中学受験、スケジュール管理が合否を分ける!?

inter-edu’s eye
中学受験勉強がいざスタートすると、やるべきことができずに1日が終わってしまった…。塾通いだけで精一杯の毎日…。そのような声が聞こえてきます。中学受験を目指している親御さんの中には、スケジュール管理の大切さを感じながらも、うまくいかないと感じている方もいるでしょうし、これから中学受験を考える親御さんは、中学受験が始まる前にどのような受験生活になるのかイメージしておきたいのではないでしょうか。
そこで、中学受験におけるスケジュール管理がなぜ大切なのかを確認し、管理のポイントとコツをまとめました。

スケジュール管理はなぜ大切なの?

スケジュール管理はなぜ大切?

中学受験は「親の受験」と言われるぐらい親のサポートが必要で、心身ともに未発達なお子さまが1人で挑むには大変高い壁です。
そのサポートの中で大切となってくるのは「スケジュール管理」。ではなぜ大切なのでしょうか。

限られた時間の中で、効率のよい学習と取捨選択が必要なため

中学受験のための学習量は膨大です。そのため大手集団塾では6年生の1月と2月入試に照準を合わせた独自のカリキュラムを組んでいます。5年生になると急に進度が速くなり、6年生に向けて徐々に学習量が増えていくこともあり、塾のカリキュラムに沿って学習を進めることは、容易ではありません。

上位校を目指すご家庭では、ある一定の学習量が必要になってくるので、限られた家庭学習時間の中で効率よく学習を進めていく必要があります。

上位校以外を目指すご家庭では、お子さまの実力や目指す志望校に応じて、やるべきこととやらなくてもいいことを取捨選択していくことが大切です。できないことだらけになってしまうと、受験へのモチベーションにも影響してしまいます。

さらに6年生となると、志望校対策が始まり、模擬試験等で土日も中学受験一色となり、受験の天王山と言われる夏休み以降はさらに過密スケジュールとなります。一つひとつ確実にこなしていけるような計画が必要です。

    

睡眠時間の確保と体調管理のため

中学受験勉強がスタートすると、忙しい日々は入試まで続きます。長期戦となる中学受験において体調管理はとても重要です。睡眠時間を確保し、ストレス解消や適度な運動を行う時間も確保しながら、生活スケジュールを調整していくことが大切です。

お子さまが安心して受験に臨めるようにするため

併願校の組み方や入試日程の調整、願書の入手から出願手続き、合格後の入金といった入試そのものの管理は、お子さまが安心して受験に臨めるように、親がしっかり管理した方がよいでしょう。あやふやなところがないようにしっかり情報収集して計画を立てていきたいところです。

スケジュール管理が、中学受験を目指す親御さんのプレッシャーともなってしまう内容ですが、どうして大切なのかを具体的に知っておくと、慌てることが少なくなるでしょう。

その上で、どのようなスケジュール管理をしたらよいかを整理し、お子さまやご家庭の状況に合わせて考えていくことが大切なのです。

中学受験を成功させるスケジュール管理のポイント

ではどのようなスケジュール管理があるのか、具体的に見ていきましょう。
管理するスケジュールの種類は大きく4つに分けられます。

1.  1日のタイムスケジュール

【項目】起床、朝学習、登校時間、帰宅時間、塾、食事、家庭学習、お風呂、休憩、就寝 等

【ポイント】
学習時間を確保することから考えがちですが、まずは睡眠時間をしっかり取ることを念頭においてスケジュールを立てることが大切です。子どもの睡眠不足は心身の発達にも影響しますし、寝不足で効率が落ちては元も子もありません。
その上で、決まっている登下校の時間と、食事等の生活時間を入れ、残りの時間を学習のために有効活用できるようなタイムスケジュールがよいでしょう。

そして、まだまだ遊びたい盛りのお子さま。息抜きの時間を確保することも、受験勉強を長続きさせるにはとても大切なポイントです。

また学校の宿題をいつやるかも重要です。短時間で行うにはどうしたらよいか考えていきましょう。

2.  週の学習計画

【項目】塾のカリキュラムに合わせた復習、塾がない日の学習内容 等

【ポイント】
塾がある日は、1日がめいっぱいのスケジュールとなり、復習まで手が回らなくなってしまいがちですが、できるだけその日のうちに、分からなかったところだけでもピックアップしおきたいところ。そうすることで課題が見えてきますし、塾がない日に何を優先で学習するか計画を立てやすくなります。

3.  年間スケジュール

【項目】テスト・模試・保護者会・夏期講習・冬期講習など塾関係、学校・家庭のイベントや行事、志望校の学校説明会や体育祭・文化祭など学校訪問の予定 等

【ポイント】
塾での学年の始めに年間予定が分かりますので、学校のイベントを入れて、これをベースに予定を組んでいきましょう。

志望校選びのための学校訪問は、できれば忙しくなる6年生になる前、4・5年生のうちにできるだけたくさんの学校をまわっておきたいものです。それは、訪問の回数を重ねると、学校を見る目が養われますし、受験する学校であれば2度3度と訪れたほうが、いろいろな角度から雰囲気をつかむことができるためです。
詳しくは「中学受験、学校説明会での見極めポイントとは?」を参考にしてください。

このような優先順位で予定を組んでいくと、家族でレジャーや旅行に出かけられる日が限られてくることが分かります。ですが、「小学生でしか味わえない体験や思い出を作りたい」という思いもぜひ大切にしてください。
夏期講習・冬季講習を全部受ける必要があるのかどうかを含めて、よく見極めて調整していきましょう。

4.  入試前後のスケジュール

【項目】併願校の組み方、願書提出、合格後から入学までの日程、入学金 等

【ポイント】
お子さまが受験に集中できるよう、入試に関する情報収集や調整等は親御さんの役目となります。複数校受けるご家庭は、学校別に願書の提出期限や、当日の動きなどを一覧表にしておくとよいでしょう。

合格発表後も気が抜けません。入学金振り込みや、学校側が入学の意思を確認する意味もあって、基本的に入学者全員出席の「必ず学校へ行く日」があります。制服採寸など、入学前の準備の予定もありますので、しっかり日程に入れておきましょう。

中学受験スケジュール作成・管理のコツは?

中学受験のスケジュール作成・管理のコツ

このようにスケジュールごとのポイントを見ると、4. 入試日程を含めてすべて親がスケジュールの作成から管理までやったほうがいいのでは?と思うほど大変であることが分かります。

しかし、どんなに素晴らしい計画でも、達成のために親が一方的に守らせようとすると、お子さまはやらされ感が強くなり、受験への意欲を失いかねません。

スケジュール作成では、大枠を親御さんが決め、お子さまが自分で判断し決めていく部分を残しましょう。スケジュール管理については、「ここは少し無理があったようだね、どうしてかな?」と疑問を投げかけ、お子さまが自分で考えて「立て直し」ができるような声掛けがベストです。

そして、この計画の「立て直し」がとても重要となってきます。

小学生ですから、今日は気分がのらない、勉強したくないという日もあるでしょうし、ついつい遊ぶことに熱中して学習時間が取れなかった…、というようなことは往々にしてあるでしょう。「スケジュール自体あってもないようなものだ」と憤りを感じても、「立て直し」を繰り返すうちに、自分なりのペースをつかむときがくるはずです。

プロ家庭教師である西村先生は、スケジュール管理のポイントについて、以下のようにアドバイスしています。

ひとつめは「逆算すること」です。「水曜日は漢字テスト」「今月の第2土曜日にクラス分けテスト」など、確定している予定を把握し、「いつまでに」「何をやるべきか」を考えて、スケジュールを組み立ててください。
ふたつめは「子ども自身に考えさせること」です。「月曜日は漢字の練習をしなさい」とお子さまに指示を出すのではなく、「月曜日は何を勉強すればいいと思う?」と声をかけ、お子さま自身が計画を立てるように促してください。

(エデュまがアーカイブ「中学受験を成功に導くスケジュール管理」より)

こうして自己管理ができるようになれば占めたものです。

そして、4年生の塾通いは、学習習慣を身につけ塾に慣れる1年間でもあるので、この時期にスケジュール管理のコツを親子ともに体得しておくとよいでしょう。5年生、6年生での塾のスピードと宿題の量がアップしたとき、どう対処したらよいか考えられるようになります。

小学生のうちに、目標達成に向けて計画を立て、さらに管理できる力を身につければ、先々も活かすことができますよ!