最終更新:

2
Comment

【6422048】ピアノ教室の選び方について

投稿者: ピアノママ   (ID:kq9jDp2fpvA) 投稿日時:2021年 07月 22日 23:27

小学生の我が子がヤマハでピアノを習い始め、数ヶ月です。
先生は明るくてきちんと教えてくれる方です。が、ヤマハの音感を重視するという方針のせいか、進み方が遅いように思えてきました。
うちの子は曲の合格が早い方らしいのですが、学校のお友達の様子を聞くとやはり、個人のお教室の方が早く上達というか、難しい曲にとりかかれるようで、ヤマハをやめようかと思い、他を体験をし始めました。

1つは、大人子供合わせて60人前後も生徒さんがいるお教室。月謝はその地域の平均かやや高い位。生徒さんが多いということは良いお教室だろうと思い、そこにほぼ入るつもりでいたのですが、ピアノのスズキメソードの存在を知り、近々体験します。
カリキュラムが良さそうですが、実際に通われていた方のご意見を伺いたいです。
葉加瀬太郎さんは、スズキのバイオリンの方に通われていたようです。

もう1つは、ピティナの指導者賞に20回近く選ばれている先生のお教室を見つけたのですが、指導力があるということなのでしょうか
?金子勝子さんや、かてぃんのお母様(角野さん)はさすがに素晴らしいと思うのですが、その他の先生は実際どうなのでしょうか?

先生との相性や自宅での練習が大事なことは認識しておりますので、上記について何かご存知の方、お教え頂ければと思います。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

  1. 【6422341】 投稿者: スズキメソードのピアノ  (ID:c4bARfK9vlg) 投稿日時:2021年 07月 23日 10:19

    スズキメソードは、教本があるので、それに沿って進みます。早い子はものすごいスピードで進みます。そして、先生によってとても早く進ませる先生もいます。もちろん早く進ませるだけでなく教え方がうまい。

    年に一度検定(卒業課程)のようなシステムがあり、通常1,2年に1度演奏を録音して本部に届けます。早い子は1年に2,3級受ける子も。落とすシステムではないのですが、録音で最高の演奏を提出するために、発表会とはまた違った緊張感があります。
    譜読みもあまり重視しません。お手本を何度も聞いて耳から感覚を掴みます。音大を出た先生ならば少し視野が広いかもしれませんが、スズキメソードオンリーで育った先生は、スズキの考え方が中心になるので、それを受け入れられるか、というところもポイントかと思います。

    進みについては、ヤマハでもどこでも早い子(先生)は早いし遅い子は遅いのではと思っています。先生に注意されたこと(かつそれ以上)を次の週までにどれだけものにするかですよね。個人的には耳から、というのは今の時代当然だと思っています。スズキメソードもネイティブの言葉を覚えるのと同じように、というコンセプトが始まりです。

    いろいろ書こうと思いましたが、通常であれば、発表会に行ってみることをお勧めします。何歳くらいの子がどんな曲をやっていて、どんな弾き方をするのかが分かります。教本以外の曲をやっているかなども。昨年発表会を中止したところも今年はやり始めているかもしれませんね。

    曲の進み方を、一番に考えるのも一つの考え方ですが、ピアノを習う目的についてもう一度確認し、何を重視するかを、明確にするとお教室を比べた時はっきりするのではないでしょうか?

  2. 【6422354】 投稿者: バラード  (ID:svBmAWKLHeE) 投稿日時:2021年 07月 23日 10:27

    ヤマハはじめ大手楽器店のピアノ教室ってほんとにいっぱいあって様々だと思います。

    個人レッスンならば、どこの教室も一律指導はないのではと思いますが。
    個人的には、教室よりも先生との相性とか信頼関係、好みかな。
    先生の指導方針よく聞いて、その先どうなるか、またその先は??
    親子では、こういう希望、こういう順にこういうピアノ弾けるように。
    なんていうコミュニケーションではと思います。

    教室探しというより先生探しが大事と思います。

    全く個人的ですが、自分だったら、まず先生の耳が一番。
    自分の生徒が多く実績出したり、すごく上達してるならベテランの先生。
    先生の演奏がうまい、、なら、かなり先生流の弾き方指導なのかも。
    ピアノだけでなく音楽観、楽典の基礎や作曲家のこと、クラシックだけでなくピアノだけてなく、いろんな音楽知ってる先生いいですね。

    耳が一番、というのは何より生徒の演奏、音、音の出し方よく聴いていただいていること、次に改善すべきこと提示してくれること、場合によっては部分でも先生がお手本示してくれること、、ですね。

あわせてチェックしたい関連掲示板