【座談会】男子校のママたちが語る!(前編)〜男子校のスクールライフ〜

inter-edu’s eye

「男子校ってどんなところなんだろう…」母親にとって男子校は未知の領域ですね。そこで、立教池袋中学校、麻布中学校、駒場東邦高等学校、早稲田中学校の現役男子中高生のエデュママさん4名をお招きし、男子校に決めた理由、男子校に通わせて良かったこと、またお子さんの様子など、男子校に実際に行かせているからこそわかるお話を語っていただきました。その模様を前・後編の2回に分けて掲載します。
前編は男子校受験の動機や、男子校ならではのスクールライフを満喫している息子さんたちの話を中心にお届けします。

座談会の参加者

A

立教池袋中学校1年生のママAさん

B

麻布中学校3年生のママBさん

C

駒場東邦高等学校1年生のママCさん

D

早稲田中学校2年生のママDさん

1-1. 立教池袋に入学。おとなしい子が積極的に意見を言う子に

エデュナビ(以下:エデュ):はじめに息子さんが通っていらっしゃる学校について、お母さま方がどのような印象を持たれているのか、また入学する前と後で、学校の印象が変わった点などがあったら教えてください。

A 立教池袋中Aさん:まだ中1なので1学期しか過ごしていないのですが、学校が手厚いなと。男子校の先生だからなのか、子どもから親には学校のことが伝わらないということをよくわかっていらっしゃって、丁寧にいろんな報告があり、保護者会も毎月あるんです。保護者会が頻繁なのは1年生だけみたいですが。

また、PTA主催で中1の教育に携わっている先生方と保護者との立食の食事会があって、担任の先生以外に、音楽の先生のお話も聞けるなど、そういう機会が多く、先生との距離も近くて、学校がとても身近である印象を持ちました。

エデュ:お子さんはどんな様子で通われていますか?

A 立教池袋中Aさん:早生まれで、幼いタイプの子だったんですが、5月の宿泊行事の報告を先生からいただいた際に「意外に積極性が出ていますよ」と言われて。おとなしい子でしたが、その行事で班のリーダーになり、それをきっかけに6月、7月とクラスの中でも授業中に意見を言うなど積極性が少し出てきたようです。先生との面談では「2学期で学級委員どうですか」と言われるようになりました。

エデュ:お子さんの変化も見られて良かったですね。

1-2.麻布中に入って3年、精神的にも自立して急に大人になった

エデュ:Bさんのお子さんはいかがですか?

B 麻布中Bさん:学校がすごく自由だとわかっていたので覚悟はしていたんですが、入ってみると自由さが思った以上に度を越していました。最初の保護者会のときに先生から「多分これから息子さんたちは家に帰ってこないことがあるかと思いますが、2週間までは心配しないでください」って言われたくらいです。

うちの子は、小学生のときクラスに一人はいるお猿さんみたいなにぎやかな子で、そのノリのまま入学したんですが、入ってみると「なんか自分はちょっと地味みたい。ただのつまんない優等生になっちゃった」と言い出したんですよ。優等生は嫌みたいな雰囲気があるようです。先生にそのことをお話すると「お母さん安心してください、まったく優等生じゃありません!」って(笑)。

先生方は生徒自身がやりたいって言い出したことにはすごく手厚い。うちの子が数学のオリエンを受けたいと言ったら、「放課後やるから来い」みたいな感じで、毎日講座を開いてくれたりするんです。言わないと放置されるけど、言えば手厚くやってくれるようですね。

エデュ:お子さんは今中学3年生ということですが、この3年間でどんな変化が見られましたか?

B 麻布中Bさん:文化祭も体育祭も全部自分たちで考え行動しているせいか、自立しているなと思います。子どもと話していると、ときどき中3だということを忘れて、大人と話している感覚になるくらいです。急に大人になったなという感じがしますね。

1-3.熱望して入った駒場東邦。自分の活躍の場を見つけて過ごすように

エデュ:Cさんの息子さんはもう高校生ですが、学校生活はいかがですか?

C 駒場東邦高Cさん:駒場東邦は息子が熱望して入った学校なんです。自分で選んだ学校ということでやはり合っていたんだと思います。まわりがすごくよくできるお子さんがいっぱいで、うちは低空飛行なんですけど、それでも腐ることなく自分の活躍の場を見つけて過ごしているようで、良かったなと思います。

うちは授業参観もなくて、保護者会も1学期に2回、秋に学校面談があるくらいで、親が学校に行く機会があまりないんです。ですから学校の様子がわからず、子どもが学校のことをしゃべらないとなおさらわからない。なので、部活に保護者会があるんですが、その親同士でLINEやメールなどで情報のやり取りをしています。ある先輩ママの中には学校主催の講演会があることを6年間知らないままという方もいて、男子校のママっていうのは横のつながりがないときついのかなって思ったりしました。

でも、学校側も何もしてくれないというわけではなく、電話すれば親身に対応いただけるし、あと一番すごいと思ったのが、中2か中3のときに古典の追試を10回やったと先生がおっしゃってて…。

エデュ:10回ってすごいですね!

C 駒場東邦高Cさん:だから男子校の先生は根気強い、耐性ができている。男子の特性をわかった上でそういうふうにしてくださるんだろうなと思います。

エデュ:お子さんの様子はどうでしょうか。

C 駒場東邦高Cさん:中学、高校の6年間は長いなと思っていたんですが、あっという間に高校生になっちゃって。でも確実に成長しているなと感じます。うちも最初はお猿さんみたいな感じで、友だちとのトラブルもあったんですが、今では全くそういうことも聞かなくなりました。

あと、中高一貫ということで生徒がほぼ一緒なので、4年目となるとほぼ全員わかるようなんですよ。文化祭、体育祭というのは毎年積み重ねていくに従って、チーム力がついていくようですね。

1-4.早稲田中学に入って小学生の頃より明るくなった

エデュ:Dさんはいかがですか。

D 早稲田中Dさん:多分みなさんより学校に行く機会がないですね。保護者が年に2回のみで体育祭も見れない。なので、急に切り離された感がありました。授業参観もないので、子どもが学んでいる姿を一度も見たことがないんです。公立だったら学校公開とかもやってますけど、私立はそういうのはないのかな。

A 立教池袋中Aさん:授業参観うちもないかも。

D 早稲田中Dさん:見たいですよね、本当に学んでいるのかなと(笑)。あと、うちの子の学年は325人で入学したんですが、テストで300番以下だと赤点ということで三者面談があるらしいんです。

子ども自身は早稲田にほれ込んで入った子なんで、すごく満足していて、小学生のときとは違う積極性というか明るくなったなと思います。自分と似たような学力の子とか、もっと優秀な子に囲まれて楽しそうにやっていてそこは良かったかなと。ただ一方でサボることも覚えてしまって。

あとちょっと気になるのは部活をそんなに熱心に行ってないところですね。中高一貫に行かせた理由って部活にも打ち込めるというのがあったんですが…。ちょっと気になるところです。

2-1.自分のものは他人のもの!? 体操着が帰ってこないのが男子校!

エデュ:みなさんの学校の様子も聞けたので、少し踏み込んで男子校ならではのエピソードをお聞かせください。

A 立教池袋中Aさん:おもしろかったのが入学してから最初の保護者会のときに、先生が「後ろにお子さんたちのロッカーがあります」と言った瞬間、お母さんたちが全員ロッカーのところに走って、まず中身をチェックしていました。あと机の中も。そこを確認するところは小学校のときと変わらない(笑)。みなさん同じように心配していたんだなと思ってホッとしたりもしました。

C 駒場東邦高Cさん:男子校はプライバシーがあるようで全然ないところがある。うちは体操着の貸し借りを普通にしていて、持って帰るのがいつも違う子の体操着なんですよ! 又貸しなんかも普通にしちゃうみたいで「あなたの体操着は今どこ?」みたいな…。

B 麻布中Bさん:合宿に行くと、違う子の服がいっぱい入っているんですよ。しかもそれを普通に着てる(笑)。

D 早稲田中Dさん:教科書とかも勝手に借りちゃったりして、トラブルになったりもしてるようです。

A 立教池袋中Aさん:プリントやノートを貸して返ってこないことがあるから、しっかり名前を書いておいてくださいと言われましたが、男子は基本、名前を書かないですよね。

D 早稲田中Dさん:うちは名前が掘ってあってもなくしました! 入学祝いでいただいた3,000円くらいの名前入りの筆記具だったんですが。あと、シャーペンの芯がやたらなくなったりもします。おやつに食べちゃってるのかと思うくらい(笑)。みんなから使われているのか、どうしているのか…。

2-2.体育祭のチームは、卒業しても先輩・後輩の関係が続く!

エデュ:先輩との関係はどうでしょうか?

B 麻布中Bさん:息子は3つか4つくらい部活に入っていますが、体育会系の部活では先輩に対して、なんか変な敬語を使ったりして「〇〇先輩が赤点をお取りになったので練習はお休みします」とか。しかも先生に話すときはため口なのに、先輩にはそんな変な敬語を使ったりしていますね。LINEで連絡するときも必ず「失礼します」と書いてから話はじめるとか、独特のルールがあるようです。

C 駒場東邦Cさん:うちは体育祭のときに全校生徒が青、黄、白、赤の4色、4つのチームに分かれるんです。そのチームは6年間変わらないので中1で一番下のとき、高3で一番上の時でもそれぞれ上下に5年違いのチームメイトができる。その付き合いが一生続くみたいなんですね。赤組だった先輩が赤組のブースに来て応援してくれたりするんです。そうした縦のつながりっていうのが一生続いていくみたいで、とても大切にしているようですよ。

D 早稲田中Dさん:すごい。そういう伝統なんですね。

C 駒場東邦高Cさん:でも、中1のときは泣いて帰ってきたんですよ。普段は優しい高3の先輩が体育祭に近づくと竹刀持ってバンバンって感じでいきなり怖くなるんで。でも親身に相談に乗ってくれたり、体育祭前日にはチーム一人ひとりに「ここを直すともっと速くなるぞ」って、きれいな字とは言えないんですが、手書きでそんなアドバイスをくれたり。

なので、カラーごとの結束はとても強い。部活に入っていないお子さんでもそういう仲良くできる後輩、先輩ができるのはすごくいいなと思います。

A 立教池袋中Aさん:部活関係なくというのがとてもいいですね。

D 早稲田中Dさん:うちの場合、部活での上下関係はあるけどあまり厳しくはないですね。ただやはり先輩は怖いみたいですよ。でも中高一貫のいいところって、やはり中学生は高校生にいろいろ教えてもらえたりするところかなって。ただ運動会は運動場が狭いせいもあるんですが、中学校と高校は別なんですよ。保護者が見に行けないのも狭いからなんですが。だから上下のつながりというと部活がメインのようです。

B 麻布中Bさん:うちは今先輩に教わっているのが麻雀で(笑)、ほんとにいい加減にして欲しいんですけど。それも先輩の家に泊まりに行って、先輩のお父さんに習っている。

D 早稲田中Dさん:泊まりで!? じゃあ、お友だちが泊まりに来ることもあるんですか? 結構私立って通学範囲が広いじゃないですか。遠くの子のところにも行ったり来たりしてるんですか?

B 麻布中Bさん:うちは家が学校に近い方なんで、遠くから通われているお友だちが「泊めてくれ」みたいな感じで来るんです。泊まりに行ったり、来たり、そんなことを通していい意味で変な生き方を教わっているような感じですね。

3-1.女子の目を気にせずのびのびできる男子校の魅力

エデュ:ところでみなさんはなぜ男子校に決められたのでしょうか?

D 早稲田中Dさん:小学校中学年ぐらいから男女の差ってすごいあるなって。渋渋とかの共学も見たんですけど、ある男子校の先生とお話したときに「共学に行ってもいいけど、使いっぱしりになっちゃうよ」みたいなことをおっしゃられて、「なるほど」って思ったんです。また「男子校の6年間は楽しいよ」みたいなこともおっしゃっていて。子どもは、高学年になると男女の仲も悪くて「女は嫌だ」みたいなことになっていたので、良かったかなと。今はハッピーのようです。ただ高校生になると変わるかもしれませんが。

C 駒場東邦高Cさん:うちも同じような感じで、息子はすごい幼い方なんですけど、小学校のときクラス委員とかチームリーダーに手を挙げても結局女の子に負けちゃう。女の子は口が達者ですし。あと容姿のことでからかわれることもあったりして、本人も男子校に行きたいと言ったので。ただ主人は国公立の共学で育ってきた人なんで「女子のいない青春なんてありえない」と反対だったんですが(笑)

でも当人は、女子の目を気にせず、外観も髪がくちゃくちゃでも気にせずのびのびできるので気に入っているみたいです。

B 麻布中Bさん:学校見学の最後の方で渋幕に行ったときは女子がキラキラしていて、かわいい子もいて「共学いいな」とか言い始めたんですが、やっぱり塾とかで女子に「ちゃんとしなさいよ」とか言われるのが嫌になってたみたいです。最後まで渋幕と悩んでいたんですが、落ちたのでそれで男子校に行ったんですけど、結局今頃になって「共学行けば良かったな」って言っています。

D 早稲田中Dさん:思春期だ!

B 麻布中Bさん:女子とつながりたくて昔のLINEとか一生懸命ほじくり返してますよ。でも男子校に来て良かったのは大前提で、ちょっとふざけた感じで、女子もいいなと言っている感じです。

A 立教池袋中Aさん:うちはお姉ちゃんがいて、比較的強めな女子。息子はおとなしめなので、お姉ちゃんからは「共学だと存在感のない男子になるよ」とか言われていたりしたんです。とは言え、お姉ちゃんとは仲がいいところもあるので、別に共学でもいいと本人は言ってたんですが、私と主人がいろんな学校を見ているなかで、やはり男女の成長の過程が違うよという話は必ずされて。なので、最初から男子だけならそういうストレスもないかなと思ったんです。

3-2.思春期男子たちの女子との付き合い方は?

エデュ:先ほど、女子の存在も気になるようなお話もでましたが、女の子の話は出たりしますか?

B 麻布中Bさん:うちはもう女の子を追いかけ回したいくらいで。麻布の子は文化祭の時に、麻布生だとわかるよう金髪に染めたりする子もいて、そこで見学に来た女子のLINEをゲットしたりしている子もいるようです。うちの子も今年染めて、最近LINEでつながった女の子から勧められた本を読んだりしています。中学に入ってからはまったく本を読まなかったのに。

D 早稲田中Dさん:この夏、家族ぐるみで仲良くしている女の子と話したとき、女子と話すことにいきなり目覚めて、小学校時代の女の子の友だちと区民プールに行く約束をしていましたね。その子とは特に恋愛感情はないようなんですが。結局原宿に行って、豪雨予報が出たので、2時間くらいでお茶も飲まずに帰って来ちゃった。このまま成長して大丈夫かなとちょっと心配に。

B 麻布中Bさん:今、大人の男の人がいろいろ不祥事起こすでしょ。だから大人になって急に恋愛して変なパワハラとかセクハラとかするようになったら嫌だから、今のうちに少しでも失敗するのも大事かなって思ったりします。

男子校あるある話から思春期男子の話まで、お互いの学校の様子に驚いたり感心したり、笑ったりと話が尽きなかった前半。

後半はいよいよ受験時の塾との付き合い方、受験時期をどう乗り切ったかなど、最難関男子校受験の核心に迫っていきます!
後半は10月11日(金)公開です。お楽しみに!