかった問題をピックアップしてもう一度やることです。手も足もでない難問をできる必要はありません。みんなが解けそうな問題や、自分が解けると思っていたのにできなかった問題をしっかり解けるようになれば、合格圏内に十分届くので、そこを重点的にやることが大切です。

受験勉強

そして、なぜできなかったかを振り返ることが大切です。知識が足りなかったのか、単純に計算間違えだったのか、問題文の見落としなのか、間違いにもいろいろ原因があります。正解の中にもラッキー正解もあります。あと何を埋めれば受かるのかというところに目を向けましょう。解きっぱなしで終わらせないこと、きちんと原因を追究することが大切です。

過去問に取り組む際、点数が悪かったりすると、特に親御さんががっかりしますが、点数に一喜一憂しないことが大切です。

平均点は学校によってまちまちであることを、知らない方が意外に多かったりします。学校によって平均点が高い、低いというのがあるので、必ずしも70点、80点取れなければということはありません。合格最低点や平均点の目安を知っておくことも重要です。学校のスタイルは点数にも表れます。

Q. 過去問はどこで手に入るのでしょうか?

書店で入手するのがオーソドックスです。そこで注意したい点は、書店で販売されている本の問題文は、実際の入試問題よりも行間などが詰まって編集されていることです。拡大コピーをしてもそれでも十分狭いほど詰まっています。算数は途中式を問題の近くに書く習慣がついていることもあり、実際の問題にはどれだけのスペースがあるかを知ることが大事です。また、学校によっては、ホチキス留めタイプや、折り込みタイプといった冊子の都合もあります。本番に動揺しないためにも、実物を知るというのは非常に重要です。実物を学校説明会で配布や販売する学校も多くありますので、実際受験生が本番で使った入試問題をぜひ手に入れましょう。

学校が用意している過去問には、1問1問に正答率が掲載されているなど、市販のものにはない情報が載っていることもあります。市販の過去問でも十分ですが、実物を知っていた、知らなかったというのが大きな違いになります。

秋以降に「入試問題に関しての説明会をします。」というアナウンスがある学校の説明会には必ず行きましょう。本番用の入試問題がある程度できていて、方向性が決まってからの説明会となるので、出題の仕方についてアナウンスをする学校もあります。 学校としては、志望順位の高いお子さまに入学してほしいため、きちんと足を運んでくれた親御さんにしっかり情報を伝えるという姿勢があります。秋以降は忙しくなりますが、春のうちに行っておいたからいいとは考えずに、情報を得る努力をしてほしいと思います。

Q. 最後に受験生のみなさまにメッセージをお願いします。

どの学校も必ずと言っていいほど説明会で、「一番の対策は過去問をやることです。」とアナウンスします。入試問題は、1年という長い時間をかけ、各教科の先生がたたきあって、時代の流れにあったものを練って作られます。その学校側の思いをくみ取っていただき、この学校へ行きたいという気持ちを、入試問題を通じて返してほしいと思います。

~編集部からのひとこと~

塾は入試問題をベースにテキストやカリキュラムを組んでいるので、塾の課題をしっかりこなしてもらうことが前提にあり、また塾にも志望校別のコースや特別講習もあります。従って、特に中堅校以下の過去問対策に関しては、各ご家庭での取り組みに任される部分が多くなります。それをよく知らずに、10月、11月になって慌てて家庭教師のところに駆け込むというケースも少なくないようです。しかも直前期ともなれば家庭教師も予約でいっぱいということも…。そんなお困りの親御さんたちのニーズを汲んで、いつでも過去問の解説を見られるように映像授業サービスを開始したのが、スタディ・タウンです。実際に学校で配布された入試問題をダウンロードできるサービスも人気とのこと。気になった方はぜひサイトを訪れてみてください。

山本祐

疑問にお答えいただいた先生:山本祐(やまもとゆう)さん
自身も中学受験を経験、麻布中学校・高等学校出身。20年以上の家庭教師としての指導経験を誇る。現在は家庭教師の一橋セイシン会、スタディ・タウンで中学受験専門プロ家庭講師として活躍されている。