中学受験、複数回受験の「優遇措置」とは?

私立中高一貫校の入学試験は、御三家などの超難関校を除き複数回設けられています。しかし、2回、3回と日程が後ろになるにつれ倍率が上がる試験でもあります。複数回受けても合格の見込みは薄いのでしょうか。
実は、複数回受験には加点などの「優遇措置」があります。慎重に入試日程を組むことで、同じ学校へのチャレンジが可能となります。
優遇措置や複数回受験の対策について、過去問題集出版大手「声の教育社」の後藤和浩さんにアドバイスをいただきました。

複数回受験、合否に関わる4つの「優遇措置」とは?

同じ学校を複数回受ける受験生は、その学校に入りたいという強い意志があるということ。「熱望組」とも呼ばれます。そういった熱心な受験生を受け入れたいという想いから、「優遇措置」を設けている学校もあります。具体的に見ていきましょう。

合格ボーダーラインでの優遇

1回目で不合格だった受験生が2回目を受験した際に、点数が合格のボーダーラインに近く、そのボーダーラインに複数名いた場合、1回目を受けた受験生が優遇される措置です。

合格する実力があるにもかかわらず、1回目の試験で緊張してしまい力が発揮できないケースもよくあります。2回目を落ち着いて受験できれば、倍率が高くても優遇措置により合格のチャンスが広がります。

繰り上げ合格での優遇

一般的に入学手続きの段階で募集定員に満たない場合、繰り上げ合格があります。繰り上げは点数順に上から決めていきますが、繰り上げのボーダー付近に複数名いることもあります。その場合、入試を複数回受けた中で、学校が認める点数が取れていた受験生を優遇し合格を出す学校もあります。

加点による優遇

複数回受験をすることで、試験の点数に加点があることです。加点の優遇措置を公表している学校がある一方で、非公表の学校もあります。また、学校によって加点の方法は異なっています。入試説明会等で詳しい内容を発表する学校もあります。

声教チャンネル「【中学受験】早めに知っておきたい複数回受験①~優遇措置はすごい!」より
声教チャンネル「【中学受験】早めに知っておきたい複数回受験①~優遇措置はすごい!」(https://www.youtube.com/watch?v=sgSNJHDdEXk)より

良いとこどり

複数回受験した中から得点の高い結果で合計点を出し、合否を決めることです。
たとえば、1回目の試験で国語が60点、2回目が70点だとすると、2回目の点数が採用されます。

続いて、複数回受験の対策について見ていきましょう。