【中学受験】合格へ導く過去問対策、親がやるべきこととは?

中学受験では6年生の10月から本格的に過去問に取り組みます。ところが、中学受験塾では過去問対策に多くの時間を割きません。生徒それぞれ志望校が異なるので行うべき対策が異なるからです。つまり、過去問対策には親のフォローが必要不可欠なのです。
そこで、過去問対策において「親がやるべきこと」「親子でやるべきこと」について、準備・実践・メンタル面それぞれのポイントを算数教育家・中学受験専門カウンセラーの安浪京子先生にアドバイスをいただきました。

過去問対策:準備編

親がやるべきこと その1.過去問の入手

はじめに過去問の入手方法です。入手する際にも親が押さえておくべきポイントがあります。代表的な入手方法は3つです。

1. 過去問題集(※以下:赤本)を購入する
2. 学校で配布している入試問題をもらう、もしくは購入する
3. 四谷大塚のサイトでダウンロードする
※「赤本」とは学校別に入試問題を集めたものの通称

しかし、3つのいずれかの方法で過去問が入手できていればよい、というものではありません。それぞれに入手の目的が異なるからです。注意点も合わせて見ていきましょう。

1.「赤本を購入する」について

赤本には過去数年間分の全科目の問題・解答用紙・解説、過去の入試結果表(掲載のない学校もあり)・学校情報が含まれています。受験校の入試傾向をつかみ、対策をするための必要な情報がそろっています。
赤本は売り切れたら増版がないので、10月の時点で手元になければすぐに入手しましょう。また、必ず最新版を購入するようにします。学校や受験に関する情報が更新されていたり、直近年度で出題傾向に変化がある可能性もあるからです。

2.「学校で配布している入試問題をもらう、もしくは購入する」について

入試問題は学校によって、文字の大きさ、フォント、紙のサイズ、解答欄のレイアウトなどが異なります。赤本で解いて点数が取れても、実際の入試に使われた問題用紙で解くと様子が違って点が取れないということもあります。必ず本物の入試問題を最低1年分は入手しましょう。

3. 「四谷大塚のサイトでダウンロードする」について

本物の入試問題と解答用紙をPDF化してあり、誰でも無料でダウンロードできます。入手の時間短縮がメリットではありますが、解答はあっても解説はないので、あくまで①や②で過去問を入手した上で補助的に利用するようにしましょう。
また、実際のサイズまではわからないため、問題を解く際は、プリントアウトしてから「2.」で入手した実物のサイズを参照して拡大しましょう。