【小学校受験】面接を行う目的と受け方

国立・私立小学校の受験には面接試験があります。中学受験とは異なり、面接はほとんどの学校で実施されます。面接をする目的や面接の内容を把握して、面接当日に備えましょう。

面接の目的とは?

学校が面接を行うのは、受験するお子さまや保護者の人柄を知るためです。面接の形式は学校によって異なりますが、保護者のみの面接を行う学校もあることを考えると、保護者の話により重点を置いていることがわかります。

保護者に確認すること

家庭環境、しつけの仕方

どのようにお子さまと接しているかを見ます。

教育方針

どういった教育方針なのか、学校の教育方針とずれはないかを確認します。

志望理由

志望理由について家庭内で話し合いがされているか、学校についてよく理解した上で入学を志望しているか確認します。

お子さまに確認したいこと

お子さまの面接では、日常生活や他者との関り方を見ます。

たとえば、

・先生の話を理解できているか
・健康的な日常生活が送れているか

などを確認します。