私立と公立の決定的な違い!? 教科書で比べてみた!

inter-edu’s eye
私立中高一貫校は授業進度が早く、高校生になると、授業時間が大学受験対策に多く割かれる―。
公立との違いとして、多くの方が感じている点でしょう。
それは使われる教材の違いもあるからです。
そこで今回は、「教科書」に焦点をあてて、私立と公立の違いを調べてみました。

教科書の違いで見えた! 私立・公立の受験対策

教科書の違いで見えた! 私立・公立の受験対策

文部科学省の「教科書Q&A」によると、教科書発行者は、学習指導要領等をもとに作成し、まず文部科学大臣に検定申請をします。申請された図書は、教科用図書検定調査審議会に諮問され、文部科学大臣は、審議会の答申に基づき検定の合否を決定するという流れです。

また、現在発行されている全教科書の90%以上が、文部科学省検定済教科書ということです。
では、その後の教科書選定の流れと、「教科書」という視点から見た、それぞれの特徴について見てみましょう。

私立中高一貫校の場合は?

都内の私立中高一貫校の先生に、教科書選定の流れを聞いてみました。
「各教科の先生が自由に選ぶことができます。学校の教育方針や生徒にあった教材を選定し、会議で話し合われ、校長が最終判断をします。」とのこと。

その強みとして、中学生のうちから高校で習う範囲の学習が可能であり、例えば高校2年生の段階で、高校3年間の内容を終わらせて、高校3年生の授業を演習や志望校対策に使うなど、自由にカリキュラムを組めることが挙げられます。

公立中学・高校の場合は?

学校の設置者である都道府県や市町村の教育委員会が、どの教科書を使用するか調査研究を行い、その地域、学校に最もふさわしい教科書を採択します。
高校では、教科書の採択方法について法令上具体的な定めはなく、所管の教育委員会が、各学校の実態に即して採択を行っているので、各高校で使う教科書が異なります

そのため、中学校の教科書範囲からしか出題されない公立高校受験に関しては、志望校別の対策をする必要がありません

教科書の違いで、特に学び方が異なる教科は?

教科書の違いで見えた! 私立・公立の受験対策

英語

東京都を例に挙げると、公立中学は、東京書籍の「NEW HORIZON」と三省堂の「NEW CROWN」がほとんどのようです。
一方、私立中高一貫の進学校は、検定外教科書のZ会の「NEW TREASURE」とエデック社の「PROGRESS IN ENGLISH21」のどちらかを使っているケースがほとんど。

「検定教科書」と「NEW TREASURE」を比較すると、「検定教科書」は中学3年間で約1,300語ですが、「NEW TREASURE」は約3,300語。 高校で学ぶ文法も含まれるので、そのボリュームは2倍以上です。
そのため、私立校に入学すると、英語の進度の速さと圧倒的なボリュームに苦戦する生徒が多いようです。

掲示板「英語が全くできません」で、対策についても話し合われています。

数学

公立中学では、数学の教科書は、地域によって異なるようです。
私立では、数研出版が中高一貫校用に編集した検定外教科書の「体系数学」を採用しているところが多く、公立中学3年間の範囲を、ほぼ中学1年生の1年間で終了するペースの学校もあります。
英語同様早いスピードで難しい内容を学びますので、理数系の進路をお考えのお子さまは力がつくでしょう。

こちらも掲示板「体系数学」で採用学校が多いこと、学習教材のことも書かれていますので、ぜひご参考にしてください。

東大生が語る!教科書の重要性

東大生が語る!教科書の重要性

大学受験を目指す学習は、塾の教材や参考書の方が、効率がいいと感じるお子さまも多いでしょう。
しかし、現役の東大生は教科書の重要性について、以下のように話していたので最後にご紹介します。

『私の場合、学校では興味のある授業だけ聞いて、定期試験は一夜漬けでした。数時間で対策できるものを、授業で3週にも渡ってやるのは非効率だと思っていました。

でも東大受験が近づいてきた高校3年生の頃に、実は“学校の教科書で授業を受けるのは効率がいい”ことに気づきました。
先生が教科書をもとに、重要点を強調して教えたり、教科書には分かりやすい図が入っているので、視覚・聴覚を使います。効率は悪いかもしれませんが、頭の残り方が全然違います
学校がしっかり選んでくれた教科書で授業を受けることは、とても重要だと思います。
(久留米大学附設中学校・高等学校卒、N.Hさん)

(※N.Hさんのインタビュー記事は、後日『連載 東大京大生が育つまで』にて公開いたします。)

ココがポイント!

子どもが中学生、高校生ともなると、教科書を見る機会も少なくなると思いますが、どんな教科書なのか知ることで、今必要とされている知識や、昔と学び方の違いなど、発見も多いと思います。
教科書の重要性、親子で今一度確認してみてはいかがでしょうか?