最終更新:

1
Comment

【2870064】2科受験者の方が多い場合

投稿者: 5年母   (ID:mdflnAnhyvo) 投稿日時:2013年 02月 20日 14:44

2月1日の2科4科受験について

学校説明会では
「2科と4科で受験生の多い方(例年は4科)に実質倍率をかけた人数をまず合格とする。
合格とならなかった4科受験生と2科受験生の国語算数のみで順位をつけ、
残りの合格者を出す。」
という説明でした。

今年は2科受験生の数が4科にかなり近づいており、
来年は逆転して2科の方が多くなる可能性もあります。

その場合、
「2科と4科で受験生の多い方(2科)に実質倍率をかけた人数をまず合格とする。」
は良いのですが
合格とならなかった2科受験生と4科受験生を公平に並べるためには
国語算数のみで比較することになり、
結局全員が2科で受けた状態になりませんか?

私が何か勘違いしているのでしょうか?

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【3261079】 投稿者: 4科<2科  (ID:jNC6d79u/Ss) 投稿日時:2014年 01月 29日 08:23

    昨夜1月28日の志願者速報を見ると
    2月1日の選択は
    4科69名、2科95名でした。
    今年からは、実際に2科受験の方が多い訳ですね。

    どこにも明記してないので、知らない方も多いかもしれませんが、
    昨年秋の説明会では口頭で
    「2科4科の多い方からではなく、まず4科から、全体実質倍率で割った人数を合格とする。
    その後、全受験生の国語算数の点のみで、残りの合格者をとる」ということでした。

    2科の割合が年々増えてきたからかもしれませんね。

あわせてチェックしたい関連掲示板