最終更新:

29
Comment

【1339419】トウシューズで逆転?

投稿者: オーロラ   (ID:6kpUcf8sn.o) 投稿日時:2009年 06月 22日 13:42

この1月からトウシューズをはき始めた小学生の娘がいます。

小さい頃からバレエ好きでレッスン真面目に通っていたせいか、これまでは同じ学年の子の中では常に上手いほう、と言われてきました。発表会で同じ学年から二人選ばれてソロ、という時はいつもうちの娘が入っていましたし、グループの踊りも常に最前列のセンターでした。大人クラスの公演に子役がいる、というときにも必ず選ばれていました。

ところがトウシューズをはき始めてから子どもの表情がさえません。
同じ学年の子三人がソロを踊ることになりましたが、それにも選ばれなかった模様。

以前は熱があっても行きたがっていたお稽古を休みたがるようになりました。

先日、レッスンが終わった後涙ぐんでいたので、気になって聞いてみたところ、「バレエの先生から、意外とあなたの足はトウシューズ向きじゃないのね」、と軽く言われた、と言って泣いているのです。

これまでは自分より下手だと思っていた子が、どんどんトウシューズをはきこなせるようになっているのに、自分はまだぎごちなくしか踊れない。次の発表会でも、ソロは別の子だし、グループの踊りも立ち位置はずっと後ろのほうになり辛くてたまらない、ということでした。

トウシューズに向かない足、というのがどういうものか分りませんが、足の形などの身体的なものは、どうしようもないのでしょうか?
本人は辞めずに頑張る気持ちでいるのですが、先生が目に見えて冷たくなった気がして、それがとても辛いといいます。

先生が急に冷たくなった、ということは娘にはバレエの適性なし、と見られたのだろうか、と不安でなりません。

現在は頑張ってみるといって週四回レッスンに通っています。(他のお子さんは多くても三回)先生に失礼なことをした、などと他に思い当たることもなく、辛そうにしている子どもを見ると可哀想でなりません。

トウシューズで差をつけられてしまった場合には、やはり足が向いていない場合は挽回するのはむずかしいのでしょうか?

詳しい方のご意見を伺えれば幸いです。

返信する

管理者通知をする

マイブックマーク

「お稽古ごと一般に戻る」

現在のページ: 1 / 4

  1. 【1339477】 投稿者: バレエシューズ  (ID:mw1oPu6tdw.) 投稿日時:2009年 06月 22日 14:28

    私も、子供の時、習っていましたが、バレエシューズ基礎を固めてからトウシューズに
    挑みました。
    トウシューズにもいろいろな種類がありますから、いろいろ試してみて、娘さんの
    足に合ったものをさがしてみてね。

  2. 【1339485】 投稿者: ジゼル  (ID:qQ7YWewlWoM) 投稿日時:2009年 06月 22日 14:41

    トウシューズに向く足というのは強い足のことだと思います。
    見た目には甲が出ていると良い足とされていますが、
    この場合、お嬢さんはちゃんとトウで立てていないのでしょう。

    私が考えられる改善策は、

    ①上の方が言うようにトウシューズがあっていないのが原因なら
    買い換える。

    ②足の裏や脚を鍛える。

    ③そもそも体の引き上げができていない可能性もあるので、
    その場合は腹筋・背筋を鍛える。

    見てみないとどこが悪いかわからないので、やはり先生に相談するのが一番だと思います。
    努力で改善できることも多いので、あきらめないで頑張ってくださいね。

  3. 【1339501】 投稿者: シルビア  (ID:6/E.hUOTfpQ) 投稿日時:2009年 06月 22日 14:49

    バレエに詳しくもないですが、オーロラさんと同じく小学生の娘にバレエを習わせている一保護者です。
    トウシューズ向きの足と言えば、よく先生がおっしゃるのが「甲が出ている足」。
    普段から意識して、足首と甲を前に押し出すような刺激をするといい…と言われているようです。

    娘も年柄年中、持って生まれた骨格のことを先生から指摘され続けていますよ。
    バレエの向き不向きに関しては、先生のおっしゃる「トウシューズ向きの足」以外にも、
    脚や背中などの骨格、首の長さ、体型、顔の大きさ、性格…などなど、挙げればキリがありませんし、
    全ての条件が揃った方なんて、そう滅多にいません。
    どんな生徒さんでも、弱点はつつかれます。

    娘さんは今、慣れないトウシューズで立つだけでも痛くて大変ですし、つらいと思います。
    それに加えて、他の生徒さんに抜かされたような気がして、弱気になっているんですね。
    バレエに限らず、芸事には伸びる時期と伸び悩む時期がありますから、
    地道にがんばっていれば、きっとまた上昇気流がやって出来ますよ。
    お母様は、なるべくのんびり構えて、娘さんをフォローするのが良いでしょうね。
    頑張ってください。

  4. 【1339555】 投稿者: リラ  (ID:HYRg9XbL8p6) 投稿日時:2009年 06月 22日 15:25

    シルビアさんが書かれている通りだと思います。
    全てを兼ね備えている人などいません。
    これまで優位に立っていた分、今は辛いかもしれませんけれど、
    どの子にも「伸び時」というのがあると思います。
    今までも、同じクラスの中に今のお嬢さんのような気持ちで頑張って来たお子さんが沢山いるということをこの機会に意識するのも悪くないと思います。
    努力だけではどうにもならない、もって生まれた物で差がつく事もあるのです。
    これまで良い位置に居たのは、お嬢さんだけが努力されていたのではなく、他の努力してもどうしても上手くいかない子も居たと言う事を知るチャンスだと思います。

    トウシューズは確かに足を選ぶと思います。
    痛みが酷くてバレエそのものを断念したお子さんも知っています。
    履き始めの頃は楽に履けた子が伸びるのは当然と言えば当然ですよね。
    まだこれから伸びる時期もあります。
    バレエは先へ進めば進むほど、努力だけではどうにもならない部分を突きつけられる気がします。
    好きなら続けられる。それに尽きると思います。

  5. 【1339572】 投稿者: 逆転劇  (ID:I2zXZUM/moE) 投稿日時:2009年 06月 22日 15:36

    自分の娘が泣いているのを見るのは本当につらいことです。
    しかし、親としては現状を冷静に判断することも大事です。


    「ポアントで立つ」ということは、まず普通の人間にはできないことです。
    そのために、身体の引き上げや強い足が求められ、基礎を積み上げていかなくてはいけません。
    ポアントをはく時期になってバレエをやめていくお嬢さんを
    たくさん見ました。
    (ただの一母親ですが転勤が多いためいろんなお教室にお世話になっています。)
    表現力や体型がすばらしいのに、足が若干弱いために
    他のお子さんよりもポアント時期が遅れるとか、上手に立てないとか、
    今まで「優等生」だった分、挫折感が強くバレエそのものを辞めてしまう。
    もったいないことです。


    トゥシューズをもらったら辞める、という考えでなく、これからも
    続けていきたいと本人も親も思っているなら、今が正念場かとおもいます。
    「逆転」はまさにこれからはじまるのです。

  6. 【1339583】 投稿者: バレエ教師より  (ID:DexODWHIAxQ) 投稿日時:2009年 06月 22日 15:48

    トウシューズに向いている足とそうでない足は確かにあり、努力ではどうしようもないことがあります。直接見ているわけではありませんので、お子さんの足が向いているかどうかはわかりません。それに、トウシューズに向いている足の人が、必ずしも踊りがうまいわけではありません。

    ちょっと難しいことですが、”踊り”の広がりを考えてみてください。コンテンポラリー、タップ、ジャズ・・・クラシックバレエが基本になっているダンスは多岐にわたっています。今はまだわからないと思いますが、踊りが好きであれば、トウシューズにこだわることはないのです。トウがはけないことで彼女の踊りが否定されたわけではありません。

    どなたかもおっしゃっているように、体の引き上げが足りなかったり、脚がまだ十分に鍛えられてないことも考えられます。バーレッスンは本当に奥が深いものです。こつこつとレッスンを続けることで、改善されることもあるでしょう。

    そして自分が真中で踊ることが大切なのではなく、その踊りを見た人が何かを感じてくれる、それが最終的に踊り手として大切なこと。だからどのポジションも大切なのです。すべての人が大舞台で主役になれるわけではないのです。バレエが人生の”いろどり”になり、”楽しみ”になるように、お母さんがお子さんを励まし、もっと大きな目でバレエをとらえてください。それくらいバレエとはすばらしいものです。

  7. 【1339589】 投稿者: レイン  (ID:n.kFxChFM0o) 投稿日時:2009年 06月 22日 15:51

    今まで発表会では他のお子さんが同じ思いをしていたということが
    わかってよかたのではないですか?


    うちの娘はもともと他の子より上手いわけでもないのに、先生からは
    「トゥシューズを履くようになったらどんどん上手くなる足よ~」
    と言われていたので少し期待してしまいましたが、まだ全然です(涙)
    発表会では(背の順で)センターでしたが申し訳ないほどでした。


    他のスポーツもやっているのですが、長年やっていても最近入った人に
    とっとと抜かれることってよくありますよね。
    お子さんが気にするのは仕方ないとしても、親は気にしてはダメでしょう。
    伸びる時期が個々に違うのはあたりまえ、体の成長期もこれから迎えるのだから
    この先どうなるのかは誰にもわかりませんよね。

あわせてチェックしたい関連掲示板