2020年中学入試結果分析 中堅男子校で受験者数が増加

inter-edu’s eye
各中学受験塾が毎年開催している中学入試報告会が、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、Web配信や資料配布に振り替えられました。そうした事情により入試情報が入手しづらくなっています。そこで、森上教育研究所主催の「2020年首都圏中学入試の結果と分析セミナー」での講演内容を踏まえ、今年の受験者数や問題の各教科の出題傾向をまとめました。こちらもぜひ参考にしてみてください。

中学受験者数は増加の一途、受験比率も上昇中

森上教育研究所では毎年、2月1日の一都三県の受験者数を指標として、その年の受験状況を分析しています。同所作成の「2月1日私立中学受験者数の推移、募集定員及び受験比率」によると、昨年の受験者数39,959人に対し今年は41,271人、前年対比103.3%という結果でした。また、受験者数は2015年以降5年連続で上昇しています。

2月1日私立中学受験者数の推移、募集定員及び受験比率

表01

参照元:森上教育研究所「私立中学受験状況 26年間の推移」

続いて「2月1日私立中学受験者数・公立小卒者(1都3県)前年比」を見てみましょう。小6人口が前年対比101.1%と微増ですが、受験者数に関しては前年対比103.3%。一都三県における受験比率は上がっていることがわかります。

2月1日私立中学受験者数・公立小卒者(1都3県)前年比

表01

参照元:森上教育研究所「私立中学受験状況 26年間の推移」

受験比率が上がっている理由はさまざまありますが、大学受験に対する不安も理由の一つです。それは進学先が担保される大学付属校人気にも表れています。また、変化の激しい時代を生き抜くための人間教育として、私学の教育に魅力を感じていることもあるでしょう。さらには、子どもがいる世帯の人口が増加しているエリアで中学受験熱が高まっていることも理由の一つです。

2021年もこの傾向は続くとは思われますが、過去においては経済不況、震災が受験に影響しました。2021年は新型コロナウイルスの影響も少なからずあるかもしれません。

受験倍率が増えた注目の学校

算数1科入試で入試が変わる!?

今年の入試で注目すべきは、昨年に引き続き「算数1科入試」です。2020年中学受験の入試動向 男子校・女子校・共学校で取り上げた「算数1科」導入校の入試結果を見てみましょう。

巣鴨中学校と世田谷学園中学校の算数1科入試は、巣鴨が昨年の受験者476名に対し、今年701名と225名の増、世田谷学園は昨年395名に対し、今年504名と109名の増。この2校が爆発的な人気を集めています。

算数1科入試を早くから導入していた学校でも、受験者数は好調です。攻玉社中学校の受験者数は161名、高輪中学校は262名、鎌倉学園中学校は207名という結果でした。

男子校が算数1科入試をけん引していると言えますが、その影響は女子校にも及んでいます。今年初めて算数1科を導入した湘南白百合学園中学校では受験者数が140名、田園調布学園中等部は339名、富士見中学校は143名という結果でした。以前から導入している、品川女子学院中学校も241名、普連土学園も261名も受験者数を集めています。

2021年も引き続き算数1科の導入校は増えると予想されます。

中堅男子校で受験者数が増加

巣鴨、世田谷学園は一般入試でも昨年より受験者数を伸ばしています。2校は中堅男子校であり、同じ偏差値帯の学校にも同じ傾向が見られるのではないかと予測し、四谷大塚偏差値50以上59以下の中堅男子校の一般入試、第1回目の昨年と今年の受験者数を調べました。

四谷大塚偏差値50以上59以下、一般入試第一回の男子校

学校名 四谷大塚2020
合不合判定テスト
(第6回)
80偏差値
一般入試
・第1回入試日
2020年
受験者数
2019年
受験者数
増減
逗子開成 58 2/1 450 486 -36
桐朋 57 2/1 366 354 12
鎌倉学園 56 2/1 207 260 -53
攻玉社 56 2/1 出願者数
453
出願者数
383
出願者数
70
國學院久我山(男子) 50 2/1 201 164 37
59 2/1 432 500 -68
城北 56 2/1 410 341 69
巣鴨 55 2/1 391 240 151
世田谷学園 55 2/1 316 223 93
成城 50 2/1 413 370 43
高輪 50 2/1 322 262 60
明治大学付属中野 59 2/2 出願者数
1001
出願者数
1139
出願者数
-138
立教池袋 59 2/2 343 293 50
学習院 56 2/2 421 344 77
暁星 55 2/2 出願者数
258
出願者数
328
出願者数
-70
芝浦工業大学附属 52 2/1 428 331 97

インターエデュ調べ

※2020年の受験者数を公式サイトでまだ公開していない攻玉社、明治大学付属中野、暁星は出願者数を参照。

※偏差値データ参照元:四谷大塚2020合不合判定テスト(第6回)80偏差値男子1月~2/1四谷大塚2020合不合判定テスト(第6回)80偏差値男子2/2~

昨年に対し今年受験者数(出願者数)が減少した学校は、神奈川県の逗子開成、鎌倉学園、偏差値帯としては上位に位置する芝、明治大学付属中野、今年入試日程を2月3日から2月2日に変え、募集定員を75名から65名に変更した暁星です。それ以外の上記表の学校は受験者数が増加しています。増加の理由としては、男子の親により強い安全志向が働いていること、女子がいない環境でのびのびと男子を育てることができるということが、広く認知されてきたからと思われます。

中学入試問題はより「考えさせる」傾向に

「2020年首都圏中学入試の結果と分析セミナー」では、算数と国語の出題傾向、理科と社会で求められる力として、次のようなことが伝えられました。

【出題傾向】

《算数》

・単元では、「割合と比」の出題する学校が目立った
・立体問題のバリエーションが増えつつある
・全体的に作業量が増加する傾向にある
・知識をベースに考えさせる問題が増える傾向になる

《国語》

・問題文のテーマとして、「他者や大人」に関するものが多くなってきている
・大人の恋愛、離婚、夫婦間の葛藤なども取り上げられている
・「弱者・病人・障害者」のテーマも今後増えていくと思われる
・自分で考える、想像する、発想する問題が増える傾向に
・科目横断的な問題も見られた

算数・国語ともに共通するのは、「考えさせる問題が増える傾向にある」ということ。今盛んに「思考力」と言われる中で、中学入試もその傾向が強くなってきていると言えます。

【求められる力】

《理科》

・身近な現象や小学校の教科書に載っていることを理解しておく
・基礎的な力を身に付けた上で、それをベースに、データを読み取る力、そして思考力を身に付ける
・さらに時事にも目を向けること

《社会》

・基礎学力を踏まえた応用力を問う問題が増加し、問題文が長文化する傾向にある
・語彙力、国語力(読解力)が求められる
・時事問題に関しては、大問まるごと時事問題という学校も増加
・秋以降に起こった時事についても出題された

理科・社会は基礎知識をベースに、関連知識を絡めて考え、答えを導き出す応用力や、長文を読んで理解する国語力が求められています。

たとえば理科では、麻布中学校では、お菓子を作る工程を科学的な知識をもとに考えていく問題、栄光学園中学校では、スパゲティを用いた実験結果が問題文として出され、それをもとに考察させる問題、聖光学院では、リニアモーターカーの仕組みに関する問題が出題されています。(「【解答速報2020】2020年中学受験のおもしろ問題〜麻布、栄光、聖光の理科」より)

社会では、開成中学校では、2019年8月にお台場海浜公園にて開催されたオープンウォータースイミング大会での「トイレ臭」に関する問題、駒場東邦中学校では、ダイバシティ時代に必要な他文化への理解に関する問題、渋谷教育学園渋谷中学校では、新聞配達で取り入れられた新サービスに関する問題と、単なる時事問題ではなく、社会的な背景を踏まえ、考え抜いて答えを導き出すという問題でした。(「【解答速報2020】社会の問題・課題への関心が問われる 難関中学社会の入試問題」より)

また、入試問題は多くの学校で夏休みに作られるため、時事問題の出題範囲もその頃まで、いうことが言われてきました。しかし2020年の入試では、12月4日にアフガニスタンで銃撃され亡くなられた中村哲さんを取り上げた学校がありました。時事は入試のために勉強するのではなく、常に関心を持ってほしいという学校側からのメッセージであるようにも感じます。

中学受験は、大枠は変わりませんが、世の中の動向とも密接に連動し、少しずつ変化しています。親御さん世代の受験の様相とかなり異なっていることでしょう。こういった情報から得られる中学受験の知識は、志望校選びにも役立ちますので、ぜひ積極的に情報収集してみてください。


エデュナビ新着記事