中学受験はいつから対策する? 塾に通い始めるのは?

中学受験がはじめてというご家庭では、いつにどんなスタートを切ったらよいか、なかなかイメージがつかめないでしょう。
そこで、中学受験のための勉強や対策をいつから始めたら受験に間に合うのか、入塾のタイミングやその考え方についてまとめました。

塾に通い始めるタイミングは?

小学3年生2月からの入塾が多いのはなぜ?

インターエデュが中学受験生の保護者に行った独自調査「中学受験、塾に通い始めるのはいつから?」(2018年調査、回答数739名)では、「小学3年生の2月ごろ」が全体の約23%と最も多い結果となっています。それはなぜなのでしょうか。

首都圏の大手中学受験塾では、小学6年生の2月の入試に照準を合わせて学習カリキュラムが組まれています。そのため、新学年のスタートが2月となっています。

また、大手塾が入試問題を完全に網羅した対策を組めるようした結果、塾で学習する内容が膨大となり3年間のカリキュラムとなりました。

加えて、4年生の2月(新5年生)から学習の進度が早くなり量も増えます。大手塾では、3年生の2月(新4年生)からの1年間を「塾の学習スタイルに慣れる期間」に位置づけているということもあります。

こういった理由から、3年生の2月(新4年生)が中学受験対策のスタート時期となり、入塾のタイミングとなったのです。

5年生、6年生からの入塾では遅いの?

勉強する女の子

・入塾のタイミングを逃してしまった
・中学受験をしようと決意した時期が遅かった
・習い事を優先したい

これらの理由などで、3年生の2月から塾に通っていない、または通う予定のないご家庭もあるでしょう。前述の調査結果でも、全体の約25%が5年生、6年生で入塾しています。

入塾のタイミングが遅いかどうかは、お子さまとご家庭の状況、どの塾に通うかによって異なります。

たとえば5年生、6年生の段階で、大手塾への入塾を希望する場合です。
入塾テストに合格することが前提ですが、お子さまに基礎学力があり、家庭学習の習慣がついていて、保護者が勉強のサポートをできる環境であれば、大手塾でも十分やっていけるでしょう。

一方、お子さまが小学校のテストでも思うように点が取れない、保護者にて勉強のサポートが難しいというご家庭では、お子さまが大手塾の授業についていけず、中学受験へのモチベーションが下がることも考えられます。そもそも6年生からの入塾を認めていない塾もあるようです。その場合、個人塾や個別指導塾、家庭教師での受験対策を検討する必要があります。

つまり、前者であれば入塾に適切なタイミングとなり、後者であれば入塾のタイミングが遅かったということになります。

中学受験のための塾通いは、お子さまやご家庭の状況を踏まえたうえで、ご家庭ごとのベストなタイミングを考えることが大切です。