わが子にも思春期を楽しく過ごしてほしい! 中学受験を決めたきっかけ【塾ママブログ】

こんにちは! 初めまして。大手塾Nに通う6年生女子の母レモンです。
この度、エデュナビで塾ママブログに参加することとなりました。
よろしくお願いします。

なぜ中学受験させるの?レモン家の場合は・・・

なぜ中学受験させるの?レモン家の場合は・・・

さて早速ですが、どうして中学受験させようと思ったのか?
これは家庭によって様々だと思いますが、わが家の場合は

・私自身も中学受験経験者であること
・地域の子も塾に通う子が多いこと
・比較的近くに私立が多いこと

などいろいろな条件が重なり今に至ります。
また、様々考えた結果、

・思春期を楽しく過ごしてほしい
・中学受験の勉強は経験上役にたった

という点も大きいと思います。

改めて言葉にするのはなかなか難しいですね。

たくさんある学校の中で、どうやってわが子に合う学校を選ぶのか、はたまた母校を受験させるのか?
学校選びも結局ギリギリまで決められない状況です。

母校は自由で、私にとっては良い環境でした。
入学した時の解放感は子どもながらに感じた気がします。
それもあって、受験をするために塾に入れるのは自然の流れでした。

気になる塾の様子

さて、塾の話を少しすると、
6年生、Aクラスは週に3回の塾と毎週末のテスト、そして週に1回は弱点補強で個別指導に通っています。
塾ではさらに日曜特訓という講座もありますが、前期は見送ることにしました。
週末にテスト直しができなくなること、そしてまだ少し時間に余裕が欲しいというのが本音です。

Nはエデュでもときどき話題に上る通り、中堅を目指す層が厚く、比較的のんびり進みます。
5年の夏休みまでは正直、四谷大塚の半年遅れ?に近い内容でテストも易しいです。
ところが、5年生の秋からぐんと課題が多くなり、6年になると教材もレベルアップします。

わが家は5年の秋、成績が上がり油断しました。冬にがくーんと下がり、クラスも落ち慌ててペースを調整、勉強のスピードアップを図っています。

塾のクラスは下がりましたが、少し余裕をもってマイペースで勉強ができるほうがわが家には合っている?
今は、本人のペースで力を蓄積していけるような環境を模索しています。

次回はテストについて書きたいと思います。

それではまた!

レモンさんのプロフィール

小学校6年生・女の子をもつ働くママ。お子さまは小学校4年生から日能研に通っています。ご自身も中学受験の経験があり、私立の学校で自由にのびのびと過ごした経験から、お子さまの中学受験を決めました。